地酒クイック検索
Search

円 〜 円 まで

未成年者への酒類の販売はいたしておりません


ショップコンテンツ
Payment & Shipping

佐野屋のSNS
Social Networking Service

  • SANOYA instagram

TOP > 日本酒 > 獺祭(だっさい) 旭酒造

 【DX箱入】獺祭 純米大吟醸 遠心分離 磨き二割三分 720ml

カラーバリエーション

カラーバリエーション
カラーバリエーション
拡大 Prev Next

商品スペック
容量:720ml
製造元:旭酒造(山口県)
特定名称:純米大吟醸
生/火入れ:火入れ酒(加熱処理有り)
保存:静かな冷暗所
メーカーサイト:http://www.asahishuzo.ne.jp/
■甘辛:フルーティー ■原料米:山田錦 ■精米歩合:23% ■アルコール度数:15〜16度 ■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開

  • 冬場なら常温可能
  • クール推奨
  • 常 温 便
  • クール希望
包装料金 無料

遠心分離機を用いて搾った、獺祭の香り高い特別品。【DX箱入】獺祭 純米大吟醸 遠心分離 磨き二割三分 720ml

space png

商品番号 SakeD3014-4-720

販売価格7,500円(消費税込:8,100円)

年齢確認
数量
入荷お知らせメール
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
 【DX箱入】獺祭 純米大吟醸 遠心分離 磨き二割三分 720ml

予約商品のご注意

●予約商品は入荷日が変更になることがございますので、お届け日を指定されてもお約束できません。ご了承ください。

予約商品と即納可能な商品を御一緒に注文された場合のご注意

●全ての商品が入荷し、揃ってから御一緒にお届けさせて頂きます。
●「即納商品だけを先に個別で届けて欲しい」という場合は、御手数ですがその旨を御連絡下さい。注文分割させていただきます。
●注文分割となりますと、送料は(クール便商品の場合はクール代も)個別に発生致します。
●注文分割の結果2500円(税込)以下の商品代金となる場合は、別途250円の通販手数料が加算されますので、ご了承ください。

SAKE COMPETITION 2018 サケコンペティション

《「SAKE COMPETITION 2018」にて純米大吟醸部門銀賞受賞!》

今年は、昨年と同様「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「吟醸部門(大吟醸含む)」「Super Premium部門」「スパークリング部門」「ラベルデザイン部門」の7カテゴリーに加え、昨年まで招待審査で行われていた「海外出品酒部門」を正式部門として新設した全8部門で審査が行われました。
その中から純米大吟醸部門にて、「獺祭 純米大吟醸 遠心分離 磨き二割三分」が銀賞を受賞しました。


《「KURA MASTER」にてプラチナ賞と金賞受賞!》

KURA MASTER 受賞酒

「KURA MASTER」とはフランスで2017年から始まった日本酒のコンクール(品評会)です。

審査員は全員フランス人で、ソムリエ、アルコール飲料のスペシャリスト、レストランやカーブの経営者、シェフ、料理学校など、飲食業界で活躍中のプロフェッショナルなど。 全ての出品酒はブラインドティスティングにより審査され、純米大吟醸酒&純米吟醸部門、純米酒部門、にごり酒部門(デザートに合う)の3つの部門で評価されます。

2018年5月28日、二年目となる「KURA MASTER」の審査会が実施。

その結果、純米大吟醸&純米吟醸部門において「獺祭 純米大吟醸 遠心分離 磨き二割三分」が金賞に選ばれました。

また、同部門において「獺祭 磨きその先へ」がプラチナ賞を受賞しました。

 


この商品は、獺祭の最高峰である「磨き二割三分」の遠心分離バージョンで、限定品を除く通年商品の中で最高額が付けられている特別品です。

通常搾りバージョンの「磨き二割三分」でも十分洗練されたお酒ですが、こちらは遠心分離機を用いたことで、「香りの質感」に違いがあります。

遠心分離機はその名の通り、遠心力を利用して液体(清酒)と個体(粕)に分離する為、従来の槽(ふね)で使う酒袋等の布類や、パッキン等のゴム類を使用しません。そのため、これらに由来する匂いがお酒に移る可能性は0%。また、もろみに圧力を掛けずに搾る為、「滴取り」や「袋吊り」と同等の、無加圧に近い酒質を得ることが出来ます。

「獺祭」の磨き二割三分を出品酒のように滴取りでしぼったら・・・恐らくこのお酒に近い物になるでしょう。

いや、酒袋を使用していませんので、それ以上のお酒と言っても過言ではないでしょう。

この価格に見合うだけの実力、そして満足感が得られることと思います。

まさに至高の一品と言える、日本酒の頂点を極めた逸品です。