商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

お電話、FAXでのご注文

お電話でのご注文

フリーダイヤル:0120-464-135

業者様用:072-840-2920

月〜金曜日 10:00〜18:00

FAXでのご注文

FAX:072-890-2233

酒蔵訪問ブログ 店主 佐野吾郎

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

◇喜久盛 純米原酒 ビクトル投げからの膝十字固め 29BY 1800ml

◇喜久盛 純米原酒 ビクトル投げからの膝十字固め 29BY 1800ml

※商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

喜久盛ファンは必ずgetして!!今回のビクトルはオリの量がにごり級!

◇喜久盛 純米原酒 ビクトル投げからの膝十字固め 29BY 1800ml

1800ml  価格 3,000円 (税込 3,240円)


欲しいものリストに加えるこの商品について問い合わせる

商品番号
Sake7104_1800
製造元
喜久盛酒造(岩手県)
特定名称
純米酒
保存
静かな冷暗所
配送
普通便 クール便希望の方はこちら
生/火入れ
生酒(加熱処理無し)
メーカーサイト
http://kikuzakari.jp/

■甘辛:辛口 ■原材料:米・米麹 ■原料米:岩手県産ひとめぼれ ■精米歩合:55% ■アルコール度数:16.5度 ■日本酒度:+13.0 ■酸度:1.9

 

◇喜久盛 純米原酒 ビクトル投げからの膝十字固め 29BY 1800ml

商品紹介

タクシードライバー 喜久盛 藤村卓也

《何!?この名前!?》


「ビクトル投げからの膝十字固め」


まあ、これだけを聞いてお酒の名前だとは思わないですよね。

「ビクトル投げからの膝十字固め」は格闘家、藤村卓也の得意技なんです!


プロレスに興味を持たれた藤村さんは高校時代、レスリング部に所属。

1990年、第17回東北総合体育大会レスリング競技、グレコローマンスタイル54kg級で準優勝。

1999年には、総合格闘技「RINGS」アマチュアリングストーナメント60kg級で準優勝。

グラップリング-Bでは、第2回全日本選手権オープントーナメント60kg級で優勝。

第12回アマチュアコンプリートファイティングトーナメントライト級で優勝。

アマチュアパンクラス第1回オープントーナメント60kg級で3位。

などなど輝かしい成績を収められました。


そんな藤村さんの得意技「ビクトル投げからの膝十字固め」ですが、この技の使い手として有名なのはロシアの総合格闘家、アンドレイ・コピィロフという人。

1999年に行われた「RINGS KING OF KINGS 1999」の1回戦で、対戦相手の世界柔術ヘビー級王者だったカステロ・ブランコを試合開始16秒で一本勝ち!

その時の技が「ビクトル投げからの膝十字固め」

藤村さんは高校時代、サンボの教則本を読んで自己流でビクトル投げをされていたのだとか。

その後、サンボを習い、「和術慧舟會」に所属し、総合格闘技に移行してからは、この技で一本勝ちを収められたこともあったそうです。


より詳しいことが知りたい方はインターネットで検索、若しくはお酒のイベントで藤村さんから直接聞いて下さい。

あと、ラベルのスキンヘッドのおっちゃんが誰なのかはご想像にお任せします(笑)

まー、ラベルの方がもしこのお酒のことに気が付いたとしても多分何も言ってこないと思いますが。

「タクシードライバー」も然り、ギリギリの線を突いて来る所が、蔵元の藤村さんの危なっかしいというか、ヒヤヒヤさせてくれるというか、面白い所でもあります。

そろそろお酒の話に持って行かないと(笑)


このお酒「ビクトル投げからの膝十字固め」ですが、商品名とお酒に関連性は特にありません。

とあるお酒のイベントで、主催者が藤村さんの話を元に考案、リリースされたことがあるのですが、今回は中身のお酒が全く違います。


「ビクトル投げからの膝十字固め」は、お米はひとめぼれで精米歩合は55%。

酵母はゆうこの想い。

ということで、「鬼剣舞の特別純米」とスペック上は同じです。


実はこれまでと大きく違うのは製法。

今回はおりがらみと言うよりは立派なにごりです。

私、辛口をうたったにごりがあまり好きではありません。

それは、甘味を削いでしまうとバランスが取り辛く、苦味や渋味が出てしまうからです。

同様の話を藤村さんにもしたのですが、私が指摘するまでも無く、きちんと工夫されていました。

オリの量を増やすことで辛口でありながらにごり酒らしい円みが出されていて実に飲みやすい。

今回の製法は高橋杜氏の発案で実現したそうです。


お酒は飲み物です。

もちろん、味は大事。

ですが、食い付きという意味ではラベルや商品名も大切です。

そのことが改めてよく分かりました。


さあ、毎回大人気のビクトル投げ!

絶対getして下さいよ!


(文章:金巻 忍)


八千代切子


商品レビュー お客様のテイスティングレポート!

まだ投稿はありません。ぜひ、商品のご感想をお寄せ下さい!

喜久盛酒造 商品一覧へ戻る

あわせて買いたい

TOP