羽根屋 純米大吟醸 越中富の香50(とみのかおり) | 富美菊酒造 富山県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

  • SANOYA instagram

TOP > 日本酒 > 羽根屋(はねや) 富美菊酒造

 羽根屋 純米大吟醸 越中富の香50(とみのかおり) 720ml

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

商品スペック
容量:720ml
製造元:富美菊酒造(富山県)
特定名称:純米大吟醸
生/火入れ:火入れ酒(加熱処理有り)
保存:静かな冷暗所
メーカーサイト:http://www.fumigiku.co.jp/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:富山県産富の香 ■精米歩合:50% ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:+2.0 ■酸度:1.4

  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

JAL国内線ファーストクラス機内搭載酒が気軽に飲める!羽根屋 純米大吟醸 越中富の香50(とみのかおり) 720ml

space png

商品番号 SakeD2059-720

販売価格2,036円(消費税込:2,199円)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 羽根屋 純米大吟醸 越中富の香50(とみのかおり) 720ml

《JAL国内線ファーストクラス気分がご家庭で味わえる!?》


私があれこれ書けば書く程蛇足になってしまいそう(笑)

「羽根屋」というブランドと「JAL国内線ファーストクラス機内搭載酒」

これだけで十分アピール出来るお酒だと思います。


酒造好適米の代表格、山田錦。

全国各地の蔵元で山田錦を使用したお酒が造られています。

特に鑑評会に出品されるようなお酒や、蔵を代表するお酒には山田錦が多く用いられています。

その一方で、山田錦への依存を軽減すべく、各地でオリジナルの酒造好適米の開発が加速。

オリジナルの酒造好適米で金賞を受賞される蔵も増えています。


富山県でもオリジナルの酒造好適米が栽培されています。

富山県オリジナルの酒造好適米として有名なのが「雄山錦(おやまにしき)」

雄山錦は早生品種で、心白が大きく、吸水は早め、麹菌が繁殖しやすく、磨いても砕けにくいところから、吟醸酒を造るのに適したお米です。

この雄山錦を父に、山田錦を母に誕生したのが「富の香(とみのかおり)」

富山県の酒蔵で使用されている山田錦の多くは他県産。

理由は、富山県産の山田錦は収穫時期が遅く、十分に登熟(穀物の種子が次第に発育・肥大すること)しないからためです。

そこで、山田錦の高い酒造適正と富山県でも栽培出来る適正を併せ持った品種の開発が必要不可欠となりました。

こうして誕生した富の香は山田錦よりも収量性が高く、心白発生率、出来上がったお酒の官能評価も高く、大いに期待されております。


JAL国内線ファーストクラス機内搭載酒が気軽に味わえる!

ご注文、お待ちしております。