日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

鈴鹿の國のうまさけ 作 清水清三郎商店


作(ざく)  商品一覧へ

2019年 12月

●「世界酒蔵ランキング」で清水清三郎商店が見事第一位に!

世界酒蔵ランキング 作

世界酒蔵ランキングとは、その年に開催された有力な日本酒コンテストの受賞実績をポイント化して酒蔵ごとに集計し、スコアの上位50位の酒蔵を格付けするものです。

2019年にランキングの対象となった酒蔵は654蔵、商品は1917。その中で清水清三郎商店株式会社が堂々の第一位に輝きました!

 

2019年 11月

●「ミラノ酒チャレンジ2019」にてインプレッション全アイテム受賞!

2019年11月11日イタリア、ミラノのレストラン兼イベントスペース「TENOHA MILANO」において「ミラノ酒チャレンジ2019」が開催。

清水清三郎商店は純米大吟醸部門において「作 IMPRESSION(インプレッション)-N 純米大吟醸原酒」がベストデザイン銀賞。純米吟醸部門において「作 IMPRESSION(インプレッション)-M 純米吟醸原酒」が金賞、純米部門において「作 IMPRESSION(インプレッション)-H 純米原酒」「作 IMPRESSION(インプレッション)-G 純米原酒」がベストデザイン​銀賞を受賞しました!

「ミラノ酒チャレンジ2019」とはイタリア酒ソムリエ協会による酒品評会。審査員は酒ソムリエ協会認定の酒ソムリエ資格を持つレストランオーナーやシェフ、バーテンダーなど、イタリア在住のイタリアの飲食に強く関わる方を中心に構成されます。

 

2019年 6月

全米日本酒鑑評会 U.S. National Sake Appraisal 2019

●「全米日本酒鑑評会 2019」でグランプリW受賞!

2019年6月、ホノルルにあるハワイ・コンベンション・センターにて「US National Sake Appraisal 全米日本酒歓評会2019」の審査が行われました。512品の出品酒を香り、味、バランス、総合評価の4つのカテゴリーで審査。

その結果、大吟醸B部門において「作 雅乃智(みやびのとも) 中取り 純米大吟醸」、吟醸部門において「作 雅乃智 純米吟醸」がそれぞれグランプリを受賞しました! グランプリは金賞受賞酒の中から特に優れた出品酒に授与されます。

また、その他にも多数の出品酒が受賞。詳細は下記の通りです。

大吟醸A部門・・金賞「作 槐山一滴水(かいざんいってきすい) 純米大吟醸」。 吟醸酒部門・・金賞「作 恵乃智(めぐみのとも)」 純米部門・・金賞「作 玄乃智(げんのとも)」「作 穂乃智(ほのとも)」

2019年 6月

kuramaster2019 作

●「KURA MASTER 2019」にてプラチナ賞トリプル受賞!

「KURA MASTER」とはフランスで2017年から開催された日本酒のコンクール(品評会)です。

審査員は全員フランス人で、ソムリエ、アルコール飲料のスペシャリスト、レストランやカーブの経営者、シェフ、料理学校など、飲食業界で活躍中のプロフェッショナルなど。全ての出品酒はブラインドティスティングにより審査されます。

2019年度は過去最多の271蔵より720銘柄が出品。その中から純米大吟醸酒部門において「作 槐山一滴水(かいざんいってきすい) 純米大吟醸」「作 槐山一滴水(かいざんいってきすい) 純米大吟醸」「作 雅乃智(みやびのとも) 純米吟醸」が揃ってプラチナ賞を受賞しました。また純米酒部門において「作 穂乃智(ほのとも)」が金賞を受賞しました。

2018年 5月

●「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018」でトロフィー受賞!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ iwc2018

世界最大規模のワイン品評会「インターナショナルワインチャレンジ2018」のSAKE部門の審査が山形県で開催され、9部門のトロフィー受賞銘柄が5月18日に発表されました。

その結果、純米大吟醸酒の部にて「作 槐山一滴水 純米大吟醸」が三重・純米大吟醸トロフィーに選ばれました。また、同部門にて「作 雅乃智 中取り 純米大吟醸」は銀メダル受賞。純米吟醸酒の部にて「作 奏乃智」が金メダルを受賞しました。

トロフィーは各部門の金メダルの中から選出されます。

2018年 5月

●「平成29酒造年度全国新酒鑑評会」で5年連続金賞受賞!

