日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

8月12日(火)から8月16日(日)まで、夏季休暇を頂戴致します。
また、7月31日から8月16日まで「銀行前払い」での決済をご利用いただけません。ご了承ください。


 陸奥八仙 特別純米 720ml

陸奥八仙のレギュラー純米酒は旨さが違う! 陸奥八仙 特別純米 720ml

商品番号 Sake7036-720
販売価格 ¥ 1,650 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。






  • 冬場なら常温可能
  • クール推奨
  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

《「陸奥八仙」のレギュラーは一味違う!》


「陸奥八仙」のお酒と言えば、フルーティーな香り、甘味をイメージする方が多いのではないでしょうか?

「陸奥八仙」のレギュラーに位地する「特別純米」は一味違います。

香りは控え目、柔らかい甘味、お米の旨味が感じられ、終いの切れが良い、飲み飽きしないお酒です。


お米は青森県のブランド米、まっしぐらを全量使用。

まっしぐらは、父が「山形40号」母が「奥羽341号」で、育成、選抜を重ねられ誕生しました。

2005年には青森県の奨励品種になった飯米なのですが、砕米率、アミノ酸生成、粗蛋白が低いということで、酒造適正が高いことも証明されています。


精米歩合は60%。

60%なので、吟醸を名乗ることも出来るのですが、特定名称は特別純米酒です。


酵母はきょうかい1001号酵母を使用されています。

この酵母はきょうかい10号の泡無し酵母。

きょうかい10号酵母は別名「明利小川酵母(めいりおがわこうぼ)」と呼ばれています。

茨城県水戸市にある「明利酒類株式会社」の当時の副社長、小川知可良博士が開発した酵母です。

東北6県の数多くの酒造場の醪(もろみ)から酵母を分離し選抜。

更に良質な酵母を選抜して純粋培養され、誕生しました。

1977年より、醸造協会からきょうかい10号酵母として頒布され、現在に至っています。


香りはかなり控え目です。

飲んでみると、このお酒の一番の特長、「陸奥八仙」らしい柔らかな甘味が心地良く広がります。

お米の旨味、酸も感じられ、落ち着いた中にも味の主張はシッカリ。

なかなかの飲み応えです。

切れが良いので飲み進みますし、とにかく飲みやすい。

日常の晩酌から、飲食店様の定番、飲み会とシーンを問わず大活躍してくれるお酒です。

冷酒、常温、お燗とどの温度帯でも楽しんで頂けますが、あまり冷やし過ぎない方がこのお酒の良さが感じられると思います。


さあ、まだ「陸奥八仙」を飲んだことが無い方。

まずはレギュラーの特別純米酒から飲んでみませんか?

派手さはありませんが、主張がしっかりとあるオススメのお酒です。

そうだ 家飲みしよう

 


商品スペック
容量720ml
製造元八戸酒造(青森県)
特定名称特別純米酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.mutsu8000.com/
■甘辛:辛口 ■原料米:まっしぐら ■精米歩合:60% ■アルコール度数:15度 ■日本酒度:+3.0 ■酸度:1.4

 

受賞歴・マスコミ紹介

全国燗酒コンテスト2019 陸奥八仙

全国燗酒コンテスト2019にて最高金賞受賞!

2019年7月31日、全国燗酒コンテストはキリンドラフトマスターズスクールで審査会を実施。全国268の酒造会社から出品された905点のお酒が、4部門に分けられブラインドで審査されました。

その結果、プレミアム燗酒部門において「陸奥八仙 特別純米」が最高金賞を受賞しました。

 


全米日本酒歓評会 U.S. National Sake Appraisal 2019

「全米日本酒歓評会 2019」で金賞準グランプリ受賞!

2019年6月、恒例の全米日本酒歓評会がハワイ州ホノルル市で開催されました。3日間で512銘柄の出品酒を香り、味、バランス、総合評価の4つのカテゴリーで審査。

その結果、純米部門にて「陸奥八仙 特別純米」が金賞を受賞、更にその中から準グランプリに輝きました。

 



【箱入】和がらす温(おん) 酒杯 緑・金箔 42140TS-G-WHDG商品ページへ



酒蔵が造る消毒アルコール


人気地酒ランキング Ranking