日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

 ◇喜久盛 純米原酒 ビクトル投げからの膝十字固め 直汲み 1BY 1800ml

喜久盛ファンは必ずgetして!佐野屋限定!超レアな直汲み! ◇喜久盛 純米原酒 ビクトル投げからの膝十字固め 直汲み 1BY 1800ml

商品番号 Sake7104-2-1800
販売価格 ¥ 3,630 税込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。




  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

タクシードライバー 喜久盛 藤村卓也

留添 上槽日 醪日数 瓶詰め日 アルコール 日本酒度 酸度 アミノ酸度 お米 精米歩合 酵母 麹菌
2019.11.22 2019.12.18 27日 2019.12.27 15度 +2.0 2.1 1.1 ひとめぼれ 55% きょうかい6号 黎明平泉

直汲みとは、醪(もろみ)を搾る際、槽(ふね)から流れ出るお酒を柄杓(ひしゃく)で掬って直接瓶詰めされた弊社限定商品です。

生原酒、おりがらみと違い、搾られてすぐのお酒を直接瓶詰めしているので、フレッシュ感が違います!


《何!?この名前!?》


「ビクトル投げからの膝十字固め」


まあ、これだけを聞いてお酒の名前だとは思わないですよね。

「ビクトル投げからの膝十字固め」は格闘家、藤村卓也の得意技なんです!


プロレスに興味を持たれた藤村さんは高校時代、レスリング部に所属。

1990年、第17回東北総合体育大会レスリング競技、グレコローマンスタイル54kg級で準優勝。

1999年には、総合格闘技「RINGS」アマチュアリングストーナメント60kg級で準優勝。

グラップリング-Bでは、第2回全日本選手権オープントーナメント60kg級で優勝。

第12回アマチュアコンプリートファイティングトーナメントライト級で優勝。

アマチュアパンクラス第1回オープントーナメント60kg級で3位。

などなど輝かしい成績を収められました。


そんな藤村さんの得意技「ビクトル投げからの膝十字固め」ですが、この技の使い手として有名なのはロシアの総合格闘家、アンドレイ・コピィロフという人。

1999年に行われた「RINGS KING OF KINGS 1999」の1回戦で、対戦相手の世界柔術ヘビー級王者だったカステロ・ブランコを試合開始16秒で一本勝ち!

その時の技が「ビクトル投げからの膝十字固め」

藤村さんは高校時代、サンボの教則本を読んで自己流でビクトル投げをされていたのだとか。

その後、サンボを習い、「和術慧舟會」に所属し、総合格闘技に移行してからは、この技で一本勝ちを収められたこともあったそうです。


より詳しいことが知りたい方はインターネットで検索、若しくはお酒のイベントで藤村さんから直接聞いて下さい。

あと、ラベルのスキンヘッドのおっちゃんが誰なのかはご想像にお任せします(笑)

まー、ラベルの方がもしこのお酒のことに気が付いたとしても多分何も言ってこないと思いますが。

「タクシードライバー」も然り、ギリギリの線を突いて来る所が、蔵元の藤村さんの危なっかしいというか、ヒヤヒヤさせてくれるというか、面白い所でもあります。

そろそろお酒の話に持って行かないと(笑)


このお酒「ビクトル投げからの膝十字固め」ですが、商品名とお酒に関連性は特にありません。

とあるお酒のイベントで、主催者が藤村さんの話を元に考案、リリースされたことがあるのですが、今回は中身のお酒が全く違います。


「ビクトル投げからの膝十字固め」は、お米はひとめぼれで精米歩合は55%。

酵母はきょうかい6号。

今期はアルコール度数が15度台と「喜久盛」にしては大人しめ。


お酒は飲み物です。

もちろん、味は大事。

ですが、食い付きという意味ではラベルや商品名も大切です。

そのことが改めてよく分かりました。


さあ、毎回大人気のビクトル投げ!

絶対getして下さいよ!

 


商品スペック
容量1800ml
製造元喜久盛酒造(岩手県)
特定名称純米酒
生/火入れ生酒(加熱処理無し)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://kikuzakari.jp/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:岩手県産ひとめぼれ ■精米歩合:55% ■アルコール度数:15度 ■日本酒度:+2.0 ■酸度:2.1