酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
今回ご紹介するのは秋田県を代表するお酒「まんさくの花」を醸す、日の丸醸造さんです。
蔵は秋田県横手市の市街地から少し離れた増田町にあります。
取材当日は雪が降ったり止んだりの空模様。
今年の雪は例年よりかなり少ないそうです。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
蔵の中には沢山の稲が飾られていました。
まんさくの花はお米の種類がとても豊富。
県内、県外のさまざまなお米を使用して酒造りが行われています。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
漫画「もやしもん」作者、石川雅之先生を始め、著名人の写真やサインが沢山飾られてありました。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
タンクに所狭しと描かれている無数のもやしもん。
こちらは「もやしもん」タンク。
ちなみにもやしとは種麹のことです。
野菜のモヤシではありませんのであしからず(笑)


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
蔵の内部は資料館のようになっています。
こちらでは写真と文章でお酒の造り方が解説されています。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
ご覧下さい!
この数々のラベルを!
「まんさくの花」はとにかく商品点数が多い!
壁一面にラベルが展示されていました。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
蔵に展示されているのは酒造りに関する物だけではありません。
こちらは田植えの時に使用される定規です。
この定規で苗と苗の間隔を計って均等に植えていきます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
こちらは「梵天(ぼんでん)」の頭飾りの造形品。
「梵天」は約300年の歴史を持つ商売繁盛、家内安全を祈る小正月行事。
現在、増田町では毎年旧正月である、2月20日に一番近い日曜日に開催されます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
実はここまでは一般の方でも見学することが可能です。
見学は有料ではありますが、見学の最後に一部の商品を試飲することも出来、試飲代込みと考えるとお得なのではないでしょうか。
ここから先は一般の方には公開されていない酒造りの現場です。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
こちらはお米の貯蔵スペース。
秋田県産のお米が中心でした。
これらのお米が数々の工程を経てお酒になるのです。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
蔵の内部から表玄関に向かって撮影。
長い通路が続いているのがお分かり頂けるのではないでしょうか。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
通路の途中にあるのが精米室。
まんさくさんは全量自社精米です。
これもこだわりの1つ。

まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
こちらは釜場。
お米を蒸す甑(こしき)と放冷機。
実はこの放冷機、新品です!
新品の放冷機は初めて見ました!


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
画像の左側の方が杜氏の高橋良治(たかはしりょうじ)さん。
右側の方が蔵元のご長男、社長室長の佐藤公治(さとうこうじ)さんです。
今回はこのお二人に蔵を案内して頂きました。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
釜場の隣にある、とあるスペースに移動。
「つつんであげましょ優しくね」
ここがどこだか皆様、分かりますか?


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
これは大ヒント!
「お酒のおかあさん」
これはもしや?!


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
そうです。
正解は酒母室。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
お酒の元になる酒母は別名「もと」とも呼ばれます。
この小さなタンクでまずは酵母を増やします。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
こちらでは洗米が行われています。
洗米、浸漬をキッチリ行うことで上質の蒸し米に仕上がります。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
朝の酒蔵の風景と言えばこれ!
甑(こしき)から上がる蒸気ではないでしょうか。
さて、そろそろお米が蒸し上がります。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
お米が蒸し上がりました!
蒸し上がったお米はクレーンで吊るし上げられます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
クレーンで吊るし上げられたお米は隣の放冷機へ。
放冷機で蒸したてのお米を冷まし、乾燥させてほぐして行きます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
撮影時のお米は麹用ですので、放冷機を通過中に種麹(たねこうじ)がふりかけられています。
高橋杜氏が上からチェックされていますね。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
放冷機を通過し、種麹がふりかけられたお米をコンテナに集めます。
コンテナに集めているということは…。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
そうです!
蔵人さんが連携してコンテナを麹室(こうじむろ)に運んで行きます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
1階からベルトコンベアーに乗せて。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
2階の麹室に運びます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
実はこちらも麹室です。
しかし、こちらは普通の麹室とは違うんです。
紙垂(しで)に隠れてよく見えないと思いますが、「麹'sゆりかご」と書かれています。
さて、ゆりかごとはいったい?


