日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

 川鶴 純米吟醸 讃岐風花(さぬきかざはな) 720ml

絶妙バランスの秘訣はブレンドにあり! 川鶴 純米吟醸 讃岐風花(さぬきかざはな) 720ml

商品番号 Sake9146-720
販売価格 ¥ 1,595 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW




  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

《2つのタンクの絶妙なブレンド!》


「川鶴」と言えば、ドッシリとしたイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

私も「川鶴」の飲み応えある味わいが大好きです。

藤岡美樹さんが醸造責任者に就任された平成28BY。

スッキリとしたお酒も数多くリリースされ、路線変更?と思いきや、従来の「川鶴」らしいお酒もあり、オールドファンの方も一安心されたのではないでしょうか。

更に、単にドッシリというだけでは無く、後味にほんの少し軽さを持たせることで全体の酒質をキッチリまとめて来られた辺りには藤岡効果を感じています。


今回のお酒もその一つ。

詳しく書くとややこしいので先に結論を申し上げておきます。

2つのタンクのブレンドです。

その2つのタンクとは、仕込み20号と仕込み21号。

どちらも麹米は雄町で、精米歩合は58%。

違うのは掛米。

20号にはオオセトの55%精米が。

21号にはさぬきよいまいの55%精米が使用されています。

夏を越したことによる味の乗り、円やかさ、ブレンドによる複雑性、しっかりと効いた酸、ここに忘れてはいけないのが程よい軽さ。

これが2杯目3杯目へと繋がって行きます。

実はこのお酒にはもう1つの仕掛けがありまして。

掛米の一部、初添えに雄町が使用されているんです。

これが従来の川鶴らしさにチョット加えたアクセント。


このお酒を飲んで頂ければ「川鶴」の目指して来たお酒の形がお分かり頂けると思います。

 


商品スペック
容量720ml
製造元川鶴酒造(香川県)
特定名称純米吟醸
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://kawatsuru.com/
■甘辛:中間 ■原料米:麹:雄町 掛:さぬきよいまい ■精米歩合:麹:58% 掛:さぬきよいまい58% ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:+1.0 ■酸度:1.3