酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

佐野屋のお届けはヤマト運輸に完全一本化

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

蔵元紹介

京都 伏見の老舗蔵 澤屋まつもと 松本酒造

京都 伏見の老舗蔵 澤屋まつもと 松本酒造

topics

●「日経おとなのOFF」にて「2015年 旨い日本酒ベスト30」に選ばれました!

日経おとなのOFF 澤屋まつもと 純米酒 守破離(しゅはり)

「日経おとなのOFF 2015年3月号」にて"2015年 旨い日本酒ベスト30"に 澤屋まつもと 純米酒 守破離(しゅはり)が選ばれました。

日本酒評論のトップ4である、ジョン・ゴントナーさん、葉石かおりさん、山同敦子さん、松崎晴雄さんの日本酒界を代表する目利きの4名がセレクト。

 

 

a sake brewery

近代化産業遺産に認定された酒蔵

澤屋まつもと 松本酒造 もろみの確認

京都伏見の高瀬川の岸辺に一際目を引く壮観な建物があります。「澤屋まつもと」醸造元の松本酒造です。

寛政3年(1791年)、京都市東山区で創業、大正11年(1922年)に現在の高瀬川の西岸に増設した現在の本社酒蔵は、「伏見の日本酒醸造関連遺産」として2007年(平成19年)に経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。

また、酒造場とその前景の菜の花畑は「必殺仕事人」など時代劇のロケ地としてしばしば使われていましたので、この建物を御存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

澤屋まつもとの次代を担う新進気鋭

澤屋まつもと 松本酒造

現在、松本酒造の中心となって蔵を牽引しているのは蔵元、保博(やすひろ)さんの御子息、兄の圭輔(けいすけ)さんと、弟で杜氏の日出彦(ひでひこ)さん。

日出彦さんは高校を卒業後、醸造学とは全く無縁の大学に進学。

蔵元で父でもある保博さんからは「自分の好きなことをやれば良い。」と言われていたこともあり、大好きな音楽の道に進もうと決意。DJのオーディションを受けることになりました。

しかし、この頃から「本当にこれで良いのか?」という葛藤があったそうで、結果は落選。

実家に戻って酒造りがしたいという思いで大学を卒業後、東京農業大学短期大学部醸造学科に入学。

この2年間は自ら率先して勉学に励んだ有意義な期間だったとのことで、勉学の傍ら、関心のあるお酒を酒販店で購入しては飲むということを繰り返していたそうです。

そして、就職活動。

と言っても求人誌等に掲載されている訳でも無く、裏ラベルに記載されている連絡先を頼りに、片っ端から連絡を取ったそうです。そして、唯一会って貰えることになったのが、後の修行先である愛知県名古屋市で「醸し人九平次」を造る「萬乗醸造」です。

「萬乗醸造」で3年間の修行を終えた後、2008年に蔵に戻って2年間の見習い期間を終えた後、2010年から「松本酒造」の杜氏としてのスタートを切り、現在に至ります。


松本日出彦さんのDJプレイ動画を発見。

「守破離(しゅはり)」の精神

澤屋まつもと 松本酒造

現在の「澤屋まつもと」の看板商品である「守破離」という名前は武道や茶道の精神の言葉から来ています。

「守」は古くからの伝統を守るということで、良質な水と原料米が手に入る環境において、良質な麹の見極め方が代々受け継がれています。

「破」は「守」を破るということで、「守」である伝統を大事にしつつも、これまでの「松本酒造」には無かった感性や精神を取り入れていく。

「離」は「守」と「破」を重んじながら、新たな価値観を創造していくということ。

「守破離」とは一つのサイクルで、現在の「澤屋まつもと」においての根幹にあたる精神ですが、いずれはこれが伝統となり、後には新たに破り離れていく者が現れるというように、後世に受け継がれていくものであると日出彦さんは考えています。

松本日出彦の酒造り

澤屋まつもと 松本酒造

日出彦さんの酒造りに対する考え方の一つに、20世紀のモダニズム建築を代表するドイツ出身の建築家、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエの言葉である「Less is more.」があります。

「より少ないことは、より豊かなこと」という意味であり、日出彦さんはこの言葉に共感を覚えたようです。

酒造りについて、大切なのはプロセスだけでは無い。「どのような旨味の構成を築くのか」そこが一番重要なポイント。

目標の味わいを強烈にイメージし、そのイメージに近付けるにはどのような過程を踏めば良いのか。真実は枝葉では無く根っこにある。

              

これが日本酒における「Less is more.」の考えであると日出彦さんは解釈する。

              

やがて、この精神が「澤屋まつもと」の新たな伝統となり、受け継がれていくことになるのでしょう。

              

