日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

 玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ 1800ml

生もとの旨さが熟成で開花!コウノトリの加水火入れ! 玉川 自然仕込 生もと純米 コウノトリ 1800ml

商品番号 Sake3001-3-1800
販売価格 ¥ 3,520 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。





  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

《玉川会で心を鷲掴みにされた生もとの加水火入れ熟成!》


全国の「玉川」の特約店が集まる玉川会。

蔵見学や講演、懇親会もありますが、それともう1つ、きき酒があります。

市販酒や非売品も含めて蔵のお酒がズラッと並びます。


今回のきき酒で私が特に気に入ったお酒が「コウノトリの生もとの加水火入れ」


生もとはやっぱり熟成が旨い!

しかも、新酒の無濾過生原酒とは対極の「加水火入れの熟成」

加水火入れの落ち着きと伸びの良さに熟成感がキレイに乗ってます!

これは加水火入れならでは。


ガツンの無濾過生原酒に対して落ち着きの加水火入れ。

どちらも良いのですが、飲みやすさでは断然加水火入れです。


「玉川」は無濾過生原酒でしょ!って思われている方にも一度飲んで頂きたい!

加水すると薄まるように思われがちですが、加水によって新たに出て来る味わいもあるんです。

特に「玉川」は原酒ですと20度オーバーは当たり前なので、加水とのアルコール度数の差は割と大きく、顕著に表れます。


冷酒よりは冷や(常温)かお燗がオススメです。

冷蔵庫で可愛がる必要は全くありません。

開栓後も常温放置で構いませんのでジックリお楽しみ下さい。


無濾過生原酒の新酒がダメとまでは申しませんが、「コウノトリの生もと」はアルコール度数が高いこともあって、どうしても旨味というよりは辛さが目立ってしまいます。

ポテンシャルの高さを感じる反面、生もと由来の深みのある旨さを味わうには若過ぎるというのが本音。

熟成が進むと驚く程に旨さと円やかさが感じられるようになります。

生もとの旨さを味わうのなら断然熟成がオススメです!


《「玉川」の旨さは熟成で更に光り輝く!》


では、ここからは「玉川」の熟成についてお話ししたいと思います。

「玉川」の杜氏、フィリップ・ハーパーさんはこのような言葉を提唱されています。


「一麹・二もと・三造り・四熟成」


恐らく三造りまででしたら聞かれたことがある方もいらっしゃるはず。

これはお酒造りで大切な物を順に挙げた言葉です。

まずは麹、続いてもと(酒母)、そして、造り、つまり醪(もろみ)

そこにハーパーさんは「熟成」を付け加えられているのです。


弊社でも「玉川=新酒の無濾過生原酒」というイメージがとても強いというのが現状。

新酒が冬から春に掛けてリリースされ、アイスブレーカーで終わり。

まるで「玉川」が夏で終わるかのように。

確かに酒造りの観点では終わりですが、商品のリリースは続きます。


「玉川」の魅力は新酒の味わいだけでは決して語れません!

熟成を経て「玉川」は更に輝きを増すからです。


熟成の際、好みが分かれてしまう要因の1つが生ヒネ。

生酒であれば遅かれ早かれ生ヒネが起こります。

生ヒネの香りを伝えるのは難しいのですが、ニュアンスでお伝えすると、ナッツっぽい、モワッとしたむれ香です。

適切に火入れの処理を行うと生ヒネは起こりません。

(逆を言うと、火入れのお酒であっても生ヒネがあるお酒が残念ながらあるということです…。)


生の熟成が苦手な方の多くはこの生ヒネがお嫌いな方が多いです。

先に生ヒネが発生して、後から熟成が追い掛けていくので、ある程度熟成が進むと生ヒネは気にならなくなります。

ですが、そこまでの熟成酒がお好みで無い場合は火入れが断然オススメです。


火入れのお酒は生酒に比べて安定感があるので、キレイに熟成が進む上に、比較的早くから味がまとまります。

ガツンのイメージが強い「玉川」も火入れ、取り分け加水火入れの熟成感からは美しさすら感じる程。

「玉川」のもう一つの魅力、「熟成」を是非楽しんで頂きたいです。


ハーパーさんの言葉でもう1つ印象的な言葉、それは、


「お酒はお客様の元に届いてから第二の酒造りが始まる」


「玉川」は熟成を経て完成。

しかも、熟成度合いの好みは人それぞれですから、あなた好みに自由に染めて下さい、という意味です。


私がこの業界で長年お世話になれているのは、早い段階でハーパーさんとの出会いがあったから。

私が最も影響を受けた方です。

これからも私なりに熟成の魅力を皆様にお伝え出来ればと考えています。


玉川の熟成酒をよろしくお願い致します。

 


商品スペック
容量1800ml
製造元木下酒造(京都府)
特定名称純米酒
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://www.sake-tamagawa.com/
■甘辛:大辛口 ■原料米:五百万石(化学合成農薬・化学肥料不使用) ■精米歩合:77% ■アルコール度数:15.5% ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

 



酒蔵が造る消毒アルコール


そうだ 家飲みしよう


お酒は通販で

人気地酒ランキング Ranking