日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

  1. TOP
  2. 日本酒
  3. 新着・日本酒
  4. ◇まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70 1800ml
 ◇まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70 1800ml

お米を巡る純米シリーズR1BY!秋田県の新星!百田! ◇まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70 1800ml

まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70
まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70
まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70
まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70
まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70
まんさくの花 巡米シリーズ 百田(ひゃくでん)70
商品番号 ns160037m00
販売価格 ¥ 2,750 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW




  • 冬場なら常温可能
  • クール推奨
  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

《お米を巡る純米シリーズR1BY秋田県の新星!百田!》


お米の系統を見ていると、まるで血のスポーツ、競馬の競走馬の血統のように見えて来ます。

まあ、人間では考えられないような近親の交配が行われているのですが。

これまでにも数々の品種改良を繰り返し、より良いお米を生み出して来ました。

今回は秋田県の酒造りの歴史に名を刻む、オリジナルの酒造好適米「百田(ひゃくでん)」をご紹介致します。


百田を語る上で欠かすことが出来ないのが酒米の王者、山田錦。

その人気、実績は絶大で、長年日本酒界のトップに君臨し続けています。

秋田県の多くの酒蔵でも山田錦は使用されているのですが、気候条件が合わないこともあり、秋田県では栽培されていません。

全て県外産です。


そこで、秋田県では山田錦の特徴を受け継ぎ、尚且つ、秋田県でも栽培出来るお米の開発に取り組みました。

その結果、誕生したのが秋田酒121号こと百田です。


百田の母は秋系酒718号で、秋系酒718号の母は山田錦、父は福島県の酒造好適米、夢の香(ゆめのかおり)

一方、父系は秋田県の酒造好適米、美郷錦で、美郷錦の母は山田錦、父は美山錦。

このように、百田はお祖母さんが共に山田錦ということで、山田錦の血を色濃く受け継いだお米なのです。


お酒香味を決める要素は色々あります。

その中の1つは原料であるお米。


お米以外の要素は変更せず、お米のみを変更することで、お米によるお酒の違いを表現したシリーズ。

それが「巡米シリーズ(じゅんまいシリーズ)」です。


他の要素というのは、精米歩合・酵母・仕込規模・火入れ・貯蔵・仕込時期のことです。


酵母は秋田酵母のNo12。

秋田酵母のNo12はイソアミル系でバナナ系の軽快なタイプの酵母です。


精米歩合は70%。

まんさくさんで70%は高めです。

まんさくファンならピンと来られたのではないでしょうか。


このシリーズ、元々は55%の純米吟醸でした。

それが70%にシフトチェンジ。

ここにまんさくさんのチャレンジがあるのです。


精米歩合が70%となったことで特定名称上は吟醸を名乗ることが出来ません。

それでも、吟醸に勝るとも劣らない酒質を実現出来るという自信!

これが平成最後、30BYから始まった純米規格の「巡米シリーズ」です。


R1BYのシリーズは星あかり→雄町→朝日→美郷錦→愛山→百田→秋田酒こまち→亀の尾→山田錦の順です。

星あかり・朝日・百田が新たに加わりました。


ふっくらとした旨味、伸びのある味わいが特長の百田。

まずはシンプルに百田の味わいをお楽しみ下さい。

その上で、他のお米のお酒と飲み比べてみたり、複数本お買い求め頂き、経過を見るというのも楽しみ方の1つだと思います。


頒布会形式は取っておりませんが、毎回のご注文雄町しています!


(文章:金巻 忍)

 


商品スペック
容量1800ml
製造元日の丸醸造(秋田県)
特定名称純米酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://hinomaru-sake.com/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:秋田県産百田 ■精米歩合:麹・酒母:45% 掛:70% ■アルコール度数:16.8度 ■日本酒度:+0.2 ■酸度:1.8

 




人気地酒ランキング Ranking


そうだ 家飲みしよう