作 日本酒

「作」 今、もっとも注目されている酒!

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限 秋田県酒造協同組合

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

都美人 みやこびじん 都美人酒造
今回の訪問先は兵庫県南あわじ市の「都美人酒造」。
代表銘柄は「都美人」です。
蔵の前の看板の横でパシャリ!


都美人 みやこびじん 都美人酒造
奥に長く続く蔵の敷地。
お酒を搾る槽場(ふなば)の前には何と消防車が!
良い味を出していると思うのですが、そろそろ撤去を考えていらっしゃるそうです。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
それでは蔵の内部へ。
甑(こしき)でお米が蒸されています。
甑布がプーッと膨れていますね。
もうそろそろ蒸し上がります。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
ご覧下さい。
こちらの甑には竹が巻かれています。
これは結露を防止する為に巻かれています。
結露で甑に触れた蒸し米がベチャベチャにならない為の対策です。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
お米が蒸し上がりました。
甑布が取り払われます。
階段も設置されました。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
蒸し上がったお米をシャベルで掬っています。
私も何度か経験があるのですが、これがなかなかの重労働なんです。
しかもメガネを掛けていると曇るんですよね。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
シャベルで掬い取ったお米を今度は布に移し変えます。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
布で包んだお米をダッシュで運びます。
ちなみにこの蒸し米は麹米ですので、隣の麹室に運ばれます。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
こちらが都美人酒造の特長の1つと言って良い、巨大な麹室!
前の蔵で麹造りを担当されていた山内杜氏のこだわりが凝縮された麹室です。
山内杜氏が設計から関わられています。
何と、ご自身で図面まで引かれたのだとか。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
麹室に運ばれたお米を手早く均一に広げて行きます。
これが引き込みの作業です。
今回は大吟醸用の麹米です。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
こちらは酒母室です。
お酒の元となる酒母を仕込む部屋です。
酒母タンクに蒸し米を投入しています。

都美人 みやこびじん 都美人酒造
こちらが酒母タンクの中です。
投入された蒸し米が見えていますね。
お酒はいきなり大きいタンクでは仕込みません。
まずは、小さいタンクで酒母を仕込み、酵母を増やします。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
酒母タンクがズラリ。
手前が速醸。
奥が都美人の顔、山廃です。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
酒母の仕込みが終わり、機材を洗浄されています。
酒造りにおいて清掃はとても重要な作業です。
お酒を造っている微生物にとって働きやすい環境を整えるのが人間の最大の仕事。
ちなみに、今、洗っていらっしゃるのは暖気樽(だきだる)です。
酒母の温度を上げ、糖化を促進させる為に、樽の中に65度程度のお湯を入れて使用します。
湯たんぽのような物です。


都美人 みやこびじん 都美人酒造 山内杜氏
酒母はこのように毎日分析してデータを取られます。
酒母の分析は分析室では無くて、こちらの酒母室の端のスペースで行われています。
こちらの方が山内邦弘(やまうちくにひろ)杜氏です。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
掛け米はこのようにクレーンで吊って放冷機に投入されます。
今はこのようにクレーンで吊って移動させる蔵が増えました。
もちろん今でもシャベルで掘っている蔵はあります。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
クレーンで吊って放冷機に投入された蒸し米はベルトコンベアーで運ばれて行きます。
その間に粗熱が取られ、ほぐされて出て来ます。


都美人 みやこびじん 都美人酒造 山内杜氏
放冷機を通過した蒸し米はエアシューターで仕込みタンクに運ばれます。
途中、このように何度も櫂入れをして全体を混ぜます。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
今回は醪(もろみ)を搾る、上槽(じょうそう)にも立ち会うことが出来ました。
今回搾られていたのは普通酒です。
搾り始められたばかりなので、撮影時はまだお酒は出て来ておりませんでした。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
再び麹室に戻って参りました。
山内杜氏がワンカップに何かを入れてますね。
カップを上からガーゼで覆い、輪ゴムで止めて。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
カップの中身はモヤシ(種麹)でした。
種切りです。
引き込んだ蒸し米に種麹を振り掛ける作業です。
麹室に入ること自体、とても緊張するのですが、今回はご好意で大吟醸の種切りに立ち合わせて頂いたんです。
この作業が約40分続くのですが、途中の出入りは当然禁止。
途中、何度かジッとしていなければいけない時間があるのです。
人が動くと気流が変わるからです。
緊張感がヒシヒシと伝わって来ます。
(ホント緊張しました…。)


都美人 みやこびじん 都美人酒造
先に仕込まれていた大吟醸の麹を見せて頂きました。
まずは手に取って香りと味の確認。
ほのかに栗のような香りがあり、甘味を感じます。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
麹の状態をより良く見る為に部屋の明かりを消して。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
麹の下からライトを当てると、このように麹米の一部が黒く映っています。
このお米の黒い部分に麹菌が繁殖しています。
この状態を破精(はぜ)と言い、ご覧のように破精込みがまばらな状態の麹を突破精(つきはぜ)と言います。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
こちらは蔵の中にある「無限庵」です。
今回はこちらの部屋を商談やインタビューに使用させて頂きました。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
都美人グッズや新聞記事等も掲載されています。
蔵見学に来られた方の試飲スペースとしても用いられているようです。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
都美人酒造で使用されているお米も展示されていました。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
さてここからは洗米の作業です。
洗米は第二の精米と言われる程、とても重要です。
皆様、ストップウォッチをジッと見詰めてスタートを待っています。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
今回の洗米はバッチ式と言って、10kg毎に洗米した後、浸漬します。
まずはこの洗米機でお米を洗います。
この機械はウッドソン製で、現在、多くの酒蔵で採用されています。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
洗い終わったお米に水を吸わせた後、脱水機で余分な水分を取り除きます。
浸漬や脱水も全てストップウォッチで管理されています。
そうすることで、お米の吸水量を一定にします。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
洗米、浸漬が終わったお米はこちらに集められます。
このお米を翌日に蒸します。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
ご覧下さい!
この巨大な棒!
これが天秤搾りです!
都美人酒造では一部の醪(もろみ)をご覧のような特殊な槽(ふね)で搾ります。
醪を詰めた酒袋を槽に敷き詰め、天秤棒で加圧しながら搾ります。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
さて、夜はお楽しみの懇親会!
木村SHOKUDOさんにやって来ました!
では、中へ。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
大吟醸の仕込みがある大変な時期にも関わらず、山内杜氏にもご同席頂きました。
まずは乾杯のシーンから撮影。
乾杯のお酒は山廃純米大吟醸です!


都美人 みやこびじん 都美人酒造
山内杜氏は温和な雰囲気の方なのですが、お酒の話になるととても情熱的!
時間の許す限り、熱い話を聞かせて頂きました。


都美人 みやこびじん 都美人酒造
こちらの蒸し穴子と活性にごりがピッタリ♪
他にも淡路島産の食材を中心に都美人と合わせて楽しみました。
淡路島の食材に都美人は欠かせません!


都美人 みやこびじん 都美人酒造 酒蔵写真集 観光篇へ

都美人 みやこびじん 都美人酒造 商品一覧へ

TOP