日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

  1. TOP
  2. 日本酒
  3. 新着・日本酒
  4. ◇富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml
 ◇富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml

世界中の泡好きに飲んで欲しい!純白の美しさが全てを魅了する! ◇富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml

富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml
富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml
富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml
富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml
富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml
富久錦 祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING 360ml
商品番号 ns070006b00
販売価格 ¥ 2,970 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW





  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

《世界中の泡好きに飲んで欲しい!純白の美しさが全てを魅了する!》


シャンパーニュに代表されるスパークリングワイン、泡物はなぜ、世界中の人を魅了するのでしょうか。

特にお誕生日や結婚式等、お祝い事には欠かせないお酒です。

皆様も経験があるのではないでしょうか。

特別な日を盛り上げるお酒でありながら、日常にも溶け込んでいる。

泡好きな方は家に常に買い置きがある。

レストランでの食事の最初の1本は泡。

何なら泡しか飲まない(笑)

そんな方もいらっしゃるハズ。


普段飲まない方でも泡なら少しは飲めたりします。

そう、皆、泡が大好きなんです♪


なぜ、そんなに泡が好きなのか。

まずは口当たりの良さ。

軽快で清涼感があり滑らか。

お料理に合わせやすい。

更に、ゆらゆらと立ち上がる気泡を見ているだけで癒される。

だから泡は多くの方に愛されているのです。


日本酒にも昔から泡物はあります。

ですが、その多くは活性にごり。

美味しいのですが、澄んだお酒、キメの細かい泡がゆらゆらと立ち上がる美しさには残念ながら遠い。

泡が好きな人は泡の見た目も大好きなんです。

そこで、近年、日本酒のシャンパーニュを目指し、チャレンジする蔵が増えて参りました。

その1つが「富久錦」


私はスパークリング純米酒のことを構想段階から蔵元の稲岡さんに伺っていました。

失敗の連続でとても苦労されていることを何度も聞いていましたが、「富久錦」さんならきっと出来ると信じていました。

このプロジェクトが大きく動いたのが、2018年。

日本酒の市販酒のコンテスト「Sake Competition 2018」のラベルデザイン部門で金賞、第1位に輝かれたのです。

その副賞が森田恭通(もりたやすみち)さんのデザイン権。


スパークリング純米酒のラベルは森田さんのデザインで!

その後も何度も試行錯誤を繰り返し、とうとう2021年に完成!

それが「祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING」


このお酒の素晴らしさ、それは全てが美しいこと。

美しさは多くの人を魅了します。

きっと「祝泡」は世界中の人に愛されるお酒になると私は確信しています。


見た目の美しさ、泡のきめ細かさ、ドライでシャープ、それでいて滑らか。

ラベル、パッケージ同様、何(お料理)にでも染まる純白な泡酒。

それが「祝泡」です。


1人で飲み切りたい、最初の1杯として楽しみたい。

そんな方にはハーフボトルがオススメ。

皆で特別な日に飲みたい、大切な方にプレゼントしたい、そんな方の為に、フルボトルは箱入りでご用意しております。


世界中のシャンパーニュ好きにも是非飲んで頂きたい!

純白の美しさを纏った「祝泡(しゅわ) 純米スパークリング SHU-WA JUNMAI SPARKLING」

自信を持って皆様にオススメ致します!


《「祝泡」の美味しさの秘密》


「祝泡」の美味しさに付いて、製法の観点からお話ししてみようと思います。

まず、基本的な製法はシャンパーニュとほぼ同じです。

(シャンパーニュの製法は割愛します。)

違うのは、オリを飛ばして減った分をリキュールで補充する(ドサージュ)のでは無く、元の同じお酒を補充すること。

それと日本酒ならではの火入れ。

それくらいです。


次に「祝泡」の美味しさ、美しさの決め手。

それが、「生もと造り」


実は活性酒や活性にごりは甘味がとても重要。

だから日本酒の泡物は甘いお酒が多いのです。

甘味を削ぐと苦味や渋味が目立ち、全体のバランスが悪くなるからです。

活性タイプは特に。


ですが、日本酒のシャンパーニュを目指すには、ドライでなければいけない。

泡の清涼感、滑らかさを際立たさなければいけない。

何より、長い熟成に耐えなければならない。

そこで、試行錯誤の末、辿り着いたのが「生もと造り」だったのです。


ドライ、そして味わいの骨格がしっかりとあり、滑らか。

美しくキメの細かい泡。

繊細なお酒でありながら、常温流通にも耐え得る強い酒質!

「生もと造り」がこれらを全て可能にしたのです!

これが「祝泡」の最大の特徴であり、美味しさ、美しさの秘訣なのです!


(文章:金巻 忍)

 


商品スペック
容量360ml
製造元富久錦(兵庫県)
特定名称純米酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.fukunishiki.co.jp/
■甘辛:辛口 ■原料米:兵庫県加西市産山田錦・兵庫県加西市産キヌヒカリ ■精米歩合:60% ■アルコール度数:13度 ■日本酒度:+10.0 ■酸度:2.5

 


人気地酒ランキング Ranking


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう