商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

お電話、FAXでのご注文

お電話でのご注文

フリーダイヤル:0120-464-135

業者様用:072-840-2920

月〜金曜日 10:00〜18:00

FAXでのご注文

FAX:072-890-2233

酒蔵訪問ブログ 店主 佐野吾郎

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

【箱入】梵 究極の純米大吟醸 中取り 団 磨き二割 1800ml

【箱入】梵 究極の純米大吟醸 中取り 団 磨き二割 1800ml

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

フラッグシップ超吟と同じ、精米歩合20%の純米大吟醸!

【箱入】梵 究極の純米大吟醸 中取り 団 磨き二割 1800ml

1800ml  価格 12,000円 (税込 12,960円)


欲しいものリストに加えるこの商品について問い合わせる

商品番号
SakeD1000_1800
製造元
加藤吉平商店(福井県)
特定名称
純米大吟醸酒
保存
静かな冷暗所
配送
普通便 クール便希望の方はこちら
生/火入れ
火入れ酒(加熱処理有り)
メーカーサイト
http://www.born.co.jp/

■甘辛:辛口 ■原材料:米・米麹 ■原料米:兵庫県特A地区(口吉川) 特上山田錦 ■精米歩合:20% ■アルコール度数:17度 ■日本酒度:+3.0 ■酸度:非公開

 

【箱入】梵 究極の純米大吟醸 中取り 団 磨き二割 1800ml

商品紹介

今では、年末年始恒例品といえる「団」。

佐野屋では12月だけで100本を超えるご注文を戴いています。

普段はお手頃な純米酒クラスのお酒を飲まれている方も、年末・お正月には「団」を購入される、という方も多いです。

正直、とても美味しいお酒です。

正しく発酵された事が伺える上品な味わい。

日本酒の味は分からない、という方でも「団」を飲んで頂ければ美味しいということがお分かり頂けるはずです。

精米歩合が20%という超高精白の純米大吟醸酒です。

現在、梵の全商品の中でも「超吟」と並び、最も高精白のお米で醸されたお酒です。

1800mlで12000円という価格がついた他の商品と比べても、精米歩合20%の「団」のハイスペックぶりは目に見えて明らかです!


《団の楽しみ方について》

一般的に高精米された原料米で造られた純米大吟醸酒のようなお酒は「冷酒」で飲んで美味しいお酒が大半です。

しかし「団」は違います。

もちろん、冷酒で飲んで頂いても美味しいお酒です。

しかし、燗酒にすると更に素晴らしいお酒に変身します!

燗上がりする純米大吟醸です。

日本酒を販売しておりますと、1升瓶で10000円クラスのお酒で、燗酒で楽しめるお酒を探している方が結構多いことに気が付きます。

しかし市場に現存する日本酒の中で、そのニーズを満たす酒というのは正直な所、そう簡単に見付かりません。

団は「洗練された上品な旨味」を表現したお酒です。上品でありながらも味が濃く、幅が広いお酒を目指して造られました。

精米歩合20%のお米で仕込み、2年間寝かせた結果、お燗にして飲んで美味しくなるお酒に仕上がりました。

もちろん冷酒でも美味しいお酒です。高精白を感じられる上品で洗練された味わいが楽しめます。

また、様々な御料理との相性も良く、日本料理の懐石、西洋料理のフレンチやイタリアンなどとの組み合わせもバッチリ。地元福井の冬の王様「越前ガニ」と組み合わせも、至福のひとときを楽しめます。

ラベルに大きく書かれた「団」という文字は蔵元の直筆です。蔵元が納得のいくまで何度も「団」を書き直し、力強く迫力のある「団」という文字が書かれました。

正に団の文字が表す通りの迫力のあるお酒です。

商品レビュー お客様のテイスティングレポート!

保呂草様

値段相応の,間違いのない極上酒。

熱燗にすると,昔ながらのドロッとした大吟醸が楽しめる。
これに関しては,好み。

昨今のスッキリとした大吟醸だけを飲んできた層には
あまり受け入れられないかも知れない。

熱燗が好きな人は熱燗で,そうでない人は冷やで,
万人が楽しめる酒であることは間違いない。

M様

本当に言葉はいらない、百聞は一見に如かずの日本酒さんです。
普段使いは少々難しいけれど、お祝いの宴席にまさにぴったりな最高の一品です。

梵の団様

透き通った静寂を漂わせる蜂蜜・琥珀色の酒の水面が否応なしにこの団の出来の良さを伝えてくれる。

口に含み舌の上で転がし空気を運んでやると、


黄桃・カリン・清見と言った柑橘系の心地よい芳香と桜・蘭と言った清純な花の芳香が重なり合い

鼻腔を豊潤な香りで満たしてくれる。綿菓子の今にも蕩けそうな優しい透き通るような甘み、

貴腐ブドウを凍らせたアイスワインのような風味が舌の味覚細胞をまったりと包み込み、

その旨味・コクを飲み手に気取らず気負いもなく、

ただ無の境地のごとくゆっくりと余裕を持ちながら教えてくれる。

酒の極致と言って良い20%精米の凄味と杜氏達の魂の気迫を、

さりげなく感じさせてくれて、うれしさで一杯になった。

本当に良い酒は、限りなく水に近づくと言いますが、この団で・・私はその事を知りました。

梵の団様

まさに・・・聖酒・神酒!!・・・という印象を持ちます。

20%精米で、美味しい・旨い部分だけをギュッと凝縮した酒・・・酒の極致ですね! 


仙人は霞を食って生きると言いますが、私は団を飲んで生きる・・・

そう言いたい酒です。

もし、私が大金持ちだったら・・・酒は団だけで良い・・・

と言うでしょうね☆

梵の団様

皆さんは、学生時代に、スポーツ等々をやって、たっぷりと汗をかき、喉がカラカラになって飲んだ水のことを覚えていますか?すごくおいしかった・うまかったと記憶しているはずです。ただの水ですが、そこに美味さ・体を満たしてくれる充足感と言ったものが不思議なんですが、あるんですよね。

この団には、そういう学生時代の喉の渇きをいやしてくれた水の感覚が備わっているのです。本当に美味い酒は、限りなく水に近づくと言いますが、団にはそれがあります。

人間の五感を十分満たしてくれる最上の酒です。この酒については、言葉で説明する必要はありません。飲めばわかる!!  これだけです。

加藤吉平商店 商品一覧へ戻る

あわせて買いたい

TOP