京都伏見の老舗蔵「松本酒造」の今後の更なる飛躍を佐野屋も応援していきたいと思います。

●店主が「澤屋まつもと」を推す理由

澤屋まつもと 松本酒造

佐野屋が「澤屋まつもと」の取り扱いを開始したのは2000年の9月です。

松本酒造の主力銘柄は「澤屋まつもと」が登場する以前は「日出盛(ひのでざかり)」と「桃の滴」の2つでした。

9代目蔵元、松本保博(やすひろ)さんの弟である庄平さんが京都から離れた横浜で立ち上げた新ブランドが「澤屋まつもと」です。

兄が既存の蔵の伝統を守り、弟がその伝統を破り新たな世界を切り開く。

当時から蔵元兄弟が力を合わせ「守破離」と同じ事が行われていた訳ですが、次世代も同様に兄弟が蔵の仕事に携わります。

そして叔父にあたる松本庄平さんが立ち上げた「澤屋まつもと」の守らなくてはいけない部分は守り、そこに外の蔵で学んできた精神や感性を加えることで今までの伝統を破る。そして従来から離れ新たな「澤屋まつもと」を創る。
次世代の蔵元兄弟による「守破離」の酒造りが行われています。

「次世代が蔵を変える」という現象は、日本酒の世界ではよく見られる事で、今ではそれが特殊であるとは言えません。

「次世代が蔵を変える」ということは必ずしも上手く行くとは限らず、苦戦を続けるうちに目新しさも無くなる…。という場面を何度か目にして来ました。

そんな不安要素も多い次世代蔵元が存在する中、私が「澤屋まつもと」に注目した点は、次世代を継ぐ蔵元兄弟の独特の存在感です。

弟の日出彦さんが杜氏になって以降2回蔵を訪問していますが、第一印象で強く感じたことは日出彦さんのストイックさ。

実際に造りの現場にいると分かるのですが、ピリピリとした緊張感とでも言うのでしょうか、話し掛けるのはもちろんカメラも向けにくい。

30代にて既に職人の頭を思わせるその姿は、蔵元の跡取りというよりかは、かつての杜氏集団を思わせる職人の雰囲気を漂わせています。

愛知県の有名な酒蔵で修行をしたというキャリアもさることながら、将来はカリスマ杜氏となるのではないかというストイックさにも魅力を感じました。

それに対し兄の圭輔さんは、全く対照的で何か無理な頼み事をお願いしやすい存在。
消費者の前に立って蔵をPRするのに向いている人柄ではないでしょうか。

この異なるキャラクターによる澤屋まつもとは、多く存在する次世代蔵元の中でも特に注目すべき新進気鋭。

日本酒ファンの皆様に注目して頂きたい蔵元です。

佐野吾郎

 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 佐野吾郎 松本保博

地酒.COMは蔵元との太いパイプにより、
商品の安定供給を受けています。

写真右の方が松本酒造(まつもとしゅぞう)の蔵元・松本保博代表、左はJIZAKE.COMの佐野吾郎です。

澤屋まつもとの販売はインターネット通販を代表する佐野屋が蔵元に代わって責任を持って行わせて頂きます。 蔵元との太いパイプにより、商品の安定供給を受けており、今やネット通販の代理店的な存在となっています。インターネットで澤屋まつもと(さわやまつもと)をお求めの際は、是非とも地酒.COM、佐野屋をご利用下さい。

「澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう」写真集

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう 澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

澤屋まつもと 松本酒造 さわやまつもと まつもとしゅぞう

取材歓迎!メディアの皆様、取材は喜んで協力いたします。

各種メディアの取材には喜んでご協力させていただきます。

取材のご依頼は「お問い合せフォーム」から。

またはフリーダイヤル(0120ー464−135)から。

地酒.COM 佐野屋は話題性のある酒蔵の情報をご提供いたします。メディアの皆様の取材にご協力させていただきます。

2015年 11月

●雑誌「Pen 2015年11月15日号」にて特集されました!

pen おいしい日本酒

カルチャー・ライフスタイル誌「Pen」2015年11月15日号にて、「今年の3つ星はどれだ!? おいしい日本酒。美味さの秘密を求め、3つ星の蔵元へ。」という特集で 松本酒造 澤屋まつもと 守破離が特集されました。

 
 

2015年 7月

●「第7回 雄町サミット」にて優等賞受賞!

雄町サミット

平成27年7月30日に「ホテル椿山荘東京」で開催されました。 「第7回雄町サミット」歓評会にて、全国から岡山県産「雄町」を使用したお酒が、 166点出品される中、専門家たちの審査により、吟醸酒の部(純米吟醸を含む)で 「澤屋まつもと 純米吟醸 雄町」が優等賞受賞酒に選ばれました。

 

澤屋まつもと(さわやまつもと)松本酒造 酒蔵写真集

澤屋まつもと 商品一覧へ

TOP