ワイン・日本酒の専門通販 | 佐野屋 - HappyWine.com -

 メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ・白) 750ml

復活地葡萄を異なる手法で赤・白・オレンジワインを醸造! メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ・白) 750ml

メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ)
メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ)
メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ)
メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ)
メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ)
メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ)
メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ)
商品番号 wigr0002f00
販売価格 ¥ 2,860 税込

※注意事項

商品写真は外観が似た代用品を用いる場合がございます。シールの有無、肩掛けの文言などから、スペック等を判断されないようお願い致します。スペック等は商品説明でご確認下さい。

  • NEW




  • 常 温 便
  • クール希望
ギフトラッピング

商品説明

メシムネオス ドライ・オレンジ(オレンジ・白)

あなたの知らない品種に出会おう!

あなたの知らない、どころか、店主まーちゃんだって知らなかった品種「チディリオティコ」のワインが登場です。


ギリシャと言えば青い海に白い家、点在する島々、オリンピック発祥の地、長い歴史。

温暖な地中海性気候は葡萄栽培にも向き、ワイン造りの歴史も大変長い国です。

20世紀初頭にはフィロキセラ害を被ったものの、1970年代から徐々にワイン産業が近代化。

現在は新世代生産者が土着品種の魅力を発信し、国際的に高い評価を得るワインも出てきている注目産地の一つです。

このワインの産地レスヴォス島は、トルコ沿岸に位置しギリシャで3番目に大きな島。

生産者自らが、この地でフィロキセラを生き延びた地葡萄を探し栽培を復活させたのがこの葡萄品種「チディリオティコ」。

珍しすぎてソムリエ協会教本にも載っていないほどの希少品種。


今回ご紹介しようと思ったのは、その希少性はもちろんのこと、赤白オレンジ(※)3つのワインが一つの品種から味わえるという楽しさもあるから。

チディリオティコは、写真でご覧頂けるように薄い赤系の色調の葡萄で、グリ(=グレー)と呼ばれる葡萄に近い感じ。

赤、白、ロゼ、オレンジ、全て造れる葡萄です。

どれもが珍しい赤、白、オレンジの中でもイチオシがこちら。

年産はわずか2858本!赤、白、オレンジの中で最小生産数です。


サーモンピンクのきれいな色合い。

黄桃やオレンジマーマレードを思わせるような甘い香りの中に、かすかにトマトのような香りも。

香りの甘さから想像するより味わいは辛口で、適度な酸もあり引き締まっています。

滑らかな舌触りで、レモンピールや軽くシェリーのようなフレイヴァーと、出汁を思わせる独特の旨味が感じられます。

レスヴォス島の火山性土壌に由来するアーシーなニュアンスも漂います。

また時間の経過とともに、アフターにアイスワインのようなフレイバーも出てきます。

弊社での試飲では、ソムリエ金巻は低い温度がすっきり美味しいと感じ、店主まーちゃんは少し高めのまろやかな感じが好き。

温度でも印象が変わりますので、お好みゾーンを見つけて下さいね。


試飲会でお会いした醸造家のヤニスさんには熱心にワインの説明をして頂きました。

来日して食事したレストランで出されたウニのムースとの相性が素晴らしかったとのこと。

「日本料理にきっと合うと思います」との言葉どおり、醤油や出汁の旨味に共鳴しそうな味わいです。

おでんや野菜の炊き合わせなど、家庭の和食にも是非合わせてみて下さいね。

「東京オリンピックの年に、オリンピック発祥の地ギリシャのワインに親しんでください」とのことでした。


ギリシャでは「ボトルの残りワインを飲むとお金持ちと結婚できる」と言うそうです。

「残り物には福がある」みたいな感じでしょうか?

ギリシャワインは、ボトル最後の1杯を必ず飲みましょう!


(※)ちなみにラベル表記は「ORANGE DRY WHITE WINE」。

オレンジワインであり白ワインであり、、というところなのでしょうか?

オレンジワインとは


(文章:佐野 雅子)


佐野屋はネット一筋20年 家飲みしよう


商品スペック
タイプオレンジ
ヴィンテージ2016
容量750ml
保存静かな冷暗所
生産国ギリシャ
生産地レスヴォス島
生産者メシムネオス
■味わい:辛口 ■ぶどう品種:チディリオティコ ■格付け:P.G.I.レスヴォス ■アルコール度数:13%