地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

TOP > 日本酒 > 山吹極(やまぶき) 朝日川酒造 > 山吹極(やまぶき) 朝日川酒造 蔵元紹介

蔵元紹介

酒が飲み手を選ぶ酒、違いのわかる酒通向けに造られた「上級者向け食中酒」 山吹極 朝日川酒造

酒が飲み手を選ぶ酒、違いのわかる酒通向けに造られた「上級者向け食中酒」 山吹極 朝日川酒造

topics

全国新酒鑑評会

●「平成28酒造年度全国新酒鑑評会」で金賞受賞!

2017年5月、「平成28酒造年度全国新酒鑑評会」にて、「朝日川」が金賞を受賞致しました。

 

a sake brewery

上級者をターゲットにした酒

山吹極 蔵の外観

朝日川酒造は嘉永元年(1848)年に創業した、150年以上の歴史を持つ古い蔵元です。

生もと造りの熟成酒に強い蔵で、ある時、蔵元が秘蔵していた原酒を、

「手を加えずそのまま商品化することが出来ないものか?」

と考えました。

そこで、万人受けを狙わず、どっしりとした純米酒が好きな方(上級者)にターゲティングした酒、「山吹極(やまぶき)」を2001年に新ブランドとして立ち上げました。

酒が飲み手を選ぶ

山吹極 蔵元

「山吹極」は「やまぶき」と発音します。

「山吹」は、このお酒に付いている無濾過の酒ならではの山吹色を表現。「極」は、蔵元の名称「浅黄」の「黄」を極めるという意味の「極」に変えてお酒の名前に一文字加えました。

綺麗型のお酒とは対照的な「ごく味のある純米酒」が山吹極コンセプトです。

長期熟成酒へのこだわり

山吹極 蔵人一同

朝日川酒造は長期熟成酒に強い蔵でもあり、この蔵に残る最も古い古酒は「大正7年(1918年)」に造られた酒が存在します。

この他にも、蔵の倉庫には写真のように「ほこりが積もった」まま眠っている長期熟成酒が沢山保管されています。

「山吹極」は2年から3年間、生もと造りの純米酒の原酒を熟成させて瓶詰めされています。

華やかで飲みやすい吟醸酒は多くの方に好まれますが、「山吹極」は万人に良い顔をする酒ではなく、違いのわかる方のみが支持をする「酒が飲み手を選ぶ酒」です。

地酒.COMは蔵元との太いパイプにより、
商品の安定供給を受けています。

販売はインターネットを代表する佐野屋が蔵元に代わって責任を持って行わせて頂きます。

蔵元との太いパイプにより、商品の安定供給を受けており、今やネット通販の代理店的な存在となっています。
インターネットで山吹極(やまぶき)をお求めの際は、是非とも地酒.COM、佐野屋をご利用下さい。

酒が飲み手を選ぶ酒、違いのわかる酒通向けに造られた「上級者向け食中酒」 山吹極 朝日川酒造

TOP