まんさくの花 純米吟醸55 吟丸 | 日の丸醸造 秋田県

地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

@sanoya_sake

TOP > 日本酒 > まんさくの花 日の丸醸造

 ◇まんさくの花 純米吟醸55 吟丸 1800ml

カラーバリエーション

カラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーションカラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

迷ったらまずは吟丸!まんさくの花の看板商品の1つ!◇まんさくの花 純米吟醸55 吟丸 1800ml

space png

商品番号 Sake3075-1800

販売価格2,777円(消費税込:2,999円)

数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 ◇まんさくの花 純米吟醸55 吟丸 1800ml

《「まんさくの花」を代表する定番商品の1つ!それが吟丸!》


「まんさくの花」のイメージカラーと言えば山吹色。

定番商品には山吹色の商品が幾つかあります。

その中でも特に「まんさくの花」を代表する商品が「吟丸」です。

「吟丸」に使用されているお米は吟の精。

秋田県を代表する酒造好適米の1つです。

秋田県では元々、美山錦が酒米奨励品種でした。

しかし、当時は吟醸酒にはあまり適さないということで、秋田県オリジナルの吟醸酒に適した酒造好適米の開発を望む声が高まりました。

こうして平成2年にお父さん「秋系53」とお母さん「合川1号」を交配して誕生したのが「秋田酒50号」です。

「秋田酒50号」は平成4年に秋田県の酒米奨励品種に採用。

そして、平成5年に「吟の精」の名前で品種登録されました。

吟の精は美山錦より大粒。

粗蛋白はやや多め。

心白は少なく、形状は点状で小さめ。

精米特性は美山錦よりかなり優れています。

また、浸漬時にお米が割れにくく、扱いやすいというメリットもあります。

以上が吟の精の特長です。

「吟丸」の良さはとにかく飲みやすいこと。

香りは穏やか。

スーッとキレイに入って来て、甘味とお米の旨味が広がります。

冷酒、常温、お燗、どの温度帯でもこのお酒の良さは感じて頂けますので、飲食店様の定番メニューには特にオススメです。

「まんさくの花」の看板商品の1つ「吟丸」

長く愛されているのには理由があります!

是非飲んで頂きたいお酒です。


商品スペック
容量1800ml
製造元日の丸醸造(秋田県)
特定名称純米吟醸
生/火入れ火入れ酒(加熱処理有り)
保存静かな冷暗所
メーカーサイトhttp://hinomaru-sake.com/
■甘辛:やや辛口 ■原料米:秋田県産酒造好適米 ■精米歩合:55% ■アルコール度数:16〜17度 ■日本酒度:+3.0 ■酸度:1.4