全国新酒鑑評会

2018年5月、「平成29酒造年度全国新酒鑑評会」にて、「鈴鹿川 大吟醸 金賞受賞酒」がまたも金賞を受賞致しました。

今回で5年連続の金賞受賞です。

2018年 4月

●能登杜氏自醸清酒品評会にて最優秀賞受賞!

平成30年4月25日・26日能登杜氏自醸清酒品評会が行われました。主催は能登杜氏組合と石川県杜氏振興協議会。

そこで清水清三郎商店の杜氏、内山智広氏が吟醸酒の部門の最優秀賞「能登杜氏組合長賞」「金沢国税局長賞・能登杜氏名工賞」を受賞されました!

 

2018年 2月

●「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018」最高金賞受賞!

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018 清水清三郎

2018年2月20日「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018」が開催されました。8年目となる2018年の大会は、263蔵元から過去最高の901点のエントリー。

その中から「アワードメイン部門」において「鈴鹿川 純米」が、また「大吟醸部門」にて「鈴鹿川 純米大吟醸 全量山田錦」が見事最高金賞を受賞しました。また、「鈴鹿川 純米吟醸」も「プレミアム純米部門」にて金賞を受賞しました。

 

2017年 10月

●「平成29年名古屋国税局酒類鑑評会」にて優等賞受賞!

全国新酒鑑評会 作 受賞酒

平成29年10月「名古屋国税局酒類鑑評会」において、

「清水清三郎商店 鈴鹿川 大吟醸 金賞受賞酒」が吟醸酒部門で優等賞を受賞しました。

 

2017年 9月

●WEBマガジン『OLIVER』にて「知っておきたい日本酒の注目銘柄10選」に掲載

2017年9月29日ライフスタイルWEBマガジン『OLIVER』(オリバー)にて「知っておきたい日本酒の注目銘柄10選」が掲載され、その10選のうちのひとつとして「作 奏乃智(かなでのとも)」が取り上げられました。

 

2017年 8月

雑誌 美スト

●女性誌「美スト」にて紹介されました!

雑誌「美スト」2017年8月号にて「やまとなでしこの美肌はSAKEで艶めく。美人が今選ぶのはワイングラスが似合うSAKE」として、きき酒師SSI副会長の渡辺ひと美さんが「品格のあるふくよかさとフレッシュな滑らかさ」とおすすめする日本酒に「作 雅乃智(みやびのとも) 中取り 純米大吟醸」が紹介されました!

2017年 6月

●「Sake Competition 2017」で各部門で受賞ラッシュ!

Sake Competition 2016

2017年6月、「Sake Competition 2017」にて、全国、そして世界から1730点が出品され、純米酒、純米吟醸、純米大吟醸、吟醸、発泡清酒、Super Premiumの6部門に分かれ、技術指導者、有識者、蔵元からなる、予審31名、決審37名の審査員によるブラインドで審査が行われました。
その結果、「純米酒部門」にて、「作 穂乃智(ほのとも)」「作 玄乃智(げんのとも)」が金賞を受賞致しました。「純米吟醸部門」では「作 奏乃智(かなでのとも)」「作 恵乃智(めぐみのとも)」が金賞を受賞し、「作 雅乃智(みやびのとも) 純米吟醸」は銀賞を受賞。「純米大吟醸部門」では作 槐山一滴水(かいざんいってきすい) 純米大吟醸」「作 槐山一滴水(かいざんいってきすい) 兵庫愛山 純米大吟醸」が銀賞を受賞。「スーパープレミアム部門」では、「【箱入】作 智(さとり) 純米大吟醸 滴取り(しずくどり)」が銀賞を受賞致しました。

 

2017年 2月

●雑誌「Pen」ソムリエが選ぶおいしい日本酒で紹介されました!

pen no423 ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒

雑誌「Pen」2017年3月1日No.423号の
『2017年 ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒。』にて、
自社酵母が生む、心地よい余韻のお酒として、
作 恵乃智(めぐみのとも)が一つ星に選ばれました。

2016年 5月

●「G7伊勢志摩サミット2016」の乾杯酒として提供されました!

2016年5月、「G7伊勢志摩サミット2016」にて、1日目の昼食会の乾杯酒として「作 智(さとり) 純米大吟醸 滴取り」が提供されました。

作(ざく) 商品一覧へ

TOP

現在登録されている商品はありません。