日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

佐野屋の売上金の一部は石川県酒造組合へ寄付させていただきます。



 ◇川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)- 720ml

味わいはキュート♪製法は伝統的!川鶴の意欲作! ◇川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)- 720ml

川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
川鶴 KAWATSURU NORA-K -水もと瓶内二次発酵活性(麹)-
商品番号 ns210014c00
販売価格 ¥ 2,420 税込

※注意事項

ラベル画像の製造年月(酒造年度)等は現在販売している物とは異なる場合がございます。詳細をご確認されたい方はお手数お掛けいたしますが、弊社までお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

クール便でお届け



  • クール便対象商品
  • 常温便ご希望の方はこちら
ギフトラッピング

商品説明


《味わいはキュート♪製法は伝統的!川鶴の意欲作!》


ほんのり甘くてシュワッと爽快!

多くの方が好きなジャンルのお酒ではないでしょうか。


色んな製法が確立されている現在の日本酒業界。

そんな中で、敢えて昔の製法を再現して造られた酒。

それが「KAWATSURU NORA(ノラ)」


「NORA」とは、


Natural(自然)

Original(原点)

Refine(洗練する)

Aeonian(永遠に)


これら4つの言葉の頭文字から自然界を意味する「ノラ」として名付けられました。


「NORAシリーズ」の中でもこの酒は「水もと」という製法で造られています。

更に水もとにも「生米」と「麹」の2つの製法があります。

今回こちらでご紹介するのは「K(麹)」です。

詳しい製法は後ほどご説明しますが、製法が複雑な割には味はキャッチーなので、どうぞ気楽に味わって下さい。


「川鶴」の大ヒット商品、「讃岐くらうでぃ」級の親しみやすさ。

発酵由来の炭酸ガスの爽快感。

ほのかな甘みとキュートな酸味。

後味はスッキリ!


こんな現代風なテイストの酒ですが、製法は室町時代の製法で、酵母無添加。

天然の微生物が造り出した酒なのですから驚きです!


一度飲んだらクセになる!

いつでも飲みたい酒ですが、とても手間の掛かる製法なので小さい仕込みで造られています。

ですから飲めるのは今だけです!

急いでお買い求め下さい!


とても親しみやすい酒なのですが、開栓にはチョットご注意下さい。

普通に開栓すると噴きこぼれる可能性が高い元気な酒です。

よく冷やして、揺すらずに、液面に注意しながらスクリューキャップの開閉を繰り返して炭酸ガスをある程度抜き、落ち着いてから完全に開栓して下さい。


《「水もと」とは?》


今回ご紹介している「NORA」は「水もと」という製法で仕込まれた酒です。

水もとは別名、菩提もと(ぼだいもと)とも呼ばれます。

奈良市の南東の山間部、菩提山町(ぼだいせんちょう)にある寺、大本山正暦寺(だいほんざんしょうりゃくじ)。

正暦寺は日本清酒発祥の地とされています。

この寺で室町時代に確立された醸造法が菩提もと、つまり水もとです。


水もとは生もとや現在主流の速醸の元となった製法です。

酒の製法と書きましたが、厳密に言うと酒の元になる酒母の製法です。


酒母というのは酒を造る微生物、酵母の働きやすい環境を整え、酵母を増やす目的で仕込まれます。

その酒母を増やして造られるのが日本酒です。


酵母にとって棲み良い環境であり、酵母以外の酒造りに不要な雑菌が苦手な環境、「酸性」にすることが酒母造りの第一歩。

その為に、生もと造りでは天然の乳酸菌を取り込み、速醸では醸造用の乳酸を添加します。


水もとは簡単に言うと、酸っぱい水を造る製法です。

この水のことを「そやし水」と言います。

このそやし水を用いて酒母を仕込む製法を水もとと言います。


《「NORA-K(麹)」の製法に付いて》


そやし水を用いて酒母を仕込む方法が水もとだということを前項目でお伝えしました。

更に、そやし水の製法にも2つの方法があり、「NORAの水もと」ではそやし水の製法別に「N(生米)」と「K(こうじ)」2つの商品が展開されています。

こちらでは、「K(麹)」の製法についてお話しいたします。

「K」は岡山県真庭市(まにわし)で「御前酒(ごぜんしゅ)」と呼ばれる酒を造られている、「辻本店」の先代名杜氏、原田巧氏が考案された製法を再現しています。


水に生米と蒸米を加える従来のそやし水の製法とは異なり、水に米麹を加え、そやし水を造ります。

水の中で乳酸が大量に生成されたら水を加熱殺菌し、この水を仕込み水として用い仕込まれた酒が「NORA-K」です。

その際、通常日本酒で使用される黄麹では無く、主に焼酎造りに使用される白麹を使用しているのも「NORA-K」の特徴の1つ。

白麹がクエン酸を多く出すことで、早い段階から雑菌による汚染を防ぎ、安全性が高まります。


《2種類の飲み比べが絶対おすすめ!!》


「N(生米)」も「K(麹)」も日本酒デビューや飲み始められて間も無い方から飲み慣れた方まで幅広い方にお楽しみ頂ける味わいです。

どちらも、甘酸っぱくてシュワッとしていて軽快♪

難しいことは一切考えずにワイワイ盛り上がって飲んで頂ける酒です。

こう書くと、飲み慣れた方は、自分には物足りないのでは?って思われるかも知れません。

ですが、この2商品にはもう1つの楽しみ方があります。

それが「飲み比べ」


それぞれの差は正直に申しまして「ほんの僅かな差」です。

その僅かな差を是非探ってみて下さい。

その僅かな差、こそが製法による味の違いです。


なぜこんな僅かな差に「川鶴酒造」はこだわったのか。

それは、双方の製法へのリスペクト、酒を本当に造っている微生物へのリスペクトに他なりません。

興味のある方には是非、その違いを感じて頂きたい!

弊社も「川鶴酒造」の意向を汲んで、セット商品もご用意しております。


難しいことを考えずに気軽に飲むのも良し。

チョット真剣にきき酒をやってみるも良し。

違いが分かっても分からなくてもきっとお楽しみ頂けると思います。

「川鶴酒造」のチャレンジに、日本酒の製法に、少しでも興味を持って頂ければ幸いです。


(文章:金巻 忍)

 


商品スペック
容量720ml
製造元川鶴酒造(香川県)
特定名称純米吟醸
生/火入れ生酒(加熱処理無し)
保存要冷蔵
メーカーサイトhttp://kawatsuru.com/
■甘辛:甘酸っぱい ■原料米:香川県産オオセト ■精米歩合:55% ■アルコール度数:14度 ■日本酒度:-20.0 ■酸度:2.0

 

 

川鶴(かわつる) 川鶴酒造 商品一覧へ



佐野屋の定期販売「サケスク」



人気地酒ランキング Ranking


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう