ショウ・アンド・スミス リースリング(白) | オーストラリアワイン

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

TOP > ワイン

TOP > ワイン > オーストラリア

TOP > ワイン > 新着・ワイン

 ショウ・アンド・スミス リースリング(白) 750ml

カラーバリエーション

ショウ・アンド・スミス リースリング(白)ショウ・アンド・スミス リースリング(白)ショウ・アンド・スミス リースリング(白)ショウ・アンド・スミス リースリング(白)ショウ・アンド・スミス リースリング(白)
ショウ・アンド・スミス リースリング(白)
拡大 Prev Next

最高のリースリング!グレート・ビンテージの2018年!ショウ・アンド・スミス リースリング(白) 750ml

NEW!!space png

商品番号 wiau0004f00

販売価格2,800円(消費税込:3,080円)

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
ショウ・アンド・スミス リースリング ワイン

「ショウ・アンド・スミス」は今回の試飲会で実力を見せつけられた生産者でした。

感心したところは白ワイン、赤ワイン問わず並んでる数アイテムどれもがレベルの高いこと!

中でも店主まーちゃんと私の意見が一致したワインがこの「リースリング」と「ソーヴィニョン・ブラン」。


「ショウ・アンド・スミス」は二人のマスター・オブ・ワインと才能・経験共に豊かな醸造チームで形成されています。

「マスター・オブ・ワイン」とはワイン業界最高峰の称号

現在、世界各国で369人(2017年10月の集計)。年間を通して一握りしか取得出来ないと言われています。

試験を受ける条件として、WSET※の学位取得やワイン業界で活躍した経歴が必要。

そこからいくつもの試飲と試験をクリア、更に博士論文が認められて初めて取得出来ます。

認定までに短くとも十数年はかかると言われる大変に難易度の高い資格。

そのマスター・オブ・ワインをオーストラリア人で初めて取ったマイケル・ヒル・スミス氏と

同じくマスター・オブ・ワインであり、「ワイン・ビジネス誌」(Australia's Wine Business Magazine)の記事を担当するデイヴィッド・レミア氏。

今なお国内外ワインコンペの審査員を務め、世界のワイン界においても影響力のある二人。

そこに国内外で活躍するワインエキスパートのマーティン・ショウ氏率いる醸造チームが加わり出来たのが「ショウ・アンド・スミス」です。


今回、マーケティング・マネージャーが来日されていたので試飲会で直接お話を伺う機会も持てました。

「アデレートヒルズの2018年はどんな年?」と伺うと

         

「クラシック・ビンテージ!」と自信満々の笑顔で即答!

暑すぎず、寒すぎず、安定した気候の中で2018年は最高のリースリングが出来た年だいう事だそうです。


淡いレモンイエロー。

レモンやライムのような柑橘系果実のシャープな酸を想わせる香り。

それとは裏腹に口に含むとシロップ漬けのみかんのような果実の甘味が真っ先に感じられます。

アタックは滑らかで黄色いりんごのような優しい果実味。

香りにみられた酸も上品に健在。

時間と共にパイナップルのような南国系果実のニュアンスも出てきます。

蒸鶏ネギ塩のようなあっさりとした白身のお肉に合わせて。

また、サーモンのムニエルにレモンを絞ったものや天ぷらなど

温かい料理と合わせてももたつかず美味しく感じられそうです。


香り味わい豊かで芳醇かつドライなリースリング。

輸入元にて限定入荷ですのでどうぞお見逃しなく!


=====【輸入元資料より】

1989年、マイケル・ヒル・スミス(マスター・オブ・ワイン)と従弟で醸造家でもあるマーティン・ショウ氏が長年の夢であった自身のワイナリーを冷涼産地アデレード・ヒルズに設立。

標高が高く、冷涼で降雨のあるアデレード・ヒルズは必ずエキサイティングなプレミアムワインを生みだす産地だと確信し、開拓を始めました。


初ヴィンテージは1990年。

1999年にバルハンナの畑を購入してブドウ樹の植樹を始め、同時にワイナリーとテイスティングルームを建設。

2000年から新しいワイナリーで醸造を開始。

2012年にはレンズウッド畑(20ha)を新たに購入し、現在では2カ所の自社畑で高品質なワイン造りに取り組んでいます。


アデレード・ヒルズの地に初めてブドウが植樹されたのは1839年に遡りますが、ブドウ栽培が復興したのは1979年になってから。その後30年を経て、アデレード・ヒルズはオーストラリアの最もエキサイティングなブドウ栽培地の一つと評価を確立。

アデレードから車で30分ほどのロフティ山系(Mt Lofty Ranges)に位置し、標高が高いため(350mから710m)、隣接する他の産地より冷涼で雨が多い点が特徴。


ショウ・アンド・スミスはアデレード・ヒルズに「バルハンナ」「レンズウッド」という合計55haに及ぶ2つの自社畑を持ち、この地域に特に適した品種であるソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、ピノ・ノワール、シラーズを栽培。

アデレード・ヒルズは標高や方角、土壌など多種多様なミクロクリマが広がるため、適した区画を選び抜くことは非常に重要。

ショウ・アンド・スミスでは更に品種ごとに複数のクローンを使い分けることで、最終的にうまれるワインにバリエーションをもたらしています。

これらの畑は全て持続可能な農法で管理し、健全なブドウ樹と土壌を育むために力を注いできました。また、収量を低くする取り組みを行っています。

ブドウは品質を高めるために全て手摘みで収穫を行い、醗酵から熟成、ボトリングまで全ての工程はバルハンナのワイナリーで行っています。


醸造にはルールはなく、全てはその季節の、畑の、更にはその中の小区画の細部に宿ります。それら全てに目を向けて真のブドウの力を引き出すことに注力し、可能な限り人的介入を抑えたワイン造りを行います。


どのワインも正確さがあり、明るくいきいきとした活力を持ち、品種と畑の特性を見事に反映した味わいが特徴。

国際的にも高く評価され、豪州屈指のプレミアムワインとして多くの賞を毎年受賞。

また、蔵の顔とも言えるソーヴィニヨン・ブランやM3シャルドネを含む人気銘柄は世界各国のハイエンドなレストランで採用されています。=====


※Wine & Spirits Education Trustの略。ロンドンに本部を置く世界最大のワイン教育機関とその認定資格


ショウ・アンド・スミス リースリング ワイン
商品スペック
タイプ
ヴィンテージ2018
容量750ml
保存静かな冷暗所
生産国オーストラリア
生産地サウス・オーストラリア州 アデレード・ヒルズ
生産者ショウ・アンド・スミス
■味わい:辛口 ■ぶどう品種:リースリング ■格付け:アデレード・ヒルズG.I. ■アルコール度数:12%