ワイン・日本酒の専門通販 | 佐野屋 - HappyWine.com -

  1. TOP
  2. ワイン
  3. フランス
  4. 【飲み頃】シャトー・ド・モンフォーコン バロン・ルイ 2012(赤) 750ml
  1. TOP
  2. ワイン
  3. (赤)全体バランス良し
  4. 【飲み頃】シャトー・ド・モンフォーコン バロン・ルイ 2012(赤) 750ml
 【飲み頃】シャトー・ド・モンフォーコン バロン・ルイ 2012(赤) 750ml

垂直試飲が楽しめる!サクラアワード・ゴールドの2012年! 【飲み頃】シャトー・ド・モンフォーコン バロン・ルイ 2012(赤) 750ml

商品番号 wifr0005f00
販売価格 ¥ 3,168 税込
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。




  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

シャトー・ド・モンフォーコン バロン・ルイ


秋冬に飲みたくなるワイン、それはずばり、熟成酒!

若いワインのフレッシュな美味しさももちろんあるのですが、熟成酒には熟成酒だけが持つ深みがあります。


というわけで、今回お試し頂きたいのがこちら。

シャトー・ド・モンフォーコン バロン・ルイ。

ローヌ・リラックの生産者の赤で、今なら、5ヴィンテージも揃ってるんです!

お手頃な価格なので、飲み比べホームパーティーも楽しいですよ!


輸入元の試飲会で行われた垂直試飲(同じワインをヴィンテージ別に試飲)企画。

もちろん、店主まーちゃんも嬉々として参加!

どれもそれぞれ個性があり、とても面白い飲み比べでした。

それぞれの会場でワイン・飲食のプロが試飲した人気投票(下の表)もご参考に。


まーちゃん的No.1は2010年、No.2は2015年でした

2010年は、まろやかな果実味やタンニン、奥深さや重厚感があり、さすがの味わい。

サクラアワード2019年でゴールドを受賞しています。

2015年は、強さと躍動感のあるしっかり果実味。がっつりお肉が食べたくなりました。

もちろん、他のヴィンテージも良品ばかり。

この機会に「垂直試飲」を楽しんでみては?

(2011年は既に輸入元完売となっております)


=2012年VT===============================================

複雑なアロマに深みのあるリッチな味わい。

黒い果実にリコリスや甘いスパイスの香り。複雑さと長い余韻。

畑:粘土質を含むシルト砂質土壌に石灰岩の小石。

栽培・収穫:古樹(最高95年)より収穫。収量35hl/ha以下。サステイナブル農法。手摘み。

醸造:除梗後、7日間の発酵、全体で14日間の果皮浸漬。いくつかの品種は混醸。

熟成:70%を1-5年樽で18ヶ月の熟成。全体で21ヶ月の熟成後に瓶詰め。

=======================================================


=====【輸入元資料より】


ローヌ川のほとり、リラックにそびえる11世紀建造のモンフォーコン城。

その城主パンス伯爵の息子ロドルフがオーナーです。

彼はフランス国内やカルフォルニア大学デーヴィス校でワインを学び、バロッサのヘンチキやシャトー・ヌフ・デュ・パプのヴュー・テレグラフで修業。

1936年から途絶えていたシャトーでのワイン造りを見事に復活させました。

1995年の初ヴィンテージ以来そのワインは高く評価され、毎年数々の栄誉を受けています。


リラックのテロワールの可能性を信じる彼は、樹齢が高く最良の区画を探し求め、畑は現在60haまでに拡大。2015年からはACリラックの委員長を務めています。

シャトーでは、ブドウ栽培からワイン醸造まで自然なアプローチを大切にしています。

畑で生態系のバランスが取れるよう、基本的にはオーガニック農法と同様の手入れをしています。

殺虫剤不使用、有機肥料(羊の糞とブドウ搾りかすの堆肥)使用

雑草を生やし、その成長速度に合わせ定期的な刈り取り。必要に応じて耕作。

土壌をできる限り自然なまま保ち、低収量を維持する方法です。

ブドウの平均樹齢は50年以上。収穫も丁寧に手摘みで行います。


ロドルフが造るのは、フレッシュさとエレガントさを追求した、上品で凝縮感があるワイン

それぞれの品種の個性を生かし、ブレンドの妙ともいえる実に見事な仕上がり。

新樽を使わず、緻密できめ細かい優しいワイン造りをしています。


また、ロドルフはご先祖の偉業に敬意を表し、キュヴェにその名を冠しています。

モンフォーコン城は16世紀の宗教戦争で一部壊されましたが、ルイ男爵が1880年代に見事な城へ修復・増築しました。

上級キュヴェ「バロン・ルイ」は彼への想いが込められています。

また、ルイ男爵とその父はワイン愛好家でもあり、領地で造ったワインをパリで販売していました。180年の時を超え、1829年当時のラベル「Vin de Monsieur le Baron de Montfaucon」が偶然発見され、そこからインスパイアされたスペシャルキュヴェが誕生しました。

20世紀になり、子供のいなかったルイの跡を継いだのは姪のマドレーヌでした。

彼女は結婚してパンス伯爵夫人となり、城を守り続けました。

「コンテス・マドレーヌ」は、ロドルフの祖母である彼女に捧げられています。


そして現在、ロドルフは2018年にワインスペクテーター誌のSmart Buys(毎年コスパの高いワインを造り続けている60名の生産者)としても選ばれ、その実力が認められています。=====


シャトー・ド・モンフォーコン バロン・ルイ

シャトー・ド・モンフォーコン バロン・ルイ


(文章:佐野 雅子)


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう


商品スペック
タイプ
ヴィンテージ2012
容量750ml
保存静かな冷暗所
生産国フランス
生産地ローヌ地方
生産者シャトー・ド・モンフォーコン
■味わい:ミディアム~フルボディ ■ぶどう品種:グルナッシュ55% シラー15% サンソー15% カリニャン10% ムールヴェドル5% ■格付け:AP(AOC)リラック ■アルコール度数:14.5%


佐野屋の定期販売「サケスク」