花垣 生もと純米 | 南部酒造場 福井県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

TOP > 日本酒 > 花垣(はながき) 南部酒造場

 花垣 生もと純米 1800ml

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

商品スペック
容量:1800ml
製造元:南部酒造場(福井県)
特定名称:純米酒
生/火入れ:火入れ酒(加熱処理有り)
保存:静かな冷暗所
メーカーサイト:http://www.hanagaki.co.jp/
■甘辛:辛口 ■原料米:麹:福井県産五百万石 掛:福井県産越の雫 ■精米歩合:70% ■アルコール度数:15度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

濃いのにキレイ。そして美味い!花垣の素晴らしさは生もとを飲めば分かる!花垣 生もと純米 1800ml

space png

商品番号 Sake8057-1800

販売価格3,000円(消費税込:3,240円)

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 花垣 生もと純米 1800ml

《人の力、自然の力、時の流れを感じる美酒!》


「花垣 米しずく 生もと純米」は「生もと造り(きもとづくり)」と呼ばれる製法で造られています。

生もと造りとは、もと(酒母)を仕込む際に雑菌や野生酵母から守る意味合いで乳酸を添加する現在主流の「速醸(そくじょう)」とは違って、乳酸を添加せず、蔵に棲み付いている天然の乳酸菌を取り込み、乳酸菌が出す乳酸によって雑菌や野生酵母を死滅させたり働けなくする、自然の力を用いた製法です。

その際、酒母タンクでいきなり仕込むのでは無く、もと摺り(山卸し)という作業を行います。

蒸し米と水と麹を半切桶に幾つにも分けて入れ、櫂(かい)ですりおろすのですが、これがかなりの重労働。

こうして手間隙を掛けてようやく出来上がるのが生もと造りのお酒です。

(かなり簡単に書いていますが実際はもっと奥深いです。)

ちなみに、山卸しと呼ばれるもと摺りの工程を廃したのが山廃造りです。


《生もと造りの真骨頂は酸。》


味の要素は多いのですが、それぞれの味の結び付きが強く、酸がそれらをまとめ上げ、どっしりしているのに滑らかな味わいです。

また、生もとは熟成にとても向いています。

というか、熟成させてこそ真の美味さが出て来ると言っても過言ではありません。

「花垣 米しずく 生もと純米」は2年以上の熟成を経てようやく蔵出しされます。

それでは試飲します。


《アテを選ばない懐の深さ、きれいな熟成感、これぞ生もと!》


お酒の色は琥珀色。

ほんのりと香るカラメルのような香りからも年月を感じます。

冷えている状態ですとシャープな酸が前面に出過ぎて本来の旨味、甘味が出て来ません。

そこで、既にお燗、しかも結構熱い目で飲んでいます。

味の膨らみ、余韻がとてもきれい。

しっかりとした味わい、熟成感がありながらも滑らか。

造り、熟成の丁寧さが窺えます。

これだけしっかりとしたお酒ですと、まあ、アテは何でも行けます。

和洋中、垣根を越えて幅広く色々なお料理と楽しんで頂けるお酒。

個人的にはチーズ等の乳製品と合わせるのが一番好き。

シチューやグラタン、ハンバーグにカレーといった洋食メニューも合います。

スイーツとの相性もバツグン!

このお酒の懐の深さは飲んで頂ければきっとお分かり頂けます。


人の力、自然の力、時の流れが育んだ「花垣 米しずく 生もと純米」が生もとを、熟成酒を身近な存在にしてくれるハズ!

オススメです!