ワイン・日本酒の専門通販 | 佐野屋 - HappyWine.com -

  1. TOP
  2. ワイン
  3. 新着・ワイン
  4. ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)【夏季クール便推奨】 375ml
 ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)【夏季クール便推奨】 375ml

超お買い得!実質アイスヴァインの格下げ ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)【夏季クール便推奨】 375ml

ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)
ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)
ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)
ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)
ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)
商品番号 wigw0014h00
販売価格 ¥ 2,200 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW



  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)【夏季クール便推奨】

このアイスモント、超お買い得としか言いようがありませんっ!

こちらはもともとアイスヴァインを造ろうと遅くまで畑に残して収穫しましたが、残念ながら規定の最低気温まで下がらずにアウスレーゼに格下げされたワイン。

実質ほぼアイスヴァインです。

輸入元試飲会でのアンケートでは「印象に残ったワイン」1位に選出。

多くのワイン屋が感銘を受けた、お手軽価格の逸品です。


アイスヴァイン(アイスワイン)はご存知のとおり、凍ったぶどうで作るワイン。

ドイツでは「外気温がマイナス7度以下での収穫」という規定。

温暖化で冬季の気温が上がって氷結しなくなれば作れません。

近年の気候変動の影響で造るのが非常に難しくなっている大変貴重なワインです。

また、収穫時期を遅らせるため腐敗や野生動物による食害の恐れもあり、生産者にとってはアイスヴァイン生産は大変リスクの高いものなのです。

同時入荷の「ゾンネンベルク アイスヴァイン」は同じウーデンハイムにあり、このアイスモントの翌日に収穫し最低気温の規定を満たしました。

このアイスモントもあと1日遅かったらアイスヴァインを名乗れたであろうワインです。


極甘口ワインですから、甘さのレベルも重要。

このキルヒベルク、実は2016年はアイスヴァインとして出ています。

2016年アイスヴァインは、残糖143.2g/L、酸度が10.0g/L。

この2018年アイスモント・アウスレーゼは、残糖160.0g/L、酸度が7.5g/L。

実際の味わい的には良年2016年よりさらに甘いのです。

2016年はアイスヴァインですから、アイスヴァインの価格です。

2018年のアウスレーゼ「アイスモント」のお買い得感、お分かりいただけますよね?


収穫は2019年の1月20日の夜から21日の明け方にかけて行われました。

この日はちょうど皆既月食の時で、ドイツでは「アイスモント」と呼ばれるため、ワインにその名が付きました。

収穫した葡萄は一部が凍った状態でプレスされ、発酵はステンレスタンク。

果汁は非常に凝縮されていて、真冬の夜中に収穫した凍った状態の葡萄を低温で発酵させるため、その工程は非常にゆっくりと進みます。


香り、味わいともに、マンゴーやパイナップルを思わせる典型的な甘いトロピカル・フルーツ系。

また、ハチミツ、紅茶やジャスミン茶のような風味も感じます。

とても甘い凝縮した果実味に優しい酸のバランスが心地良く、癒されます。

まさにアイスヴァインのような特別感。

開栓後も長持ちなので、デザート・ワインとして毎日少しずつ楽しむのもお薦めですよ。

残糖160.0g/L 酸度7.5g/L


=====【輸入元資料より】


300年以上続く家系。

15世紀  ウーデンハイムの町の記録にファウスの名前が見られる

1732年 これ以降ファウス家が運営

1920年 アウグスト・ファウス2世が農園とセラーを設立

1958年 ハインツ・ファウスが引き継ぐ

1970年 ボトルでのワイン販売開始

1974年 初めてアイスヴァインを収穫


オーナーのルドルフ・ファウスは、ラインガウのシュロス・ヨハニスベルクで修行をし、またガイゼンハイムのワイン学校でも学びました。

その後、父ハインツとワイン造りを共にしましたが、現在父は引退し彼が引き継いでいます。(ラベルにはハインツの名前が残っています。)

所有する畑は25.5haで75%が白ワイン用品種、25%が赤ワイン用品種。

最も大きな畑はウ デンハイムにあります。

注目すべきはアイスヴァイン以上のクラスで、とてもリーズナブルです。


父の長年の経験がベーレンアウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼ、アイスヴァインの成功に役立っています。ただ、父はリースリングやシルヴァーナーなど伝統的な品種のアイスヴァインを造っていましたが、ルドルフは普通使わない葡萄品種(シャルドネなど)からもアイスヴァインを造ろうとしています。

アイスヴァインだけは、特別に培養した酵母で安定した発酵をさせています。

「1974年に父がアイスワインを造り始め、それ以来(2、3年の例外はあったものの)毎年挑戦してきました。アイスワインを造ることは私たち家族にとって伝統となり、今も挑戦を続けているのです」


何度も調査員が来てアイスヴァイン用の畑の大きさとその葡萄の品質(アイスヴァインとして認められるか)、収穫時の葡萄の状態と収穫予定の面積、収穫された葡萄の収量とその品質、醸造されている途中のワインの量と品質、ボトリングされる予定の量と品質、ボトリングされた後の量などをチェックしていきます。

また、温暖化により、自然条件が厳しくなってきました。=====

ルドルフ・ファウス ウーデンハイマー・キルヒベルク アイスモント リースリング アウスレーゼ(白)【夏季クール便推奨】

(文章:佐野 雅子)


商品スペック
タイプ
ヴィンテージ2018
容量375ml
保存静かな冷暗所
生産国ドイツ
生産地ラインヘッセン
生産者ルドルフ・ファウス
■味わい:極甘口 ■ぶどう品種:リースリング ■格付け:QmPアウスレーゼ ■アルコール度数:7.5%


酒蔵が造る消毒アルコール