日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

  1. TOP
  2. 日本酒
  3. 新着・日本酒
  4. ◇【箱入】祥鳳(しょうほう) 大吟醸39 720ml
 ◇【箱入】祥鳳(しょうほう) 大吟醸39 720ml

高い技術力の結晶!美しい!驚きの大吟醸! ◇【箱入】祥鳳(しょうほう) 大吟醸39 720ml

【箱入】大吟醸39 祥鳳 720ml
【箱入】大吟醸39 祥鳳 720ml
【箱入】大吟醸39 祥鳳 720ml
【箱入】大吟醸39 祥鳳 720ml
【箱入】大吟醸39 祥鳳 720ml
【箱入】大吟醸39 祥鳳 720ml
【箱入】大吟醸39 祥鳳 720ml
【箱入】大吟醸39 祥鳳 720ml
商品番号 ns430002c10
販売価格 ¥ 2,750 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW




  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

《高い技術力の結晶!美しい!驚きの大吟醸!》


「清洲桜醸造」の商品はクラフトジンからの取扱いになりましたが、「清洲桜醸造」は日本酒を中心に幅広く他の酒類も製造している蔵元です。

そこで今回は「清洲桜醸造」の高い技術力が生んだ日本酒をご紹介致します!

それが「祥鳳(しょうほう)」です。


「清洲桜醸造」の技術力の高さの裏付けは後ほど書かせて頂くとして、まずは「祥鳳」をご紹介致します。

このお酒は香り高い大吟醸で、お燗が大好きな私の経験から申しますと、決してお燗は得意分野ではないというのが本音です。


ですが、2020年に開催された燗酒コンテストのプレミアム燗酒部門で何と最高金賞に輝いたんです!

これは、決して得意分野で無いハズのお燗でも美味しく飲める程、「祥鳳の大吟醸」のクオリティが高いことを証明していると私は捉えています。

だとしたら、もう紹介しない訳には参りません!


「祥鳳」とは、おめでたい意味の「祥」と美しい羽根を持つと言われる想像上の鳥、「鳳」を合わせたとても縁起の良い言葉。

ですから「祥鳳」はご自身へのご褒美はもちろんのこと、おめでたい日の乾杯のお酒やギフトにピッタリです!


「祥鳳の大吟醸」は華やかな香りが特長の1つ。

華やかなのですが、決して派手ではありません。

飲むとフルーティーな中に山田錦の旨味も感じられ、キレイな余韻もとても心地良い。

華やかな香りと美しい味わいに心は和み、食事がより楽しくなることでしょう。

文句無しにオススメのお酒です!


お燗に興味を持たれた方はお好みでお試し下さい。

新たな発見があるかも知れません。

私も試しましたが確かに面白かった。

温度によっても表情が変わるのも日本酒の特徴の1つです。


冷酒で飲まれる際はワイングラスをオススメ致します。

冷やし過ぎにはくれぐれもご注意下さい。


それと、実はこのお酒、まだそんなには出回っておりません。

知る人ぞ知るという存在です。

ですが、お酒のクオリティの高さは折り紙付き!

そこで、飲み会や人の集まる席に是非持って行ってみて下さい!

飲みやすさで万人受けしつつ、メジャーで無い分レア度でマニアさんの心も掴めます!


高い技術力の結晶!

美しくおめでたいお酒「祥鳳の大吟醸」

文句無しにオススメのお酒です!


それでは、これより「清洲桜醸造」の酒造技術の高さをご紹介すべく、代表銘柄「清洲城信長鬼ころし」の説明をさせて頂きます。

興味のある方は是非読んでみて下さい。


「清洲城信長鬼ころし」は「清洲桜醸造」の主力商品です。

香りは穏やかで味のバランスとキレが良く、飲みたくなったらスーパーやコンビニで買って飲んでいます。

大きいパックもあれば、まるであんぱんを食べる時に一緒に飲む牛乳のように、ストローを差して飲むタイプまであります。

いつ飲んでも同じ味わい。

バツグンの安定感!

これがセールスポイント!


「清洲城信長鬼ころし」はカテゴリーで申し上げますと普通酒です。

価格は激安なのに手間はメチャメチャ掛かっているのが普通酒。


私はお取引を決める際、必ず普通酒(地元流通のお酒)を飲むようにしています。

それは、私のこれまでの経験上、普通酒には最もその蔵元さんの酒造りへの思いが表れていると思うからです。

普通酒が美味しいお蔵さんは良いお蔵さん。

普通酒のレベルの高さは蔵のレベルの高さに繋がっている。

私はそう信じています。


規模の大きい造りで普通酒が安定的に美味しく造れる技術力。

これは言葉で言う程簡単なことではありません。

この高い技術力が「祥鳳」に注ぎ込まれているのです。


単純にお酒だけを比較すると、「清洲城信長鬼ころし」と「祥鳳」は同じ蔵のお酒では無いと思える程タイプが異なります。

ですが、紛れも無くどちらも「清洲桜醸造」の商品です。

それって、別の蔵や設備で造ってるんじゃない?って、思われるかも知れませんが、全く同じです。


大は小を兼ねるなんて申しますが、なかなかそうはいかないのが酒造り。

ですが、2019年と2020年に蔵を訪問した際に分かったのですが、「清洲桜醸造」では原料処理や麹造りなどはどのお酒用にも全て同じ機械を使用されています。

これってメチャメチャスゴいことですよ!

飲んで頂ければ、更によくお分かり頂けることと思います。


規模の大きい造りで普通酒が安定的に美味しく造れる技術力が生んだ「祥鳳の大吟醸」

是非お試し下さい。

そして、「清洲城信長鬼ころし」に興味を持って下さった方はお近くでお買い求め下さい。


(文章:金巻 忍)

 


商品スペック
容量720ml
製造元清洲桜醸造(愛知県)
特定名称大吟醸酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.onikoroshi.co.jp/outline.html
■甘辛: ■原料米:山田錦 ■精米歩合:39% ■アルコール度数:15度 ■日本酒度:+3.0 ■酸度:1.2

 

受賞歴・マスコミ紹介

全国燗酒コンテスト2020 清州桜

全国燗酒コンテスト2020にて最高金賞受賞!

全国燗酒コンテスト審査会は2020年8月6日、7日の二日間にわたり東京千代田区の学士会館において実施。全国245の酒造会社から出品された815点のお酒が、4部門に分けられブラインドで審査されました。

その結果、プレミアム燗酒部門において「大吟醸39 祥鳳」が最高金賞を受賞しました。

 





お歳暮 ギフト 佐野屋 日本酒


そうだ 佐野屋で買おう



人気地酒ランキング Ranking