雨後の月 純米吟醸 | 相原酒造 広島県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

@sanoya_sake

TOP > 日本酒 > 雨後の月(うごのつき) 相原酒造

 雨後の月 純米吟醸 1800ml

カラーバリエーション

雨後の月 純米吟醸
雨後の月 純米吟醸
拡大 Prev Next

肉付きの良い辛口純米吟醸。吟醸香もあり初心者にお勧め。雨後の月 純米吟醸 1800ml

space png

商品番号 Sake5032-1800

販売価格3,000円(消費税込:3,240円)

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 雨後の月 純米吟醸 1800ml
雨後の月の純米吟醸が新しくなって良くなりました。

酒を表現する際、度々「香り系」という言葉が用いられてきた雨後の月。シャープな辛さと華やかな吟醸香が特徴の酒ですが、年々蔵元はこの酒質に疑問を持つようになりました。

シャープな辛口酒は、一見辛口ファンには受けが良さそうに感じますが、その反面、無機質な味わいに感じられてしまう事もあります。

同じ辛口酒でも骨格のある酒にしたい。
うする事によって華やかな吟醸香に頼らなくとも、存在感のある酒を造っていきたい。

新しい純米吟醸酒は、香りも程よく存在した上で弾力のある辛口酒を目指しました。

原料米を「雄町・八反錦」→「全量 山田錦」にステップアップ。

精米歩合も掛米を5%多めに磨きました。
香り:山田錦で醸造された男性的な力強さを感じさせる日本酒特有の香り。
それに加えて、果実系ではなく花の香り系の吟醸香が程よく漂う。

味:第一印象はソフト。
上立ち香と異なり甘い果実、或いは砂糖菓子を思わせる甘い含み香がある。甘く、爽やかな酒というのが第一印象。
後味に切れ味の良い辛さが表れる。辛さとしての存在感は薄いが、前半の甘味をスパッと切るだけの辛さがある。

第一印象は甘く爽やかな酒に感じられますが、総合的には香味タイプの辛口酒。開運のような王道を歩む辛口純米吟醸、という印象を受けます。

新酒の段階で試飲という事もあり若さが目立っていますが、熟成したら味に曲線美が現れ、過去のシャープな雨後の月とは異なる、弾力のある香味タイプの辛口酒に成長するのではないでしょうか。

若いと感じたら少し空気に触れさせてデキャンタージュすると、味が幾分整います。
初心者よりも中級者以上。辛口の酒が好きな方にお薦めの純米吟醸です。
商品スペック
容量1800ml
製造元相原酒造(広島県)
特定名称純米吟醸
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.ugonotsuki.com/
■甘辛:辛口 ■原料米:山田錦 ■精米歩合:麹米:50% 掛米:55% ■アルコール度数:15〜16度 ■日本酒度:+2.0 ■酸度:1.5