雨後晴水 純米吟醸 深響(しんき) | 相原酒造 広島県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

TOP > 日本酒 > 雨後の月(うごのつき) 相原酒造

TOP > 日本酒 > 新着・日本酒

 雨後晴水 純米吟醸 深響(しんき) 720ml

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

今期の雨後晴水の最終回!深い熟成の世界へ向かうお酒、深響!雨後晴水 純米吟醸 深響(しんき) 720ml

NEW!!space png

商品番号 Sake5056-720

販売価格1,475円(消費税込:1,623円)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 雨後晴水 純米吟醸 深響(しんき) 720ml

1本のタンクのお酒の変化を、1年を通して楽しむ「雨後晴水(うごせいすい)」シリーズ最後の商品「深響(しんき)」を入荷しました。

春に登場した、はつらつとした若さ溢れる新酒「晴嵐」から始まり、季節の移ろいと共にお酒も味わいが整い、前回の冷やおろし「憂月(ゆうげつ)」で1本のお酒として1つの区切りを迎えました。

ひやおろしを迎えてお酒としては一応の完成致しましたが、このお酒はその後どのような姿になっていくのか。

そんな「熟成の世界」を楽しむというのが「雨後晴水」シリーズ最終回「深響」のコンセプトです。

同一タンクのお酒ですので、味わいからはこれまでの面影が感じられ、11月に入荷した時点では「憂月」の登場からまだ日数が経過していない為、酒質に大きな違いを一口目からは感じませんでした。

しかし飲み進めて行くと、柔らかくしっとり口の中に染み込むように広がる深みを感じます。

このお酒の本当のゴールがどこにあるのかは誰にも分かりません。そのゴールに向かい深い熟成の世界に入ろうとするこのお酒は「雨後晴水」の最終回であると同時に出発点でもあるお酒です。


商品スペック
容量720ml
製造元相原酒造(広島県)
特定名称純米吟醸
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.ugonotsuki.com/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:八反 ■精米歩合:50% ■アルコール度数:15 16度 ■日本酒度:+2.0 ■酸度:1.5

グラス販売