日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

 【箱入】梵 吉平 純米大吟醸 ギフト包装無料 1800ml

創業者の名前が付けられた日本酒 生もと造り! 【箱入】梵 吉平 純米大吟醸 ギフト包装無料 1800ml

商品番号 SakeD3032-1800
販売価格 ¥ 4,840 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。





  • 冬場なら常温可能
  • クール推奨
  • 常 温 便
  • クール希望
包装料金 無料

商品説明

創業1860年。現在11代続く加藤吉平商店は蔵を受け継ぐ蔵主には「吉平(きちべえ)」という名前が襲名されます。

創業者の名前が付けられたこのお酒は、代々続く仕込み方法「古式醸造(生もと造り)」を用いて造られたお酒です。

蔵の代表者の名前を冠する特別なお酒ですが、蔵元の提案では「いつも飲みたいお酒として飲んで頂きたいお酒が吉平。どのお酒を毎日飲みたいかといえば、私は吉平とお答えしています。」とのことです。

何故、毎日飲みたいお酒なのでしょうか?と伺ってみると、それは古式醸造(生もと造り)によって生み出される風味豊かな味わいは、コクがあって、香りもあって、瑞々しく、冷酒でもお燗でもOKだから、だそうです。

更に、湯豆腐からチーズまで、どのような食材、御料理でもオールマイティーに楽しめ、普段の食生活に溶け込める日本酒だからです。と答えて下さいました。

クッキーのような穏やかな吟醸香。口当たりに広がる瑞々しい芳香。

旨味・辛味・酸味・僅かな苦味。余韻に残る熟成味と適度な生もとの香り。

このお酒の持つ様々な味が層となり、口の中で変化していきます。

このお酒を試飲しながら文章を書いていますが、天ぷらが無性に食べたくなる味わいを持つお酒です。


 


商品スペック
容量1800ml
製造元加藤吉平商店(福井県)
特定名称純米大吟醸
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.born.co.jp/
■甘辛:辛口 ■原料米:山田錦 ■精米歩合:麹:40% 掛:50% ■アルコール度数:15~16度 ■日本酒度:+3.0 ■酸度:1.6

 

受賞歴・マスコミ紹介

全米日本酒歓評会 U.S. National Sake Appraisal 2019

「全米日本酒歓評会 2019」で銀賞受賞!

2019年6月、恒例の全米日本酒歓評会がハワイ州ホノルル市で開催されました。
3日間で512銘柄の出品酒を香り、味、バランス、総合評価の4つのカテゴリーで審査。

その結果、大吟醸B部門にて「梵 吉平 純米大吟醸」が銀賞を受賞致しました。

 


2018年5月《「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018」で銀メダル受賞!》

インターナショナル・ワイン・チャレンジ iwc2018

世界最大規模のワイン品評会「インターナショナルワインチャレンジ2018」のSAKE部門の審査が山形県で開催され、9部門のトロフィーと受賞銘柄が5月18日に発表されました。

その結果、純米大吟醸酒の部において「梵 吉平 純米大吟醸」が銀メダルを受賞しました。

また、純米吟醸酒の部において「梵 ときしらず 純米吟醸」が銀メダルを受賞しました。


 

2016年7月《全米日本酒歓評会 2016 金賞受賞》

2016年7月19日・20日、ホノルルにあるハワイ・コンベンション・センターにて
「US National Sake Appraisal 全米日本酒歓評会2016」の審査が行われ、
2日間で約350銘柄の出品酒が「香り、味、バランス、総合評価」の
4つのカテゴリーで審査され、「梵 吉平 純米大吟醸」が金賞を受賞しました。


 

2016年5月《「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016」で銀メダル受賞!》

2016年5月16日・17日・18日「インターナショナルワインチャレンジ2016」のSAKE部門の審査が兵庫県神戸市で開催され、日本酒部門は9つのカテゴリーごとに審査員によるブラインド・テイスティングを行い、その成績によりメダル表彰となるメダル受賞酒が決定します。その結果、純米大吟醸の部にて「梵 吉平」が銀メダルを受賞致しました。


 



酒蔵が造る消毒アルコール


人気地酒ランキング Ranking