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
これは初めてご覧になる方が殆どではないでしょうか。
というのも、日本でもこの蔵にしか存在しない機械なんです。
麹米がゆりかごに揺られながらゆっくりと回転しています。
「麹'sゆりかご」とは手間の掛かる麹造りである蓋麹、箱麹と同様の麹を機械で造ってしまおうという、自動製麹機。
元々は秋田県醸造試験場の田口先生が開発された機械で、夜間作業の軽減を目的に購入されたそうです。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
一滴入魂!
こちらは佐瀬式の圧搾機。
槽(ふね)に醪(もろみ)が入った酒袋を敷き詰め、上からゆっくりと圧力を掛けて搾ります。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
こちらは三段仕込みの最後、留添(とめぞえ)の様子です。
エアシューターで運ばれて来たお米を櫂棒でかき混ぜています。
このお酒は佐野屋にやって来るのでしょうか。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
午前中の仕込み作業を見学した後、車で移動。
JR十文字駅のすぐ近くにある、営業部の事務所に到着しました。
「まんさくの花」では蔵の内部で瓶詰め、では無いんです。
搾られたお酒をタンクでこちらの営業部まで運んで瓶詰めされています。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
左側のタンク、これで搾られたお酒を蔵から営業部まで輸送します。
このように、仕込みと瓶詰めが別の場所で行われている蔵は他にもございますが、かと言って決して多くもありません。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
瓶詰めラインを見学させて頂きました。
まず最初にこちらでお酒を瓶に詰めて行きます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
次にこちらで栓を被せます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
打栓機で打栓されました。
ラインは次の工程へ進みます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
ご覧下さい!
これがパストライザーです!
パストライザーは火入れ(加熱殺菌)を行う機械。
まず、このラインを通過する際に瓶の上から熱いシャワーを瓶に吹きかけます。
次に、冷たいシャワーを掛けて一気に冷却。
こうすることで、お酒へのダメージを極力軽減し、火入れを行うことが出来ます。
「まんさくの花」の美味しさの秘訣とも言えるのではないでしょうか。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
こちらは超大型冷蔵庫。
デカい!とにかくデカい!
しかも、この規模の冷蔵庫が敷地内に2つもあるんです。
約13万本収容可能なのだとか。
「まんさくの花」では殆どのお酒を搾った後、すぐに瓶詰め。
瓶詰め後、速やかに火入れを行った後はこちらで低温瓶貯蔵。
タンク貯蔵に比べ、スペースの問題、破損のリスク等、コストと手間はかなり掛かりますが、フレッシュかつ、円みのある味わいのお酒に仕上げる為に敢えて瓶貯蔵という方法を採られています。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう アイリス IRIS
懇親会のお店はこちら「佐藤養助 漆蔵資料館 養心庵(さとうようすけ うるしぐらしりょうかん ようしんあん)」さんです。
創業1860年の老舗。
稲庭うどんの代名詞と言っても過言では無い、「佐藤養助」さん。
こちらの養心庵さんは海外人気ドラマのロケでも使用されるなど、増田町の観光名所にもなっています。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
店内はレトロな雰囲気。
囲炉裏もありました。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
こちらが店内にある漆蔵。
本来は撮影禁止なのですが、お店の方に特別に許可を頂いて撮影させて頂きました。
ゴージャス!


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
さあ、懇親会の始まり始まりー。
造りの真っ最中にも関わらず、高橋杜氏が参加して下さいました。
「まんさくの花」を高橋杜氏に注いで頂けるだなんて!
感激です!


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
佐藤公治社長室長にもご同席頂きました。
まずは乾杯!
乾杯のお酒は純米大吟醸の山田錦45。
美しい香りと柔らかい甘味がたまりません。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
地元秋田県の海の幸、山の幸をふんだんに使ったお料理の数々。
「まんさくの花」はお料理を引き立ててくれます。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
特大の秋田名物「きりたんぽ」
ですが、これはさすがにデカい!
こんなに太くて長いきりたんぽは初めて見ました!


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
先程のきりたんぽがたっぷり入ったきりたんぽ鍋。
そして、セリ。
更に忘れてはいけないのがセリの根っこ。
セリは根っこが旨い!
お鍋と生もとの真人のお燗の相性はバツグン!


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
お酒造りはもちろん、ラベルデザインからホームページ作成も手掛ける佐藤公治さん。
公治さんは話の引き出しがとにかく豊富。
公治さんの話をアテに幾らでも飲めます(笑)


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう
シメは当然稲庭うどん!
つやっつやです!
喉越しがとても良くて、シメに最適。
秋田県の郷土料理と「まんさくの花」を満喫させて頂きました。


まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう 酒蔵写真集 観光篇へ

まんさくの花 日の丸醸造 ひのまるじょうぞう 商品一覧へ

TOP