作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町 | 清水清三郎商店 三重県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

TOP > 日本酒 > 新着・日本酒

TOP > 日本酒 > 作(ざく) 清水清三郎商店

 作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町 1800ml

カラーバリエーション

作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町
作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町
拡大 Prev Next

商品スペック
容量:1800ml
製造元:清水清三郎商店(三重県)
特定名称:純米吟醸
生/火入れ:火入れ酒(加熱処理有り)
保存:静かな冷暗所
メーカーサイト:http://zaku.co.jp/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:雄町 ■精米歩合:55% ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:+2.0 ■酸度:1.7

  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

雄町ファン、作ファンは見逃すな!雅乃智の限定!雄町!作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町 1800ml

NEW!!space png

商品番号 Sake5017-3-1800

販売価格3,700円(消費税込:3,996円)

申し訳ございません。ただいま在庫がございません。

入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 作 雅乃智(みやびのとも) 岡山・雄町 1800ml

SAKE COMPETITION 2018 サケコンペティション

《「SAKE COMPETITION 2018」にて純米吟醸部門金賞受賞!》

今年は、昨年と同様「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「吟醸部門(大吟醸含む)」「Super Premium部門」「スパークリング部門」「ラベルデザイン部門」の7カテゴリーに加え、昨年まで招待審査で行われていた「海外出品酒部門」を正式部門として新設した全8部門で審査が行われました。
その中から純米吟醸部門にて、「作 雅乃智(みやびのとも) 雄町」が金賞を受賞しました。


《雄町ファン、作ファンは見逃すな!》


雄町というお米はファンの多いお米です。

また、雄町サミットが開催されるなど業界でも注目度の高いお米でもあります。

では雄町をフィーチャーしたお酒を造ろうじゃないか!

と、地酒ファンを意識したお酒を造られました。

それが「作の雅乃智の雄町」です。


実はこれは「作」の中ではかなり異色な存在。

というのも、「清水清三郎商店」のお酒の殆どは原料米が「国産米」ということで特定されていないのです。

理由は、お米の銘柄を重要視されていなく、使用されるお米が仕込みの度に変わることもあるから。

お米が変わっても適切な給水を行えば問題は無く、お米との対話を大切にし、的確に造り手が対応することが重要だというのが蔵元のお考えです。

また、「清水清三郎商店」は地元の顔が見えるお付き合いが出来る所からお米を分けて貰うことが最適だと考えていらっしゃるので、殆どは地元産のお米を使用されています。

その一方で、地酒ファンに喜んで頂ける物をということで始められたのが「雅乃智の米違いシリーズ」です。

有名銘柄のお米で造られる際は百戦錬磨の内山杜氏でもチャレンジ精神に火が付くそうで、いつも以上に高いモチベーションで臨まれているそうです。

そのチャレンジ精神を応援される蔵元との強力タッグで造られる「雅乃智の米違いシリーズ」は言わばいつも以上に気合の入った渾身の1本。


今回は岡山県産の雄町、そう、備前雄町です!

美しく華やかな香りが、口の中で豊かに広がる第一印象。

その香りと競うように、これまた優しくきれいな甘味が舌の上を楽しそうに踊ります。

「雄町は溶けやすい」という言葉を聞くことがありますが、このお酒はお米の甘みと旨味がたっぷり溶け込んでいます。

陶器や磁器製の器で飲まれるよりは、ワイングラスで飲んで頂くのが特にオススメ。

華やかで美しいこのお酒の実力を余すことなくお楽しみ頂けます。


作らしい華やかな香り、雄町の溶け込んだ乳製品を連想させる旨味がバジリコ・松の実・チーズ・ニンニク・オリーヴオイルとクセモノ揃いのジェノベーゼと意外にもよく合いました。

食中酒としての懐の広さを感じます。

その他にもシーザーサラダなど、チーズを使った料理がお勧めなのですが、かなり意外な組み合わせとしてはレアチーズケーキが特にイケました!


多様な原料米の個性を把握し、その実力を巧みに引き出す「作」の醸造技術の高さがよく分かる1本です。