地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

会員登録で300ポイントプレゼント中


未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

@sanoya_sake

TOP > 日本酒 > 鶴齢(かくれい) 青木酒造

これぞ魚沼品質。コシヒカリを育む、魚沼が生んだ銘酒「鶴齢」

丁寧に淡麗旨口。コシヒカリを育む魚沼が生んだ銘酒

●コシヒカリのふるさと、南魚沼の注目蔵「鶴齢」

群馬県との県境を有する新潟県南部の南魚沼市は、日本一のコシヒカリの産地として知られる「コシヒカリの聖地」です。

しかし、この地は真冬になるとメートル級の積雪量を毎年記録する、日本有数の豪雪地帯としても知られており、町や建物には、雪国の人々知恵や工夫が随所に見受けられます。

また、2009年の大河ドラマ「天地人」の主人公、直江兼続と上杉景勝はここ南魚沼の出身であり、居城の坂戸城跡や幼少期を過ごした雲洞庵(うんとうあん)が現存しており、歴史の1ページに触れることも出来ます。

そして、新潟県は全国屈指の酒どころであり、成人1人あたりの日本酒消費量が日本一。

スッキリした飲みやすい新潟のお酒は、淡麗辛口の代表格として表現されますが、その新潟のお酒の常識にあてはまらない、淡麗でありながら米の旨味を引き出した酒造りを得意とする酒蔵が表れました。

その酒の名は「鶴齢」。

コシヒカリで知られる南魚沼市塩沢に蔵を構える、青木酒造が造る注目銘柄です。

TOPICS第11回雄町サミットにて優等賞受賞!

雄町サミット2019 鶴齢

岡山県発祥の酒米「雄町」で醸した日本酒のみが全国から集結する国内最大のイベント「雄町サミット」が2019年7月30日(火)に東京・飯田橋のホテルグランドパレスにて開催。今年で11回目の当コンクールには全国より215点が出品されました。

その結果、純米酒の部において「鶴齢 特別純米 瀬戸産雄町55%」が優等賞に選ばれました。

 

 

kuramaster2019 鶴齢

TOPICS「KURA MASTER 2019」にて金賞受賞!

「KURA MASTER」とはフランスで2017年から開催された日本酒のコンクール(品評会)です。

審査員は全員フランス人で、ソムリエ、アルコール飲料のスペシャリスト、レストランやカーブの経営者、シェフ、料理学校など、飲食業界で活躍中のプロフェッショナルなど。全ての出品酒はブラインドティスティングにより審査されます。

2019年度は過去最多の271蔵より720銘柄が出品。その中から純米酒部門において 「鶴齢 純米吟醸」が金賞を受賞しました。

 


おすすめ商品 Recommended

おすすめ商品をもっとみる

51 件中 1-32 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ










51 件中 1-32 件表示  1 2 次のページへ最後のページへ