日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

父の日特集



  1. TOP
  2. 特集
  3. 秋のひやおろし
  4. ひやおろし 商品一覧
  5. ◇まんさくの花 ひやおろし 純米一度火入れ原酒 1800ml
 ◇まんさくの花 ひやおろし 純米一度火入れ原酒 1800ml

瓶貯蔵、低温熟成によるキレイな旨味!まんさくのひやおろし! ◇まんさくの花 ひやおろし 純米一度火入れ原酒 1800ml

商品番号 ns160016m00
販売価格 ¥ 2,860 税込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

※注意事項

ラベル画像の製造年月(酒造年度)等は現在販売している物とは異なる場合がございます。詳細をご確認されたい方はお手数お掛けいたしますが、弊社までお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。
商品写真の盃やグラス、食品は商品に含まれません。

  • NEW





  • 現在は常温便で配送
  • クールご希望の方はこちら
ギフトラッピング

商品説明

《瓶貯蔵、低温熟成によるキレイな旨味が魅力のひやおろし!》


「まんさくの花」の長所は米の旨味がしっかりと感じられながらもキレイに仕上がっている所。

この酒質に一役買っているのが瓶貯蔵。

瓶で囲われた酒を冷蔵庫で管理することによって、酒質を崩すこと無く膨らみと円みをもたらすことが出来ます。

新酒の若々しさが落ち着き、米の旨味が更に広がる秋に出荷されるのが「まんさくの花のひやおろし」です。


ここで少しひやおろしのお話を。

近年、ひやおろしの定義はあって無いような物で、秋の酒は全てひやおろしや秋上がりと呼ぶのでは?とさえ思ってしまいます。

以前ですと、火入れされた新酒をタンクで貯蔵して夏を越し、秋に瓶詰めした後は火入れを行わずに出荷。

これがひやおろしとされて来ました。

この定義に当て嵌まらない物を秋上がりと呼んで差別化される、ということもありました。


しかし、火入れの技術が発達し、瓶貯蔵が増えると瓶貯蔵の酒もひやおろしと呼ばれるようになりました。

更に、2回火入れや生、更に1年半熟成など、実に多様性に富んだ酒が賑わわせています。


今回ご紹介している「純米ひやおろし」は元々は秋田県限定として誕生した商品です。

使用されている米は吟の精。

秋田県オリジナルの酒造好適米です。


スッキリとした味わいに感じる膨らみ。

これが瓶貯蔵による効果。

軽快に飲み進めていける酒に仕上がっています。


「まんさくの花」らしいキレイな旨味を感じるひやおろし。

是非お試し下さい。

 


商品スペック
容量1800ml
製造元日の丸醸造(秋田県)
特定名称純米酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://hinomaru-sake.com/
■甘辛:辛口 ■原料米:麹:秋田県産秋田酒こまち 掛:秋田県産吟の精 ■精米歩合:麹:55% 掛:70% ■アルコール度数:16.5度 ■日本酒度:+3.5 ■酸度:1.6

 

 

まんさくの花 商品一覧へ



佐野屋 スタッフ 正社員 募集 求人


佐野屋の定期販売「サケスク」



人気地酒ランキング Ranking


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう