ワイン・日本酒の専門通販 | 佐野屋 - HappyWine.com -

  1. TOP
  2. ワイン
  3. 新着・ワイン
  4. ◎アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤) 750ml
 ◎アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤) 750ml

◎アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤) 750ml

アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤)
アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤)
アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤)
アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤)
アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤)
アッツェイ アル・モニカ イゾラ・デイ・ヌラーギ(赤)
商品番号 wiir0079f00
販売価格 ¥ 4,400 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW






    ギフトラッピング

    商品説明

    アッツェイ サーラガト モニカ・ディ・サルデーニャ(赤) ワイン


    《地中海に浮かぶサルデーニャ島が育む個性的なワイン》

     

    ファルネーゼでおなじみ、イタリアのファンティーニ・グループ。

    南イタリアの州とトスカーナでワイン造りをしていますが、今回新たに個性派ワインが登場。

    産地は地中海に浮かぶ美しい島、サルデーニャです。

    まずはそのストーリーからお読みください。


    《長年の思いが結実したプロジェクト》

     

    ファンティーニ・グループの創設者の一人ヴァレンティーノ・ショッティは、社会人になりたての頃、車の販売会社の営業をしていた時にサルデーニャの担当となりました。

    その時にこの土地の風土や文化、そしてワインに魅了されたと言います。

    それ以来、長年にわたりサルデーニャでのプロジェクトに思いを馳せてきました。


    サルデーニャはイタリアとはいっても離島であり、他の州との関係からは離れています。

    文化的にもスペインの影響を色濃く受けているためか、サルデーニャの人々からするとイタリアの他の州は外国のようなもので、閉鎖的な考えを持っていることも多かったそうです。

    そのため、最適な場所を探して人々と信頼関係を築くのには、非常に長い時間がかかりました。


    ファンティーニ・グループは、南イタリアほぼ全州とトスカーナでワイン造りをしていますが、「パズルで例えるとまだ足りていないピースがサルデーニャでした」と語ります。

    サルデーニャは自治州で、イタリアやスペインから遠く、独立した文化や言葉があります。

    ワインについては土着品種があり、またも複数の品種をブレンドすることはめったになく、とてもユニークな特徴があり唯一無二だと感じたことも魅力のひとつです。


    「アッツェイ」はサルデーニャ島の人々の典型的なファミリーネーム。

    サルデーニャの名字は独特なものが多いことから、サルデーニャの特異性をプロジェクトとともに知らせるために名付けています。

    また「アッツェイ」はサルデーニャの言葉で「トップ、上」という意味もあります。


    ファンティーニ・グループは規模は大きいものの、各ワイナリーの仕事はブティックワイナリーのように細かく、品質へのこだわりを誇っています。

    長い年月をかけて最良の畑を探し、この土地の葡萄を熟知している栽培農家と、重量(収穫量)単位ではなく畑面積単位で契約。これにより収量制限で品質を高めることが出来、また農家は安定収入を得ることが出来ます。

    醸造はファンティーニ・グループのチーフ・ワインメーカーが統括責任者を務め、地元出身の経験豊かな醸造家2名がワイナリーに常駐。


    《樹齢60-80年のモニカ主体で造りあげたトップ・キュヴェ》

     

    「アル」とは畑の名前で、サルデーニャの名字のひとつでもあります。

    ラベルは、歴史的な建築物ヌラーゲに使われている石で、金色でトップ・キュヴェを表現。

    ヌラーゲは大きな石を組んで作る建物で4000年前に造られたと言われ、敵から身を守るための要塞として使われていたとされています。

    「イゾラ・デイ・ヌラーギ」とは「ヌラーギの島」という意味です。


    最初にリサーチのためにこの土地を訪れた際、非常に樹齢の古いモニカが植えられているこの畑に魅了されました。

    下層土は石灰岩、表土は砂質で非常に水はけがよい土壌。

    一部の畑は、死火山のモンテ・アルチに由来する黒曜石が多く含まれています。

    通常よりも収穫時期を遅らせ、わずかに過熟になった葡萄を選別しながら手摘みで収穫。


    《華やかな個性派でジビエを楽しむも良し》

     

    こちらは、愛らしい印象のサーラガト・モニカと同じ品種とは思えません。

    飲み慣れた人をも魅了する凝縮感と存在感、そして品種の珍しさで取り扱い即決の逸品。


    特筆すべき鮮やかで美しい赤紫色。

    黒く熟したプラムのような濃厚な果実香に加え、タバコ葉を思わせる香りやスパイシー感も。

    味わいもアタックからガツンとくる凝縮感。濃いです。

    完熟の黒系ベリーを潰してエスプレッソを混ぜたような感じ。果実の甘みとほろ苦さ。

    いかにも南方系ではありますが、濃さの中に複雑味や深みを感じます。

    タンニン量は充分あるはずなのに、とても滑らかでしなやか。酸はやや低め。

    全体的にベルベットのような暖かくて毛足の長い柔らかな布のイメージ。


    輸入元ではマリアージュ候補として鹿肉のローストを挙げています。

    ジビエを楽しめるレストランに持ち込みたい、確かにそんな1本。

    ご家庭なら、脂肪分が低いヒレ・ステーキがお薦め。シンプルな味付けでレア気味に。

    牛肉そのものの美味しさと濃厚なこのワイン。これ、絶対美味しいです。

    華やかな個性派なので、ワイン単体でも充分に楽しめますよ。

    ワイン好きな方へのギフトにも、この珍しさも喜ばれると思います。

    熟成:フレンチオークの樽で約6ヶ月。

    アッツェイ サーラガト モニカ・ディ・サルデーニャ(赤) ワイン


    (文章:佐野 雅子)


    佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう


    商品スペック
    タイプ
    ヴィンテージ2020
    容量750ml
    保存静かな冷暗所
    生産国イタリア
    生産地サルデーニャ島
    生産者アッツェイ
    ■味わい:フルボディ ■ぶどう品種:モニカ85% カンノナウ10% ボヴァレ5% ■格付け:I.G.T. ■アルコール度数:14%