作 日本酒

「作」 今、もっとも注目されている酒!

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限 秋田県酒造協同組合

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

蔵元紹介

紀州伝統の國酒 2千円台で楽しめる本格純米 黒牛(くろうし)名手酒造店

紀州伝統の國酒 2千円台で楽しめる本格純米 黒牛(くろうし)名手酒造店

topics

●「第10回雄町サミット」で優等賞受賞!

第10回雄町サミット 2018

「雄町サミット」とは日本最古の酒米である岡山県産「雄町」を原料にした日本酒が全国各地から集まる国内最大規模のイベントです。 「第10回雄町サミット」は2018年7月24日、ホテルグランドパレス(東京都千代田区飯田橋)にて開催。 歓評会では「吟醸酒の部」にて「黒牛 純米吟醸 雄町」が優等賞に選ばれました。

 

●「全米日本酒鑑評会 2018」で金賞w受賞!

全米日本酒鑑評会 U.S. National Sake Appraisal 2018

2018年6月、恒例の全米日本酒歓評会がハワイ州ホノルル市で開催されました。 3日間で478銘柄の出品酒を香り、味、バランス、総合評価の4つのカテゴリーで審査。

その結果、大吟醸部門Aにて「黒牛 純米大吟醸 袋吊り斗瓶取り 無濾過生原酒」が金賞、 吟醸酒部門にて「黒牛 純米吟醸 雄町 瓶燗急冷(びんかんきゅうれい)」が金賞を受賞致しました。

 

全国新酒鑑評会

●「全国新酒鑑評会」で金賞受賞!

2018年5月、「平成29酒造年度全国新酒鑑評会」にて「一掴 大吟醸 斗瓶取り」が金賞を受賞しました。

 

●食マガジン「dancyu」に「黒牛 純米酒」が掲載されました

dancyu 黒牛

2018年3月号の「dancyu」にて「おすすめの家飲み酒」として「黒牛 純米酒」が選ばれました。

「味がきれいになったと評判の蔵。燗にすると奥行が増し程よい酸が浮き上がる」と記載。「どんな温度帯でもOKの家飲み酒」として紹介されています。


 

a sake brewery

「黒牛」の由来

黒牛(くろうし)名手酒造店 商品イメージ

今から1200年前の万葉の昔、名手酒造のある和歌山県海南市黒江の周囲は美しい入江で、多数の岩が波に見え隠れしていました。その黒く大きな岩が黒い牛のように見えた為、当時はこの周囲は黒牛潟と呼ばれていました。

その後、長い年月とともに海は干上がり「黒牛」を名の由来とする現在の「黒江」の街となり、戦国時代から塗り物の街として栄える事になります。

黒牛という酒銘はこの地名の由来から、また、万葉の昔を偲べる味わいを目指そうという目標から命名されました。

黒牛(くろうし)名手酒造店 仕込み蔵何故、黒牛が日本酒ファンに
支持されるのか

和歌山県海南市の旧市街の一角に名手酒造店があります。

何処にでもあるようなこの地方都市から、黒牛 純米酒は全国200件以上の酒販店に蔵元直送という流通形態のみで出荷されています。

黒牛 純米酒は平成2年に発売され、専門店と意見交換などを繰り返し平成5年頃から首都圏からの需要が増加し地酒通の間で評判の酒として噂されるようになりました。

黒牛が全国の消費者に支持された理由は、本物の素材を使い、手造りで醸した酒にしか出来ない味を、2千円台の前半で味わえる事が最大の要因でしょう。

バブル崩壊後の価格指向と、本物志向が共存する「豊かな不況」の現在で、高いお金を払わなくとも、これは旨いと感じさせる純米酒が実在したことが、日本酒ファンの心をとらえたのだと私は考えています。

黒牛のコンセプト

黒牛(くろうし)名手酒造店 蔵人

黒牛は、「酔えばいい」という目的のお酒ではなく、本物の純米酒の持つ美しい味を楽しんでいただく事を目的に造られています。

小規模な蔵元であるため、造れるお酒の量に限りがあります。また、蔵にある井戸水は「万葉黒牛の水」と言われ、酒造りに理想的な水ですので、高品質な酒を造る方が理想的であります。黒牛 純米酒は数多く造れない酒という事もあり、蔵元から地酒専門店への直送という流通でのみ、広く全国へ出荷されています。

地酒.COMは蔵元との太いパイプにより、
商品の安定供給を受けています。

販売はインターネットを代表する佐野屋が蔵元に代わって責任を持って行わせて頂きます。

蔵元との太いパイプにより、商品の安定供給を受けており、今やネット通販の代理店的な存在となっています。
インターネットで黒牛(くろうし)をお求めの際は、是非とも地酒.COM、佐野屋をご利用下さい。

2017年 8月

●映画『一献の系譜』上映会&和歌山杜氏トークイベント

一献の系譜

2017年8月26日、和歌山県JAビルにて、映画「一献の系譜」の上映会&和歌山の杜氏トークイベントが開催され、 黒牛・名手酒造店の岡井勝彦さん他が出演されます。同時にきき酒会も行われる、日本酒ファン必見のイベントです。

2017年 4月

●「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2017」で銀メダル受賞!

インターナショナル・ワイン・チャレンジ iwc2017

2017年4月24日・25日・26日「インターナショナルワインチャレンジ2017」のSAKE部門の審査がイギリス・ロンドンで開催され、 日本酒部門は9つのカテゴリーごとに審査員によるブラインド・テイスティングを行い、 その成績によりメダル表彰となるメダル受賞酒が決定しました。その結果、純米大吟醸の部にて 「純米大吟醸 黒牛」が、銀メダルを受賞致しました。

黒牛(くろうし) 商品一覧へ

TOP