日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

お早めに多めの商品確保を



  1. TOP
  2. 日本酒
  3. 玉川(たまがわ) 木下酒造
  4. 玉川の定番人気商品
  5. ◇玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ 2016BY 1800ml
  1. TOP
  2. 日本酒
  3. 玉川(たまがわ) 木下酒造
  4. 玉川の辛口酒
  5. ◇玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ 2016BY 1800ml
  1. TOP
  2. 日本酒
  3. 玉川(たまがわ) 木下酒造
  4. 熟成させた玉川
  5. ◇玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ 2016BY 1800ml
 ◇玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ 2016BY 1800ml

辛いよね。序盤、中盤、終盤、隙がない辛さ! ◇玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ 2016BY 1800ml

玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ
商品番号 Sake3001-3-1800
販売価格 ¥ 3,630 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。





  • 現在は常温便で配送
  • クールご希望の方はこちら
ギフトラッピング

商品説明

《辛口好きの99%が好むであろう辛口の真ん中を行く酒》

玉川の酒の中で「辛口」の酒はどれですか?
そう質問された時に真っ先に思いつく酒の一つがこの酒「玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ 」。


タイトルどおり辛口酒を探している方には間違いない酒です。


《コウノトリの野生復帰を願う、完全無農薬栽培の酒米》

日本の空から姿を消したコウノトリ。
その後、ロシアから贈られたコウノトリの人工繁殖に成功。現在野生化が進められています。


「木下酒造」から車で約20分、兵庫県豊岡市はかつてはコウノトリの飛来地。
現在はコウノトリを復活させるため野生化が行われています。
その活動の結果、現在では200羽を超えるコウノトリが野生化に成功し巣立っていきました。


コウノトリは肉食で大型の鳥。なので沢山の餌を必要とします。
そのため兵庫県豊岡市では、コウノトリを育てる為の餌場をとなる完全無農薬の田んぼを用意する事になりました。


「コウノトリ育む農法(コウノトリはぐくむのうほう)」と呼ばれる農薬を一切使わない稲作を行うことで、田んぼに付く虫や、その虫を食べるドジョウやカエル、そしてそれらを餌とするコウノトリと共存する農法を考案。収穫される米も完全無農薬ということから、地元の経済活動とコウノトリの生息環境維持の両立を目指す試みとして注目されています。


木下酒造では、この田圃で収穫した米で「コウノトリ」という名の日本酒を製造。
その売上の一部を「コウノトリ基金」に寄付する事でコウノトリが生息する環境つくりの一部を担っています。


《では、その味はいかに!》

コウノトリの餌場とするため「完全無農薬」で作られた米。
自然の中で育った米を使う以上、人の手を出来るだけ加えず、自然の力で発酵させたい。
そう考えた蔵は「生もと(きもと)造り」と呼ばれる江戸時代に普及した昔の酒造りを再現。
蔵の中で生息する自然の酵母、自然の乳酸菌が降りるのを待ちゆっくり時間をかけて造られました。
造られた酒は新酒ではなく蔵で長期熟成。


数年間の熟成を経た結果、単に辛いだけではなく野太い旨さを持つ辛口酒に仕上がりました!


口に含んだ第一印象は辛い!
枯れた辛さ、そして序盤だけではなく終盤からも辛さが来る


「辛いよね。序盤、中盤、終盤、隙がない辛さだと思うよ。だけど俺は負けないよ。」※
どこかで聴いたようなセリフですが、初心者の方には難しい酒かもしれません。
しかし
・辛口の酒が好きな人
・トラディショナルな日本酒が好きな人


そういう方にチャレンジしてもらいたい酒です!


米たちが躍動する木下酒造の酒を、皆様にみてもらいたいと思います。


※元ネタは将棋の佐藤紳哉棋士のインタビューの際の言葉を元棋士の橋本崇載がマネた事で話題になりました。


《楽しみ方 室温でも燗酒もあり》

この酒はそんな難しい飲み方をする酒ではありません。
室温でそのまま飲んでOKです。燗酒が好きな方は燗酒でも。
私のおすすめは常温。または鍋など温かい料理にはぬる燗。


酒だけで飲むと甘い要素が少ない酒。
なので同様に甘い要素がない無い料理と一緒に飲むと、舌をほんのり湿らせてくれる米の甘さが現れてくる酒になります。


甘い味の料理だと辛さが増すので、白身魚の塩焼きや刺し身など砂糖やミリンを加えていない料理にあわせて飲みたいです。


《保存・発送について 常温発送可能です》

この酒は加熱処理を行っている火入れの酒です。
ご家庭で普通に楽しむ場合は常温保存で構いません。


数ヶ月以上に渡って長期保存をしたい。
そういう場合でも常温保存でも構いません。
商品名に書かれている「20○○BY」と現在の年を比べてください。それだけ蔵で寝かされた酒です。
デリケートに扱わないと駄目になるような酒だとすれば、この長期間の熟成には耐えられません。保存にはとても強い酒だとご理解ください。


この酒は、蔵から販売店へも普通便で届けられる商品です。
ご家庭で普通に楽しむ分には必ずしもクール発送が必要な商品ではありません。
クール料金の大幅な高騰によりお客様のご負担を少なくするため、クール必須以外の商品はクール発送は任意にしております。
クールをご希望の方は必ずクールチケット(400円)をお買い上げ下さい。


《この酒を造る木下酒造とは》

天保13年(1842年)、日本海に面した京都府京丹後市久美浜で創業した180年以上の歴史を持つ蔵元。
この地域は高級ブランド蟹「間人(たいざ)蟹」で有名。
冬は蟹料理を食べさせてくれる宿が多く、料理にあう食中酒を造ってきた蔵元です。



(文章:佐野 吾郎)

 


商品スペック
容量1800ml
製造元木下酒造(京都府)
特定名称純米酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.sake-tamagawa.com/
■甘辛:大辛口 ■原料米:五百万石(化学合成農薬・化学肥料不使用) ■精米歩合:77% ■アルコール度数:15.5度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

 



佐野屋の定期販売「サケスク」



人気地酒ランキング Ranking


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう