日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

 ◇【箱入】新生獺祭(しんせいだっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分 (12月23日以降より出荷予定) 720ml

獺祭の新たなる挑戦!新たなる獺祭の磨き二割三分!! ◇【箱入】新生獺祭(しんせいだっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分 (12月23日以降より出荷予定) 720ml

新生獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
新生獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
新生獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
新生獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
新生獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
新生獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
新生獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き二割三分
商品番号 ns010011c10

予約商品です。
お届け時期は目安です。前後する場合がございます。
予約商品は配達日を指定できません。
商品説明の予約に関する注意事項をご覧の上ご予約ください。

予約販売価格 ¥ 7,370 税込
予約受付期間

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • 包装代無料
予約商品



  • 冬季なら常温でも可能
  • クール推奨
  • 現在は常温便で配送
  • クールご希望の方はこちら
包装料金 無料

商品説明

予約商品のご注意

●当商品は12月23日以降より出荷予定です。
●予約商品は出荷予定日が変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
●お届け日を指定されてもお約束は出来かねます。

予約商品と即納可能な商品を御一緒に注文された場合のご注意

●全ての商品が入荷し、揃ってから御一緒にお届けさせて頂きます。
●「即納商品だけを先にお届け希望」の場合、それぞれ個別にご注文ください。


【2021年2月2日追記】旭酒造より新生シリーズの新たな情報を書面にて頂きましたので、公開致します。


お酒は古来より百薬の長と言われてきました。

複雑なお酒の醗酵の過程は、人間に有益な様々な物質を作り出します。

ところがそんなせっかく有益な物質も、残念ながら発酵過程で消失してしまい、製品には残らない物もあります。


獺祭の醗酵過程から発見された「獺祭エクソソーム」もそうした物質の一つです。

新生シリーズは獺祭の醗酵過程で生まれる「獺祭エクソソーム」に着目した商品です。

こんな時代だからこそ、貴方と貴方の大事な人に。


※「エクソソーム」とは、細胞内に含まれる様々な情報を伝達するメッセージ物質です。




《詳細非公開!!獺祭の新たな挑戦!!》


ある日、獺祭の製造元「旭酒造」から一通の書面が届きました。


「新製品を出します。」


その一文に思わず前のめりになりました。

商品名は「新生獺祭(しんせいだっさい)」。


いったいどんなお酒なんだ!?と思って商品案内を読み進めていくと…。


「このお酒の詳細につきましては、残念ながら申し上げることが出来ません。」


え?じゃあ、いったい普通の獺祭とは何が違うのか?


「秘密です。」


造り方はどう違うの?


「秘密です。」


ほとんど謎のベールに包まれたお酒が発売されます。

しかし参考として、旭酒造の会長による蔵元日記の記事が同封されていました。

読んでみたところ、私には少し難しい話だったのですが、要約して下部に転載したいと思います。


当商品が出来た経緯や、難しい話はいいや!という方はスルーしてください。

でも読んでいただいた方が、この商品について何か掴めるかもしれません。


私も通常の獺祭と飲み比べてみましたが、明確な違いは確かにあります!

皆様も是非飲み比べてみてください!


新生獺祭は2種類!

「純米大吟醸45」と「磨き二割三分」。

こちらでは「磨き二割三分」の新生獺祭をご購入いただけます!!


専用箱のデザインは世界的デザイナーとして活躍された「山本寛斎」氏の事務所によるものです!




《旭酒造会長、桜井博志氏の蔵元日記から要約して転載。》


人間の「知」の進化というのは個々人として見た時に皮肉な結果を招きます。

狩猟採集からしか食物を得られなかった人類が、農耕というものを発見した時点から、カロリー摂取には苦労しなくなりました。

狩猟中の事故などで死んでしまう危険も少なくなりました。

しかし個々の人間として見た時、農耕は長寿には寄与しなかったと思われます。


農耕の発展による特定の栄養に偏った摂取カロリーの増加は成人病や生活習慣病の増加を招き、今や戦争や犯罪で死ぬ人より成人病で亡くなる人の方がはるかに多いと言われています。


皮肉なことに人間の「知」の発展は、個人の寿命や健康という面ではマイナスに働くことが多いようです。


それはお酒にも言えて、古来からお酒は「百薬の長」と言われてきました。

おそらく発酵技術が進化する前のお酒の時代には、他に発酵食品なんてないでしょうし、まさに苦くない良薬だったであろうと推測します。


しかし技術の進歩は品質の安定と低コスト化を実現。

芳しい香りを持ち、アルコール度数の高いお酒も量産できるようになりますが、その一方で安定して量産できることで、アルコールの過剰摂取による健康被害も生まれてきました。


この「新生獺祭」はそんなところに着目して古来のお酒に習おうとしたものです。


(文章:藤井 昇)

 


商品スペック
容量720ml
製造元旭酒造(山口県)
特定名称純米大吟醸
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイト
■甘辛:非公開 ■原料米:山田錦 ■精米歩合:23% ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

 



佐野屋の定期販売「サケスク」



人気地酒ランキング Ranking


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう