日本酒・地酒の専門通販 | 佐野屋 - JIZAKE.com -

 ◇澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 試験醸造 岡本村山田錦2017 720ml

蔵出し限定2000本!岡本村産山田錦を味わう試験醸造酒! ◇澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 試験醸造 岡本村山田錦2017 720ml

商品番号 ns260001c00
販売価格 ¥ 2,035 税込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW



  • 冬場なら常温可能
  • クール推奨
  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

《蔵出し限定2000本!岡本村産山田錦を味わう試験醸造酒!》


まず始めに。

今回の守破離は蔵出し限定2000本の限定品です!

兵庫県加東市の岡本村の山田錦で造られたお酒を1年間熟成させてリリースされました。

いつもの守破離の山田錦との違いをお楽しみ頂けるお酒です!

では、ここからは私なりのご説明に入らせて頂きます。


「澤屋まつもとの守破離」はお米をダイレクトに感じられるお酒。


私が「守破離」に一番魅力を感じているのが、お米の素性をそのまま表現されている所です。


日本酒の特徴や長所を調べていると、他の醸造酒、取り分けワインと比べて原料の特徴が出にくいとよく謳われています。

しかし、これは一概には言い切れないのではないでしょうか。

造りの方向性によって出来上がるお酒の味わいは異なって来ると思います。


確かに、ワインは果汁なのに対し、日本酒はお米に水も加えます。

その他にも麹や酵母などなど色々な要素があります。

また、製造方法が多様性に富んでいます。

実際、日本酒をブラインドで飲んでいてお米を感じるのはかなり難しい。

酵母や製法由来の特徴が前面に押し出されているお酒も多くある為です。

しかし、製法によっては原料米の特徴を素直に表現することも可能。


「澤屋まつもと」のお酒、取り分け「守破離」はそういうお酒なのだと私は思っています。


次に岡本村のご説明に入ります。

岡本村は兵庫県加東市にあります。

加東市の東部で、東条湖の南西、中国自動車道の南側にある地域です。


今回のお酒はこの岡本村で栽培された山田錦で造られています。

この村というのは、村米制度・村米契約に由来していて、生産エリアを指しています。

村米契約とは簡単に説明すると契約栽培のことです。

つまり、そのエリアの農家さんと直接契約して栽培して貰ったお米ということになります。


山田錦と一言で言っても色々な県と地域で栽培されています。

中でも有名なのが特A地区。

特A地区の中でも加東市の東条の岡本村の契約農家さんが栽培された山田錦のみで造られたのが今回のお酒です。


このお酒を説明する上でもう一つ重要なのが熟成。

今回のお酒は蔵で1年間熟成させて出荷されています。

「澤屋まつもと」のお酒はとにかくポテンシャルが高い。

そのポテンシャルは熟成によって更に大きく開花します。

滑らかさが増すというか、余韻が更に美しくなります。

開栓前はもちろん、開栓後も味わいは変化し、飲む時々にそれぞれの良さが感じられる。

これも「澤屋まつもと」のお酒の魅力です。


お米の産地によるお酒の味わい、時の流れによる味わいの変化、滑らかさを感じて頂きたい。

もう飲むしかないでしょう!

 


商品スペック
容量720ml
製造元松本酒造(京都府)
特定名称非公開
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイト
■甘辛:やや辛口 ■原料米:兵庫県岡本村産山田錦 ■精米歩合:非公開 ■アルコール度数:15度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

 

人気地酒ランキング Ranking