ワイン・日本酒の専門通販 | 佐野屋 - HappyWine.com -

  1. TOP
  2. ワイン
  3. 新着・ワイン
  4. ◎シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン レス シュペトレーゼ(白) 750ml
 ◎シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン レス シュペトレーゼ(白) 750ml

◎シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン レス シュペトレーゼ(白) 750ml

シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン レス シュペトレーゼ(白)
シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン レス シュペトレーゼ(白)
シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン レス シュペトレーゼ(白)
シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン レス シュペトレーゼ(白)
シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン レス シュペトレーゼ(白)
商品番号 wigw0024f00
販売価格 ¥ 2,980 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW






    ギフトラッピング

    商品説明

    ゲオルグ・アルブレヒト・シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン・レス シュペトレーゼ(白) ワイン


    《「ラインフロントの復活」を実証する造り手!》

     

    実はこちらのワイナリー、店主まーちゃんは2001年、先代の時に訪れております。

    「ドイツ モーゼル・ラインを、店主まーちゃんがゆく...その3」→

    ついこの間のことのように思い出せるんですけどね・・。時の流れの速いことよ・・。

    久しぶりに当時のご当主夫妻の写真を拝見したら、いい感じに年を重ねていらっしゃる・・。

    同じだけ私も年取ってるんだよなぁ・・と感傷に浸ることしばし・・。

    現在はお嬢さん夫妻がワイナリーを運営しているとのこと。


    輸入元が取り扱いを再開したので、当店でも皆様に是非ご紹介したいと思います。

    まずは、輸入元(株式会社稲葉さん)からのご案内をどうぞ。

    ==弊社では、先代の時代に彼らのワインを輸入していました。彼らの世代交代を受け、新しく醸造設備が刷新されたこともあり、もう一度ワインを試したところその品質向上に驚かされました。こうして彼らのワインの輸入を数年ぶりに再開することになりました。

    奇しくも、ヒュー・ジョンソンとジャンシス・ロビンソンの共著である「ザ・ワールド・アトラス・オブ・ワイン」の第8版で、「ラインフロントの復活」と評されており、注目を集めるエリアでもあります。かつて名声を誇っていたラインヘッセンのラインフロント(ライン川に面する地域)のワインは、大量生産のワインによってその栄光を失っていましたが、現在では名声を取り戻したと言えます。==


    《明るさとエレガントさを兼ね備えた美ワイン》

     

    こちらは単一畑「ローゼンベルク」からのヴァイサー・ブルグンダー=ピノ・ブラン。

    明るさとエレガントさを兼ね備え、シュペトレーゼらしい貫禄と上質感あり。

    一口飲んで採用即決した美味しさ。

    トロッケン(辛口)の表示ではありますが、甘やかなニュアンスもあり飲みやすいです。


    薄い黄色。

    洋梨のような果実香に加え、心地良いヴァニラのニュアンスも。

    アタックから厚みあり。

    きれいに熟した甘い洋梨を思わせる凝縮した果実味。

    それに加え、500l樽10ヶ月熟成による柔らかな甘みや深みにふくよかさも感じます。

    綺麗な澱と寝かせることによりワインにしっかりした骨格が生まれています。

    まろやかな酸が甘みの要素をうまく引き締めているので、濃さがクドさになっていません。

    とてもバランスが良く、まるで程良い樽感のあるシャルドネのような印象を持ちます。

    甘酸っぱさとまろやかさに、無性にチキン南蛮が食べたくなりました。

    チキンステーキやポークステーキなどにも合わせて楽しめる程良いボディも魅力の1本です。

    2019年VT 残留糖度:6.8g/L 酸度:6.3g/L


    《200年超の歴史に新しいページを加えて前進》

     

    1806年にラインフロントのニアシュタイン村に設立された長い歴史を持つワイングート。

    「赤い斜面」を指す「ローターハング」に広がる最高の畑「ヒッピング」を含む15haを所有。

    過去40年にわたり8代目のアルブレヒト・シュナイダーがワイン造りを行い、現在は9代目として長女ウルスラとその夫のシュテファンが9代目としてワイナリーを引き継いでいます。(ウルスラの両親である先代も一緒に働いています。)

    シュテファンは「ワイングート・ミュラー」を所有しワイン造りもしていましたが、2015年に2つのワイングートを統合。「シュナイダー・ミュラー」としてスタートしています。


    《多彩な土壌とこだわりの栽培・醸造》

     

    畑はニアシュタイン村を囲むように広がっており、全て自家畑、合計15ha。

    ニアシュタイン最高の畑とされる「ヒッピング」を筆頭に、「エルベルク」「ペッテンタール」「オルベル」等の銘醸畑を所有。葡萄の樹齢は新しいものは2年、古いものは約60年。定期的に植え替えを行っており、平均樹齢は20 25年。

    また樹齢の古いリースリングやシルヴァーナーなどは、特に慎重に手入れを行います。

    畑の畝の間には草を生やしていますが、葡萄樹の根元には草が無い状態にして、栄養分や水分が直接葡萄に供給されるようにしています。また、畑の土を乾燥から防ぐため、畑に藁を撒いています。品質を高めるため、芽掻きを行い、未熟果や不要な枝を取り除きグリーンハーベストを行います。


    収穫は手摘みと機械摘みの両方。急斜面の畑は機械を入れることが出来ないため、100%手摘みで収穫。

    また機械で収穫を行う場合は、収穫の本番が始まる前に畑に入り、人の手で選別を行い、良い葡萄だけを残します。

    その後、早朝まだ気温が低い間に機械で一気に収穫。

    機械収穫の利点は、早朝の涼しい気温の中、葡萄の熟度に合わせベストのタイミングで短い時間で収穫が出来ること。

    ラーゲンワイン(畑名付きワイン)は天然酵母。

    ほとんどのワインはステンレスタンク発酵で、一部のラーゲンワインは樽発酵、樽熟成。

    発酵は温度をコントロールしながら行い、毎日試飲をして、エクスレ度を測定。

    熟成は、ほとんどの白ワインはステンレスタンクで2-3ヶ月、赤ワインは最長で18ヶ月。

    ゲオルグ・アルブレヒト・シュナイダー ローゼンベルク ヴァイサーブルグンダー フォン・レス シュペトレーゼ(白) ワイン


    (文章:佐野 雅子)


    佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう


    商品スペック
    タイプ
    ヴィンテージ2019
    容量750ml
    保存静かな冷暗所
    生産国ドイツ
    生産地ラインヘッセン
    生産者ゲオルグ・アルブレヒト・シュナイダー
    ■味わい:辛口 ■ぶどう品種:ヴァイサーブルグンダー ■格付け:シュペトレーゼ ■アルコール度数:12.5%