ワイン・日本酒の専門通販 | 佐野屋 - HappyWine.com -

 ◎シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC) 750ml

◎シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC) 750ml

シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC)
シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC)
シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC)
シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC)
シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC)
シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC)
商品番号 wigw0033f00
販売価格 ¥ 2,390 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。







  • 現在は常温便で配送
  • クールご希望の方はこちら
ギフトラッピング

商品説明

シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC) ワイン


《5つ星生産者を気軽にお試しいただける逸品》


5つ星生産者シュロス・リーザーを気軽にお試しいただける逸品。

飲み手の好みを超えて、間違いなく美味しいワインです。

疲れた体を癒してくれるような甘みの優しくも爽やかな味わい。

冷蔵庫でこれが冷えてると思えば、灼熱の仕事帰りも家にたどり着ける!

夏こそ一流生産者のモーゼル・リースリングを楽しみましょう。


《洗練された透明感と華やかさ》


薄めの黄色。

りんご香や清涼感ある柑橘香が混じった甘酸っぱい果実香。

健全な葡萄が目に浮かぶような美しい果実味が、パッと口中に広がります。

果実味の中に、どこか和三盆を思わせるような柔らかく上品な甘み。

キレのある酸味とのバランスが最高です。透明感があり、かつ華やか。

クーベーアーでさえ洗練されたこの佇まいです。

5つ星生産者のレベルの高さを実感します。


ワイン単体で楽しむも良し。

ふんわり甘みがありますが酸もあり引き締まっているので、食中酒としても問題なし。

フルーツを入れたサラダ、生ハム、シンプルなピザなどの軽食に。

また甘酸っぱさを鍵に、パイナップル入り酢豚や、ポークステーキのパイナップルソースなどもお薦めです。


糖度:18.5g/L

酸度:7.3g/L


《5大評価誌で最高評価 モーゼル屈指の生産者》


☆ヴィヌム2022・・5星

 (ドイツ全土で14軒。

 モーゼルではエゴン・ミュラー、クレメンス・ブッシュとシュロス・リーザーの3軒のみ)

☆アイヒェルマン2021・・5星

☆ゴー&ミヨ ドイツワインガイド2020・・5房

☆ファルスタッフ2022・・5星

☆ファインシュメッカー2020・・5F (2021年版は未発表)


☆「ヴィヌム2022」で「ベスト・リースリング」を受賞。

 (ヴェレナー・ゾンネンウーア・リースリング・シュペートレーゼ2020が97点)

☆ゴー&ミヨ ドイツワインガイド2015・・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー

☆ファルスタッフ2021・・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー

☆ヒュー・ジョンソン「ポケット・ワイン・ブック2019」で、ブラウネベルグ、ヴェーレンのトップ生産者


シュロス・リーザーの歴史は1904年にまでさかのぼります。

1875年建立の荘厳なリーザー城の隣に、ショルレマー男爵がワイングート・シュロス・リーザーを設立したのが始まりです。

鍵を握る人物は、オーナー兼醸造家のトーマス・ハーク。

ブラウネベルク村を代表するワイナリー「フリッツ・ハーク」。

そのハーク家のヴィルヘルム・ハークの長男として生まれたトーマスは、ガイゼンハイムのワイン大学を卒業後、実家のワイナリーを継ぐことなく、シュロス・リーザーにマネージャー兼ケラーマイスターとして参加。

彼の初ヴィンテージ1992年は、シュロス・リーザーのかつての知名度を再び表舞台へと呼び戻すきっかけとなりました。

トーマスは、1997年にワイングートと畑を買い取り、シュロス・リーザーのオーナーに。

1998年にはVDP(ドイツ優良生産者組合)のメンバーに認定。

現在はモーゼル中流域8つのVDPグローセ・ラーゲ(特級畑)を所有。

それぞれのクリュの個性を表現する唯一無二の個人生産者となっています。


《常に謙虚に努力を続けるトーマス・ハークのこだわり》


トーマスは、勤勉で真面目、トップの地位を驕ることなく、穏やかで優しい性格。

この20年間のうちに、シュロス・リーザーをモーゼルのトップ・ワイナリーへと成長させました。

個人生産者でありながら、所有する畑は23ha。

雹リスク回避のため約180区画に分かれているため、畑仕事には膨大な時間を費やします。

作業自体は他のメンバーと協力して行いますが、収穫のタイミングの決定や醸造は一人で行わなければならないため、収穫の前後は肉体的にもかなり疲労するそうです。

例えば、2017年は収穫期間が4週間に及びましたが、24時間体制で休みなしに作業を行なったそうです。「その間ずっと禁酒をしていたよ!」とトーマスは笑っていましたが、その穏やかな話しぶりからは想像もつかないような過酷なエピソードです。

輝かしい功績が目立ちますが、その裏にはしっかりと努力が積み重ねられています。


そんなトーマスを支えるのが彼の家族。

妻のウーテは、訪問者の対応や事務仕事を行なっていますが、収穫期には畑に入ります。

また、次女のララと長男のニコラウスがワイングートに参加し始めており、家族が一丸となってシュロス・リーザーを運営。

優秀なスタッフにも支えられており、畑の総支配人として働くフィリップ・ヴェーザーは、15年以上勤務しているベテランです。


それぞれのクリュが持つ個性を表現するため、発酵は天然酵母。

この手法は昔からずっとトーマスのスタイルとして行なってきたもの。

(場合によっては、その後で選別酵母を添加することもあります)

「昔から続くこの地域のクラシックスタイル、つまりテロワール、軽やかさ、心地良い酸、柔らかい果実味を保ちたい」とトーマスは話しています。


シュロス・リーザー リースリング クーベーアー(白)(SC) ワイン


(文章:佐野 雅子)


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう


商品スペック
タイプ
ヴィンテージ2020
容量750ml
保存静かな冷暗所
生産国ドイツ
生産地モーゼル
生産者シュロス・リーザー
■味わい:やや甘口 ■ぶどう品種:リースリング ■格付け:Q.b.A. ■アルコール度数:11%


佐野屋の定期販売「サケスク」