雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)【要冷蔵】 | 相原酒造 広島県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

TOP > 日本酒 > 雨後の月(うごのつき) 相原酒造

 ◇雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)【要冷蔵】 720ml

カラーバリエーション

雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)
雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)
拡大 Prev Next

同一タンクを季節ごとに楽しむ雨後晴水の第2弾蒼風!◇雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)【要冷蔵】 720ml

space png

商品番号 Sake5054-720

販売価格1,475円(消費税込:1,623円)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

クール便でお届けします
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 ◇雨後晴水 純米吟醸 蒼風(そうふう)【要冷蔵】 720ml

同一タンクのお酒を年4回に分けて、季節ごとに味の変化を楽しむ「雨後晴水」シリーズ。

第1回「晴嵐」はおかげさまで、例年より早いペースで完売。

続編の到着を楽しみにしていました。

今回の第2回「蒼風(そうふう)」は「初呑み切り」を楽しむコンセプトのお酒です。

冬に仕込まれたお酒は搾られた後、タンクで低温貯蔵され、定期的に酒質の変化、異常が無いかを確認します。

この作業を「呑み切り」と言い、特に初夏を迎える今の時期に行われる最初の呑み切りは「初呑み切り」と呼ばれ、お酒の四季を表現する言葉として用いられます。

また、貯蔵したお酒の熟成具合を最初に確認する目的で内覧会が行われるなど、セレモニーのような表現で用いられることもあるのが「初呑み切り」です。


果実を連想する「雨後の月」らしい爽やかで華やかな吟醸香。

透き通る水のような透明感のある辛さとほのかな味乗り。

第1回「晴嵐」と比べると、味わいの深みが隠し味となって絶妙なバランスに。

夏の季節に蔵出しされるお酒ですので、冷酒で冷奴や鱧の落とし等のさっぱりとしたお料理と楽しんで頂きたいお酒です。


商品スペック
容量720ml
製造元相原酒造(広島県)
特定名称純米吟醸
生/火入れ生酒(加熱処理無し)
保存要冷蔵
メーカーサイトhttp://www.ugonotsuki.com/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:八反 ■精米歩合:50% ■アルコール度数:15 16度 ■日本酒度:+3.0 ■酸度:1.5

グラス販売