日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

 ◇百十郎 純米吟醸 冬のオリオン 大辛口生原酒 1800ml

引き締まったドライな味わいは冬の星空に輝くオリオンのよう! ◇百十郎 純米吟醸 冬のオリオン 大辛口生原酒 1800ml

百十郎 純米吟醸 冬のオリオン 大辛口生原酒
商品番号 Sake9174-1800
販売価格 ¥ 3,135 税込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

クール便でお届け




  • クール便必須
ギフトラッピング

商品説明

《新酒の若さは清涼感!》


私は子供の頃からお寿司をサビ抜きで食べたことがありません。

今では馴染みのお店ではお刺身のわさびは必ず大盛り若しくは別皿(笑)

子供の頃から薬味や香辛料、山菜等、辛味や苦味のある物が好きでした。


辛味や苦味の役割は味の構成上、とても重要です。

味全体を引き締める役割も果たせば、味に幅を持たせる効果もあります。

辛味や苦味が無ければ、平坦な味わいになり、深みが無くなることもあります。

お酒も同じです。

適度な辛味や質の良い苦味は寧ろある方が美味しさに繋がります。


そこで、今回ご紹介するのが「百十郎の冬のオリオン」

冬の寒空に光り輝くオリオンのようなキリッとしたお酒に仕上がっています。

甘味を削ぎ過ぎると苦味や渋味だけが目立ちますが、このお酒はそのギリギリを見切っている所がイイ!

甘いだけのお酒は飲み進まないですから…。


それと、味の構成が複雑な方が色々なお料理に合わせやすい。

お料理とのマリアージュを大切にしている「百十郎」らしいお酒に仕上がっています。


名前から冬のイメージが強いお酒ですが個人的には春にも飲んでみたい。

春の山菜の天ぷらと合わせてみても面白いお酒だと思います。


(文章:金巻 忍)

 


商品スペック
容量1800ml
製造元林本店(岐阜県)
特定名称純米吟醸
生/火入れ生酒(加熱処理無し)
保存要冷蔵
メーカーサイトhttp://www.eiichi.co.jp/
■甘辛:辛口 ■原料米:富山県南砺市産五百万石 ■精米歩合:60% ■アルコール度数:15度 ■日本酒度:+10.0 ■酸度:1.5

 


人気地酒ランキング Ranking


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう