日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

 ◇喜久盛 純米酒 北上夜曲(きたかみやきょく) 原酒 720ml

オール北上産!文字通りの地酒!北上夜曲の火入れ! ◇喜久盛 純米酒 北上夜曲(きたかみやきょく) 原酒 720ml

商品番号 ns090002c00
販売価格 ¥ 1,650 税込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。





  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

留添 上槽日 醪日数 瓶詰め日 アルコール 日本酒度 酸度 アミノ酸度 お米 精米歩合 酵母 麹菌
2019.4.19 2019.5.6 18日 2019.6.18 15.7度 +10.0 1.8 0.9 北上市産契約栽培米亀の尾 55% きょうかい6号酵母 黎明平泉

《オール北上産!文字通りの地酒!北上夜曲!》


皆様は「北上夜曲(きたかみやきょく)」という曲をご存知でしょうか?

東北、取り分け、岩手県や宮城県御出身の方でしたらご存知の方が多いかも知れません。


「北上夜曲」は戦後間も無い頃、岩手県の盛岡市や宮城県の仙台市で歌われていた曲です。

当時は誰の曲という訳では無く、自然に口ずさむ方が増えていったのだとか。

全国から盛岡市や仙台市の学校に通っていた学生が帰省の際に「北上夜曲」を持ち帰ったことで全国に広まりました。


後にレコード会社がレコード化し、多くの歌手が「北上夜曲」を歌い、更に映画化されることで一大ブームが起こったこともあったそうです。

そんな曲のタイトルが「喜久盛」の商品に付けられていて、今回案内が届きました。


蔵元の藤村さんから話を聞いてみると、このお酒は先代の蔵元が販売していた商品の復刻版です。

当時のことを知る方が現在の「喜久盛酒造」には誰もいらっしゃらないので詳細は不明とのこと。


「北上夜曲」と「喜久盛酒造」の繋がりはとても深いんです。

北上市にある「北上夜曲」の歌碑を建てられたのが当時、観光協会の会長を務めていらした、先々代の蔵元、つまり、藤村さんのお祖父様なんです。

ですから、先代の蔵元が自社の商品に「北上夜曲」と名付けるのはごく自然なことだったのかも知れません。


さて、今回「北上夜曲」を復刻された理由。

それは、せっかく商標登録した名称を埋もれさせておくのは余りに惜しいからだそうです。

ラベルもそのまま引き継げれば良かったのでしょうが、元はアル添酒でしかも蔵の所在地も現在とは異なるということで、ラベルはリニューアルされました。


今回、ラベルのデザインを手掛けられたのが、イラストレーターの吉岡里奈さん。

藤村さんが東京で開催された展覧会に行かれた際に吉岡さんと出会われたことがきっかけで今回のラベルが誕生しました。

更に、地元北上市の印刷会社さんの後押しもあって、商品化されることに。

お酒のご縁、人のご縁を感じます。

ラベルはご覧の通り、日本酒のラベルらしからぬデザイン。

この辺りは喜久盛らしさを踏襲しているように思います。


では、肝心の中身。

このお酒に使用されているお米は地元、北上市産の亀の尾。

ですから、オール北上市ということで「北上夜曲」の名を復刻されたという訳です。

亀の尾の美味さを引き出しているのは岩手県オリジナルの麹菌、黎明平泉(れいめいひらいずみ)ときょうかい6号酵母。

特にきょうかい6号酵母は亀の尾、更に「喜久盛」と相性が良いということで、きょうかい酵母の中ではよく使用されています。


亀の尾の固さ由来のキリッと引き締まった味わいをお楽しみ下さい。

亀の尾の旨さを堪能するなら熟成です!

待てない方はお燗がオススメ。


さあ、ラベルにピンと来たあなた!

もう飲まずにはいられないでしょう?

ご注文お待ちしています!

 


商品スペック
容量720ml
製造元喜久盛酒造(岩手県)
特定名称純米酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://kikuzakari.jp/
■甘辛:辛口 ■原料米:岩手県北上市立花地区産契約栽培米亀の尾 ■精米歩合:55% ■アルコール度数:15.7度 ■日本酒度:+10.0 ■酸度:1.8