プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ) | イタリアワイン

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

@sanoya_sake

TOP > ワイン

TOP > ワイン > イタリア

TOP > ワイン > 新着・ワイン

 プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ) 750ml

カラーバリエーション

プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ)プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ)プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ)プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ)プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ)
プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ)
拡大 Prev Next

話題のオレンジワイン!ブーム以前から生産していた逸品!プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ) 750ml

NEW!!space png

商品番号 wiir0001f00

販売価格4,200円(消費税込:4,536円)

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ) 750ml

プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ) ワイン


話題のオレンジワイン!

「何それ?」な方も、「聞いたことある」な方も、「待ってました!」な方も。

まずは、オレンジワインとは何ぞや?というところから始めましょう。

果物のオレンジで作ったワインではなく、オレンジ色のワインです。

見た目には、ロゼワインと区別がつかないものがほとんどです。

ロゼワインも、実際の色はオレンジっぽいものも多々ありますから。

ロゼワインとの違いは

・ロゼワインは、赤ワイン用のブドウで、白ワインの製法。

・オレンジワインは、白ワイン用のブドウで、赤ワインの製法。

白ワインとの違いは

・白ワインは、白ワイン用ブドウを絞って、「果汁のみを発酵」。

・オレンジワインは白ワイン用ブドウを絞って、「(赤ワインと同じように)果皮や種も一緒に発酵させてから絞る」。

製法に詳しいワインラヴァーなら、ここで疑問が浮かぶかも?

「白ワインでも、スキンコンタクト(果皮や種も果汁の中に漬け込む)ってのがあるでしょ?」

はい、そうです。

極端に言うと、スキンコンタクトを長期間して色素や風味を強く出したのがオレンジワインです。

なので、酸化した白ワイン的な味のオレンジワインも・・・。

今まで取り扱いがなかったのは、店主まーちゃん的に本当に美味しいと思うものに出会えていなかったため。


が、この度、満を持して出会いました!

灯台下暗し、すでに取り扱いしている生産者「プリモシッチ」。

このブーム以前から生産していたオレンジワインがありまして、これがいいっ!

お試しワインとしては少々お高めかもしれませんが、美味しさは保証します。

オレンジワイン、最初の1本はこの先のワインライフに於いても重要でしょう。

是非「間違いなくおいしいオレンジワイン」をお試しください。


黄色みを帯びた透明感のあるオレンジ。

オレンジピールを思わせる香りが印象的。

アタックは柔らかなふんわりした甘みを感じる上品な感じ。

黄桃のような果実味。

香りにもあるオレンジピールを思わせる心地よい甘苦さもほんのり。

酸には尖りなく果実味とのバランス良し。

個性あり、上質感ありの唯一無二の味わい。

程良いボディがあるので軽めの肉料理に合わせると面白いと思います。

ローストポーク・豚カツ・ローストチキンや鶏の唐揚げなどとお楽しみください。


醗酵:収穫後、除梗して開放型オーク樽にて温度管理をせず4週間浸漬、主醗酵後、マロ・ラクティック醗酵

   

熟成:オーク樽熟成 24カ月(550L、1700L、スラヴォニア産) 瓶熟成:12カ月


=====【輸入元資料より】
イタリア、フリウリ州の東の産地、コッリオには約1300haの美しい畑が広がります。「コッリオ」は「丘」を意味しますがその名のとおり小高い丘が非常に多く、標高は高いところで280m程。

平地であるゴリツィアの町から、車で20分ほど丘を登った場所にプリモシッチは位置しています。

曲がりくねった山道の途中にあるワイナリーで、目の前には隣国、スロベニアが広がっています。


丘陵地のため段々畑が多いコッリオですが、このエリアには特徴的なPonca(ポンカ)と呼ばれる幾層にも重なった、沖積土壌が多く見受けられます。

泥灰土と砂石が混じっていますが鉄分や石灰を含んでいます。

手で触るともろく砕けてしまうほど柔らかな土壌は水はけが良く、地中深くまでしっかりと根が入るためブドウの生育に良い影響を与えています。


プリモシッチはコッリオで最も早く瓶詰めワインを造った生産者としても知られていています。

ワイナリーには1967年に瓶詰めしたワインが今も残っています。

当時、瓶詰めされたワインはトカイ・フリウラーノ種から造られていて、トカイと呼ばれていました。

ワインのボトルには、コッリオの生産者協会の証明書シールが貼られていますがビン詰めロットの番号をよく見ると「1番」になっています。

今なお素晴らしいワインを造り続けるプリモシッチ。コッリオのワイン造りの原点はこの生産者にあったと言っても過言ではありません。

(1990年代にEUがハンガリーにトカイの呼称を認めたため、現在のイタリアワインにはトカイと記載できませんが1967年当時のワインにはトカイと書かれています。)


白ワインの銘醸地としても知られるフリウリ州。

中でも注目の地品種は、ゴリツィアが発祥とされているリボッラ・ジャッラ。

リボッラ・ジャッラの美しい香りを生かした単一品種のグラッパを造るメーカーやスパークリングワインを造る生産者も登場するほど素晴らしく、フリウリ州を代表する注目の土着品種です。


イタリアで最も権威のあるワインガイド、ガンベロ・ロッソでプリモシッチのオレンジワイン、リボッラ・ディ・オスラヴィアは最高評価、トレ・ビッキエーリを過去に獲得しています。

さらに、フラッグシップの一つ、クリン2010はワイン・アドヴォケイト誌でも92+点を取るなど高い注目を集めています。


注目されているのは高いワインだけではありません。

ガンベロロッソが2000本以上のイタリアワインの中から選び抜かれた、お買い得なワインを紹介する「ベーレベーネ誌2017」で彼らの作るコッリオ・ソーヴィニヨン・ブラン2015はイタリア最高の白ワイン、オスカー・ナツィオナーレにも選ばれています。=====


プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ) ワイン


プリモシッチ リボッラ・ディ・オスラヴィア(オレンジ) ワイン



商品スペック
タイプ
ヴィンテージ2014
容量750ml
保存静かな冷暗所
生産国イタリア
生産地フリウリ・ベネチア・ジューリア
生産者プリモシッチ
■味わい:辛口 ■ぶどう品種:リボッラ・ジャッラ100% ■格付け:コッリオD.O.C.  ■アルコール度数:14%