山吹極 上級者向き食中酒 生もと純米無濾過 原酒 | 朝日川酒造 山形県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

@sanoya_sake

TOP > 日本酒 > 山吹極(やまぶき) 朝日川酒造

 山吹極 上級者向き食中酒 生もと純米無濾過 原酒 900ml

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

酒が飲み手を選ぶ酒。上級者向き食中酒。山吹極 上級者向き食中酒 生もと純米無濾過 原酒 900ml

space png

商品番号 Sake8001-900

販売価格1,225円(消費税込:1,323円)

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 山吹極 上級者向き食中酒 生もと純米無濾過 原酒 900ml

山形県の朝日川酒造という蔵元が造る地酒、山吹極(やまぶき)は2001年12月に地酒専門店銘柄としてデビューしたお酒です。

「山吹極」という名前は、日本酒関連の出版、イベント会社の「フルネット」の中野社長が名付けました。

「山吹」とは、このお酒に付いている無濾過の酒ならではの山吹色。

蔵元の名字「浅黄」の「黄」を「極」に変えてお酒の名前に一文字加えました。

読み方ですが「山吹極」と書いて「やまぶき」と発音します。

「やまぶき・きわみ」と言われる方もいますがどちらでもOKだそうです。

「酒が飲み手を選ぶ酒。上級者向け食中酒」という肩書きを持つこの酒は、山吹極というブランドが立ち上がった際に一番最初に出荷された代表銘柄です。

「上級者向け食中酒」の理由として「生もと造りの原酒」であること。

原酒なのでアルコール度数が17度以上もあること。

特徴的な生もと造りならではの太い味わい、古酒に似た独特の香りを持ち、初心者には難しいかも知れないという配慮からです。

「上級者向け」という肩書きがあるおかげで、ご年配の酒飲みから人気が高く、自尊心をくすぐるのか特にギフトでよくご注文をいただきます。

味わいですが、生もとの原酒ですので、酸味などかなり個性的な酒を連想してしまいますが、意外にも飲みやすくて普通に旨い酒。玉川の山廃の方が個性が強いと思います。

上級者向け、という先入観で恐る恐る飲んでみたところ、予想外に飲みやすく美味しかった。これなら私でも大丈夫だ。という感想を持って頂く事が狙いの一つです。

綺麗さ、華やかさ、軽快さなどを競う吟醸酒とは対照的な、コクのある深い味わいを楽しむためのお酒です。


商品スペック
容量900ml
製造元朝日川酒造(山形県)
特定名称純米酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.hinanet.ne.jp/~asahikawa/
■甘辛:辛口 ■原料米:山酒4号 ■精米歩合:58% ■アルコール度数:18度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開