作 日本酒

「作」 今、もっとも注目されている酒!

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造  蔵の外観 佐野吾郎
八戸酒造の酒蔵は大正4年〜13年に建てられ、白壁、木造の他にも赤レンガが使われたモダンな外観。
2011年に国の登録有形文化財、また青森県では初となる景観重要建造物にも指定されている。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造  甑 佐野吾郎 駒井秀介
蔵に到着したときは、ちょうど甑がもうもうと蒸気を上げているところだった。
蔵元の駒井さんに説明と案内をしていただいた。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 甑
八戸酒造の甑は、ご覧のとおり上下に分離できる少し珍しいタイプ。
上半分に蒸し米、下半分に蒸しのための熱湯が入っている。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 蒸し米 仕込み
蒸し米を放冷機に投入する。
立ち昇る蒸気と格闘しながら米を機械へ送り込む。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 麹 引き込み
放冷機で荒熱を取り除いた米を、麹室へ引き込む。
次々と流れてくる米を、蔵人が走って麹室へ運ぶ。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 麹室
麹室に引き込まれた米を、目標の温度まで下げるために手入れを行なう。
このときの麹室の湿度は90%を超えており、カメラのレンズも曇り気味になる。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 仕込み蔵
仕込み部屋への入り口。
まるで京都の旅館を思わせるような佇まいで見学者を出迎える。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 仕込み蔵 赤い鉄骨
八戸酒造の仕込み蔵は、赤レンガの壁と天井に並ぶ赤い鉄骨がたいへん印象的。
鉄骨は大正時代に蔵が建てられた当時、ヨーロッパから船で輸入したもの。
酒蔵としてはもちろん、建築物としてもたいへん珍しい。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 仕込み 櫂入れ
もろみを櫂入れしているワンシーン。
櫂棒でもろみに偏りが出ないように、しっかりと撹拌を行なう。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 陸奥男山
ビン詰め現場へ向かう通路に掲げられている「陸奥男山」の看板。

陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 海
八戸酒造のシンボルの1つ、「男山」と書かれた白壁土蔵の貯蔵蔵。
近江商人時代の屋号「山二星」が掲げられている。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 佐野吾郎 駒井秀介
蔵のテイスティングルームで、商談を行なうワンシーン。
佐野屋の考え方や販売戦略を説明する店主と、熱心に耳を傾ける蔵元。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 佐野吾郎 駒井秀介
無事に商談が成立し、佐野屋に陸奥八仙が加わることが正式に決定。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 エグザイル
商談が成立したので、さっそく恒例の集合写真をお願いした。
今回は正面だけでなく、ナナメからのアングルもご紹介。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 蔵の外観
八戸酒造は、車で5分ほどのところに八戸漁港があり、海が近い。
蔵の横を流れる新井田川も川幅が広く、海鳥がたくさん飛んでいた。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 蔵の外観
八戸漁港に足を運び、海を臨む吾郎。
八戸漁港はイカの水揚げ日本一の港。大きなイカ釣り漁船が何隻も停泊していた。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 B-1グランプリ
八戸市は漁港を有しているため、海の幸は豊富で新鮮。
春は刺身で食べられるサバ、夏はウニやアワビが甘味を帯びて旬を迎え、秋は脂の乗ったサンマ、そして冬は真鱈。
しかしそれだけではない。
青森県産ブランド地鶏「シャモロック」、チャンピオン牛を輩出した「倉吉牛」といった肉類も手に入り、「せんべい汁」というB級グルメも存在する。
第1回B-1グランプリは、ここ八戸市で開催されるなど、八戸市は「食の都」という側面も持っている。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 八食センター 佐野吾郎
蔵元に案内してもらった「八食センター」の魚市場にて。
水揚げされたばかりの魚介類が市場に並べられ、見ているだけでも楽しい気分になる。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 蔵の外観
八食センター内の回転寿司店にて。
回転寿司と言って侮るなかれ。ネタはとても新鮮で、とにかくうまい。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造 南部せんべい鍋
「せんべい汁」を蔵元に振る舞っていただいた。
鶏肉ベースにしょうゆ味のさっぱりした出汁に、八戸せんべいを割り入れる。
出汁を吸った八戸せんべいが、麩のような食感で楽しめた。


陸奥八仙(むつはっせん) 八戸酒造
お寿司と併せて「陸奥八仙」をいただく。
おいしい食べ物が揃う土地では、それに合わせる酒も高いレベルに磨かれるのだろう。
「陸奥八仙」は、まさに「食の都」八戸市が育んだ美酒である。


陸奥八仙(むつはっせん) 商品一覧へ

TOP