川鶴 純米雄町80 | 川鶴酒造 香川県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

  • SANOYA instagram

TOP > 日本酒 > 川鶴(かわつる) 川鶴酒造

 川鶴 純米雄町80 1800ml

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

商品スペック
容量:1800ml
製造元:川鶴酒造(香川県)
特定名称:純米吟醸
生/火入れ:火入れ酒(加熱処理有り)
保存:静かな冷暗所
メーカーサイト:http://kawatsuru.com/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:岡山県倉敷市・環境にやさしい農家「まめ農園」産雄町 ■精米歩合:80% ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:+4.0 ■酸度:1.4

  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

敢えて80%精米に!緑肥栽培で育てられた雄町の良さをダイレクトに表現!川鶴 純米雄町80 1800ml

space png

商品番号 Sake9147-1800

販売価格3,000円(消費税込:3,240円)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 川鶴 純米雄町80 1800ml

《「川鶴」の顔!雄町を敢えて低精白で醸したチャレンジ酒!》


私の中で「川鶴」と言えば、オオセト、そして雄町!

「川鶴」の特長である旨味と酸を押し出すお酒を造るのに最適なお米です。

今回ご紹介する「雄町80」に使用されている雄町は岡山県倉敷市のまめ農園で契約栽培された物です。

そこで、「まめ農園」に付いて少しお話ししてみたいと思います。


「まめ農園」は岡山県倉敷市の北部にあります。

日本史で必ず出て来る有名な合戦、備中高松城の戦いがあった地域の南西に位置しています。

備中高松城の戦いがあった1582年頃はこの地域は遠浅の海でした。

備中高松城の戦いが終わった後、干拓事業によって現在のように陸地になったのです。


元々海だったということで、農業に必要な淡水は高梁川の水を堰で取水し、八ケ郷用水を経由して引き込んで得ています。

また、元々海や干潟、浜辺であったということは、土壌の多くは砂です。

従いまして、水や肥料の持ちが悪く、収量はどうしても少なくなってしまいます。

そこで、土作りや水の管理を徹底することで少量でも高品質なお米を栽培しようという方針で2006年には耕作受託を開始し、専業農家となりました。


2012年からは全ての田んぼで環境保全型農業(緑肥栽培)に取り組み、特別栽培米を契約者に届けられています。

そのうちの1軒が「川鶴酒造」です。


「まめ農園」の全ての田んぼでは稲刈りを終えた後にマメ科の植物、ヘアリーベッチ(ナヨクサフジ)の種を蒔きます。

これはお米に適した環境に整える為で、こういう農法を緑肥栽培と言います。


マメ科の植物の特徴である、空気中の窒素を固定する力を利用しての土作り。

それと、ヘアリーベッチの持つアレロパシー効果と呼ばれる、雑草を抑制する効果。

この2つの要素を用いてで無農薬・無化学肥料、若しくは減農薬、減化学肥料でお米を栽培されています。


「川鶴酒造」ではこれ程までに大切に育てられた高品質な雄町の良さをダイレクトに表現したい。

そういう思いで、敢えてあまり磨かず80%という低精白でお酒を仕込むことにしました。

「酒造りは米作りから」という理念を掲げている「川鶴酒造」らしい発想ではないでしょうか。


「まめ農園」の雄町の旨さを是非味わってみて下さい。