作 日本酒

「作」 今、もっとも注目されている酒!

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限 秋田県酒造協同組合

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

羽根屋(はねや) 富美菊酒造 佐野吾郎
作業用の前掛けを身にまとい、気合いみなぎる店主吾郎。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 羽根敬喜 甑
もうもうと蒸気を上げる甑を、じっと見つめる羽根さん。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 佐野吾郎 羽根千鶴子
蒸し上がった米をシャベルで手早く掘り出す。
その下で店主吾郎も米を受けるお手伝いに参加。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 佐野吾郎 羽根千鶴子
「佐野さんもやってみますか?」のお言葉に甘えて、米を掘る作業を体験させていただきました。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 羽根敬喜 羽根千鶴子
この日、他の蔵人は全員お休みで、羽根さんご夫婦の2人だけで作業を行なう予定だった。
そう聞くとつい驚いてしまうのだが、二人にとっては珍しくないことのようだ。
奥様も一通りの作業を心得ており、わずかの指示で準備や後片付けなどをてきぱきとこなし、見事なコンビネーションだった。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 麹 羽根敬喜
掘り出した米は麹室の前に運ばれ、このように狙いの温度になるまで冷まされる。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 麹 佐野吾郎 羽根敬喜
店主吾郎も薬用石鹸で手を洗ってお手伝い。
素手で米を触っているが、場所によっては蒸気が籠っていてかなり熱い米の塊もある。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 麹 佐野吾郎 羽根敬喜
布を持ち上げて、米の上下を返す「波返し」にも挑戦。
少しコツが必要で、きれいにひっくり返すのは意外と難しい。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 麹 米
米に温度計を挿して、狙い通りの品温に到達したら、冷めないうちにさっと麹室に引き込む。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 酒母
麹室での作業を行う前に、酒母の櫂入れも体験させてもらえることになった。
櫂棒を手に、ちょっとポーズを取ってみた。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 米
酒母の櫂入れは力任せにやってはいけない。
羽根さんに説明を受けながらお手本を見せてもらう。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 佐野吾郎 酒母 四季醸造
店主吾郎も櫂入れに挑戦!
見よう見まねでやってみるが、これでいいのかと少し不安な気持ちになる。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 酒母 羽根敬喜
温度計で品温を確認。
1箇所だけでなく、複数のポイントで温度を測った後、「よく櫂が入っています」と羽根さんから合格点をいただきました。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 麹室 羽根敬喜 羽根千鶴子
先ほどの蒸し米が適温に到達したので、麹室に引き込み。
いよいよメインイベント「種付け」作業が始まる。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 麹室 羽根敬喜 佐野吾郎
引き込んだ米は種麹がまんべんなく付くように、このようにテーブル一面に広く薄く広げる。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 麹室 羽根敬喜 佐野吾郎
種麹を振り付ける羽根さん。
麹室は見学禁止にしている酒蔵が多い中、羽根屋では室内に加えて、作業中も撮影させていただくことができました。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 麹室 佐野吾郎
「佐野さんもやってみますか?」と羽根さんから驚きの提案をいただき、店主吾郎も初めての種付けに挑戦!
種付けのコツを教えてもらい、一振り一振り真剣に種付けしてきました。


羽根屋(はねや) 富美菊酒造 佐野吾郎
全ての作業を終えて、思わず手ぬぐいで汗を拭く店主吾郎。
麹室の中は、麹菌が繁殖しやすい気温と湿度に設定されており、長時間室内で作業すると汗だらけになってしまう。
高温多湿の麹室から出たときの気持ち良さもさることながら、貴重な体験ができたこと、一仕事やり遂げたという充実感に、自然と笑顔が出てしまいました。


羽根屋(はねや)酒蔵写真集

羽根屋(はねや) 商品一覧へ

TOP