作 日本酒

「作」 今、もっとも注目されている酒!

商品検索

未成年者への酒類の販売はいたしておりません。

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限 秋田県酒造協同組合

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

NP 後払い 日本酒

笑四季(えみしき) 笑四季酒造 甑
この日の蔵仕事は朝8時からスタート。
立ち昇る蒸気が、窓からの朝日に照らされていた。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 竹島充修
笑四季酒造 竹島充修CEO。
蒸し上がった米の具合を「ひねりもち」で確認。


笑四季(えみしき) 笑四季酒造 竹島充修 佐野吾郎
竹島さんに声をかけてもらって、店主も「ひねりもち」に挑戦。「ひねりもち」の目的と判断方法をレクチャーしてもらう。


笑四季(えみしき) 笑四季酒造 米
この日の蒸し米は、今季新登場する純米酒の留仕込に使われるとのこと。
外硬内軟でよく締まった蒸し米のように思えた。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 甑 蒸し米
甑から米を掘り、放冷機に投入する。
留仕込ということもあり、この日は総量300kgを超える米。
その全てを人の手で掘り出す。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 佐野吾郎
放冷機の中をじっと見る店主吾郎。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 竹島充修
放冷機で冷やされた米の塩梅を確認する竹島CEO。
竹島さんは甑で米を掘り出すだけでなく、米の温度確認、仕込みタンクの確認など、さまざまなところに目を配っており、終始動き回っていた。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 佐野吾郎
全ての米がタンクに送られ、この日の仕込み作業は終了。
放冷機の後片付けに、店主吾郎も「ささら」を借りてお手伝い。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 酒母 竹島充修 佐野吾郎
作業が一段落して、蔵の中を案内していただいた。
先日仕込んだばかりの小さな酒母タンクで、香りや湧き具合を確認させてもらった。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 麹室 佐野吾郎
麹室。
この日は残念ながら前室、奥室ともに麹はなかったが、整頓された麹室を見せていただいた。

笑四季(えみしき)笑四季酒造 ヤブタ 竹島充修
槽場にて。
酒造りシーズンがピークになると、この部屋はしぼりたて新酒の甘い香りに包まれるのだろう。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 竹島充修 佐野吾郎
笑四季の酒を語るうえで避けられないファクターの1つが「酵母」。
分析室で試料を確認するワンシーンを撮影させていただいた。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 佐野吾郎 東海道 水口
水口は江戸時代、東海道の宿場町として賑わった土地であり、笑四季酒造はかつての東海道沿いに蔵が立っている。
道脇には古い家屋がところどころ、今も残されている。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 佐野吾郎 いまむら呉服店
蔵の周りで、おそらく一番古い建物と聞く呉服店。
隣に立つ白壁の建物と併せて、この一角だけ歴史が止まっているかのような光景。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 スヤキ 竹島充修
一通りの取材を終えて、昼食をご一緒することに。
竹島さんの案内で、滋賀県のB級グルメ「スヤキ」をいただいた。
スヤキとは麺、もやし、青ネギ、塩を炒めただけのシンプルな焼きそばで、味付けは各自の好みでソースや塩こしょう、七味などを入れて調整する。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 スヤキ 秘密のケンミンショー
実はこのスヤキ、全国ネットの某バラエティー番組でも取り上げられた、知る人ぞ知るご当地グルメ。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 信楽 たぬき 佐野吾郎
甲賀市は2004年に5つの市町村が合併して誕生したが、その1つに信楽焼で有名な信楽町も含まれる。
蔵から車で30分ほど移動すると、ご覧のような巨大なたぬきがあちこちに並ぶ、信楽ならではの光景が目に入ってくる。


笑四季(えみしき)笑四季酒造 信楽焼 たぬき 佐野吾郎
たぬきの仲間に入れてもらった店主吾郎。「信楽ジャパン」結成の瞬間だ(笑)。


笑四季(えみしき) 商品一覧へ

TOP