作 日本酒

「作」 今、もっとも注目されている酒!

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限 秋田県酒造協同組合

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
宮津駅に到着しました。
こちらは「白杉酒造」の最寄り駅ではありません。
蔵へ伺う前の腹ごしらえ。
私、丹後に来たら必ず立ち寄るお気に入りのお店がありまして。
今日はボスを案内することにしました。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
取材当日は平日だったのにも関わらずスゴい人!
確かに人気のお店ではあるのですが私もビックリ!
とりあえずお店の前に移動します。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
到着しました。
とんだ屋さんです。
何とお店の前にウェイティングリストが置かれていました。
名前と人数を書き込んで待つことに。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
約30分程待ち、ようやく店内へ。
とんだ屋さんは丹後の地魚が味わえるお店。
ボスは大好物のお刺身定食を注文。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
お刺身定食と一緒におこぜのお造りも頼んでいました。
頭と骨を素揚げにして下さっていたのでバリバリ食べられます。
淡泊な中にも甘味があってとても美味しかったです。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
腹ごしらえを終えていよいよ「白杉酒造」へ移動。
こちらは宮津駅のホームでの1枚。
奥に停まっているレトロな車輌はMF200形。
沿線の大江山に伝わる鬼伝説にちなんで200形は赤鬼をイメージしたカラーリングです。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
こちらは「白杉酒造」から歩いて5分くらいの所にある大宮売神社(おおみやめじんじゃ)です。
大宮売神社には織物と酒造を司る大宮売神(おおみやめのかみ)、食物と穀物を司る女神、若宮売神(わかみやめのかみ)が祀られています。
では、今から参拝します。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
まずは手水舎で手を清めます。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
いよいよ参拝です。
「白杉酒造」の発展をお祈りして来ました。
地元の銘酒「白木久」が奉納されていました。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
こちらは大宮売神社の隣にある瑠璃山浄名庵(るりさんじょうみょうあん)です。
地元では周枳(すき)の薬師さんと呼ばれています。
薬師像が祀られているのですが撮影は自重致しました。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
京丹後市のお隣、宮津市に移動。
こちらは智恩寺です。
智恩寺には三人寄れば文殊の智恵でお馴染み、文殊堂があります。

白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
船着場の近くには知恵の輪があります。
知恵の輪を3回くぐると頭が良くなると昔から言われていますね。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
さあ、天橋立(あまのはしだて)を見るべく、天橋立ビューランドに行って来ます。
上まではモノレールかリフトに乗っての移動です。
今回はリフトを選択しました。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
天橋立ビューランドに到着しました。
ご覧下さい!
これが日本三景として名高い天橋立です。
実に美しい!


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
今、歩いているのは元はジェットコースターがあった所です。
まるで空を散歩しているみたいですよね。
こちらからも天橋立を臨むことが出来ます。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
天橋立の景色を満喫しましたのでリフトで戻ります。
高所恐怖症の方には少し辛いかも知れませんね。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
絶景を満喫した後はお昼ご飯。
営業の岸田さんオススメのお店にやって来ました。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
店頭には色々な干物が並べられていました。
一際目を引いたのが幻魚(げんげ)
富山県が特に有名なのですが、プルンプルンのお魚です。
コラーゲンの塊なんですが、干物でも美味しく食べられます。
私は生の幻魚をお味噌汁やお鍋で食べるのが好きだとお店の方に話したところ、とても驚かれました。
この辺りでは干物にするのが一般的なようですね。
あのプルンプルンも美味しいのになぁ。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
幻魚以外にもカレイや鯵、ホタルイカなど色々な干物が販売されていました。
では、食堂に移動します。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
ドドン!
本日のお昼ご飯は海鮮丼!
丹後と言えばお魚ですよね。
昨日からお魚、しかもお刺身ばかり食べています。
たまりません♪


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
宮津市から伊根町に移動。
こちらが漁村としては全国初!
国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けた舟屋です。
1階部分に船を停めることが出来、2階が住まいという形態。
穏やかな海、舟屋、とても美しい風景です。


白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi
今回は3月29日、30日の取材でした。
取材前日まではまだまだ肌寒かったのですが、この日は冬の装いですと少し汗ばむ程の陽気。
この日、一気に桜が開花しました。


佐野吾郎の酒蔵訪問記「京都府 白杉酒造」観光編

白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi 酒蔵写真集

白木久 (しらきく) 白杉酒造 (しらすぎしゅぞう) 銀シャリ shirasugi 商品一覧へ

TOP