澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 秋津地区山田錦 SAIDO1292 | 松本酒造 京都府

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

TOP > 日本酒 > 澤屋まつもと 松本酒造

 ◆澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 秋津地区山田錦 SAIDO1292 720ml

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

商品スペック
容量:720ml
製造元:松本酒造(京都府)
特定名称:非公開
生/火入れ:火入れ酒(加熱処理有り)
保存:静かな冷暗所
メーカーサイト:http://sawayamatsumoto.com/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:兵庫県東条秋津地区西戸産特上山田錦 ■精米歩合: ■アルコール度数:16度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

  • 冬場なら常温可能
  • クール推奨
  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

このお酒の美味さは心に響く!特上米の、まつもとの素晴らしさを感じて!◆澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 秋津地区山田錦 SAIDO1292 720ml

space png

商品番号 SakeD2022-720

販売価格5,000円(消費税込:5,400円)

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 ◆澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 秋津地区山田錦 SAIDO1292 720ml

美ST 美スト 日本酒

《雑誌「美スト」にて紹介されました!》

雑誌「美スト」にて「やまとなでしこの美肌はSAKEで艶めく。
日本酒バルに美女が集まってくる現象」として、
「澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 秋津地区山田錦 SAIDO1290」と
「澤屋まつもと 守破離(しゅはり) 五百万石」が紹介されました!

 


 

先に書いてしまいます!


このお酒、スゴいです!

かなり気に入ってしまいました!


こんな素晴らしいお酒をサラッと出して来られるから、くすぐられるんですよねぇ。

決して誇張した言葉や派手なカラーリングで飾ること無く、黒や紺を基調としたスタイリッシュなデザイン。

こういう所も含めて、私は「澤屋まつもと」が本当に大好きなんです。


さて、今回のお酒「澤屋まつもと 守破離 秋津地区山田錦 SAIDO1292」

長い名前には意味があります。


「澤屋まつもと」の根本である「守破離」の新しいラインナップの1つがこの商品。

秋津地区というのは、兵庫県加東市の山田錦の特A地区である東条地区にあります。

東条地区の中でも東条川上流部に位置する秋津地区は特Aの更に上、特上米を栽培されている地域。


「SAIDO1290」とは、秋津地区の中でも更に常田(つねだ)、古家(ふるけ)、西戸(さいど)の3つの地域に分類されるうちの最上流部に位置する西戸地区の田んぼの番地。

2016年産の山田錦で特に出来の良かった西戸山之下1292番地の田んぼで育ったお米で醸されたのがこのお酒です。


この田んぼを特定されたお酒からはワインでよく言われる「テロワール」を強く感じます。

「テロワール」とは作物が育つ上での環境全てを指す言葉で、主に地域や土壌、気候などが「テロワール」に当たります。

このお酒にあるのは、杜氏である松本日出彦さんを始め、蔵人達が最高峰の山田錦の素晴らしさをそのままお酒として表現した。

それだけです。

ですから、このお酒を語るのにデータは特に必要ありません。

精米歩合も非公開。

つまり、特定名称は名乗られていません。

余計なデータは無い方が先入観も無く、五感でダイレクトに味わうことが出来ますから。


このお酒の上部を見るとまるでワインを意識されたかのような黒いキャップシール。

この色の統一感がさり気無くてオシャレ♪

私はソムリエナイフでキャップシールをめくりました。

そして、このお酒は特に冷やし過ぎは禁物。

室温より少し低い位の温度で用意しました。

では、開栓。


「ポンッ!!」


良い音してます♪

「澤屋まつもと」ではすっかりお馴染み。

ガスもしっかり瓶に閉じ込められています。

ワイングラスに注ぐとグラスに細かい気泡が付いています。

いつものシュワシュワ?いや、何か違う感じ。

気泡が大人しい。

飲んでみて納得。

見た目ほどシュワシュワではありません。

よーく味わってみると、気泡の弾ける様子が分かるような分からないような。

それよりも、しっかりとした骨格を感じながらも、まるでとろみがあるかのような濃密な旨味、鮮明かつ美しい酸。

飲んだ瞬間、このお酒に心を奪われました!

これぞ美酒です!


ちなみに今回は試飲に2種類のグラスを用意していました。

1つは普段日本酒を飲む時に一番よく使っているリースリング型。

もう1つはボウルの大きいブルゴーニュ型。

飲み比べてみると味わいの差は歴然!

明らかにブルゴーニュ型の方が旨味と酸の伝わり方が明確に。

このお酒の素晴らしさ、つまりお米の素晴らしさがより深くお分かり頂けると思います。

上記の感想はブルゴーニュ型のグラスで試したものです。


「澤屋まつもと 守破離 秋津地区山田錦 SAIDO1292」

このお酒は絶対に飲んで下さい!

心に響くお酒です!