雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)【要冷蔵】 | 相原酒造 広島県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

@sanoya_sake

TOP > 日本酒 > 雨後の月(うごのつき) 相原酒造

 ◇雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)【要冷蔵】 720ml

カラーバリエーション

雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)【要冷蔵】後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)【要冷蔵】
雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)
拡大 Prev Next

雨後晴水シリーズ、今年もスタート!第1弾は春の新酒、晴嵐!◇雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)【要冷蔵】 720ml

space png

商品番号 Sake5053-720

販売価格1,475円(消費税込:1,593円)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

クール便でお届けします
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 ◇雨後晴水 純米吟醸 晴嵐(せいらん)【要冷蔵】 720ml

《雨後晴水シリーズ、今年もスタート。春の新酒「晴嵐」》

1本のお酒を年4回に分けて蔵出しして、1年通してお酒の味の変化を楽しむ「雨後晴水」シリーズ。

今年も第1回、新酒「晴嵐(せいらん)」の季節がやって参りました。


・「春の晴嵐(せいらん)」は、出来立ての新酒のフレッシュさ。

・「夏の蒼風(そうふう)」は、ほんのり味が乗り始めた熟成生酒。

・「秋の憂月(ゆうげつ)」は、1回火入れのひやおろし。

・「冬の深響(しんき)」は、最終形にして、さらなる味の進化を求める熟成酒への入り口。

雨後晴水シリーズは、上記のコンセプトを持たせた商品が季節ごとに蔵出しされます。

今回の「晴嵐」は、若々しいフレッシュさとスッキリと飲めるキレの良さが特長で、新酒搾りたての今でしか楽しめない魅力がたっぷりの酒質。

飲みやすくきれいな味わいのお酒なのですが、酸がしっかりと全体を支えており、爽やかにして凛とした鋭さを感じます。

時を重ねてどのように変化して行くのか。今年も楽しみなお酒です。


商品スペック
容量720ml
製造元相原酒造(広島県)
特定名称純米吟醸
生/火入れ生酒(加熱処理無し)
保存要冷蔵
メーカーサイトhttp://www.ugonotsuki.com/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:八反 ■精米歩合:50% ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:+2.0 ■酸度:1.6