酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ラスト1本 ラスイチ 日本酒

リキュール 梅酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
京都から東京までは東海道新幹線。
東京から福島までは東北新幹線。
福島で列車の切り離し作業が行われ、山形新幹線となり、最初の停車駅、米沢に向かいます。
今回の訪問先は「東光」「洌」を醸す、「小嶋総本店」です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
米沢駅の改札を出ると販売部販売課課長の岩崎さんがお迎えに来て下さっていました。
岩崎さんの丁寧なお出迎え、深々としたお辞儀にはとても驚きました。
出迎えて頂いているこちらが緊張してしまいました(笑)


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
蔵へ向かう前に田んぼを案内して頂きました。
このお米は山形県の酒造好適米、出羽燦々です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらの田んぼを管理されている寒河江(さがえ)さんです。
お米作りに対する想いを伺いました。
また、寒河江さんは酒造りにも携わっていらっしゃいます。
ご自身で育てたお米がお酒になる喜びを語って下さいました。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
蔵の駐車場から壁伝いに歩きます。
東日本大震災の影響で外壁が一部損壊したそうですが、修復されていました。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
到着しました。
こちらが小嶋総本店です。
では、早速中へ入ります。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
中に入るとまず目に飛び込んで来たのがこのお酒。
漫画好きな方ならすぐにお気付きになったのではないでしょうか?
「北斗の拳」でお馴染み、原哲夫先生の漫画、「花の慶次」の主人公、前田慶次が描かれた、「東光 花の慶次 純米吟醸」です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
受賞の数々をご覧下さい。
国内外の様々なコンテストで金賞を受賞されています。
「東光」は山形県を、いや日本を代表するお酒の1つだと言っても過言では無い銘柄です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらが蔵元の小嶋健市郎さんです。
取材当時はまだ専務さんでしたが、このページが完成した際にはちょうど代替わりされていました。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらは精米機です。
「小嶋総本店」では、全てのお米を自社精米されています。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらが仕込み部屋です。
仕込みタンクがズラリと並んでいます。

小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
奥に進んで参りますと、ご覧のように大きなタンクも並んでいました。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらは蒸留機です。
吟醸梅酒に使用されている粕取り焼酎はこの蒸留器で造られています。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらは出麹室です。
麹室から出した麹は温度を下げて繁殖を止めます。
出来上がった麹に湿気は禁物。
そのため、麹室から出した麹を湿気から守る為に出麹室で乾燥させます。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
さあ、取材2日目の朝です。
お米を蒸す機械、甑(こしき)からモクモクと水蒸気が上がっています。
甑から上がる煙は蔵の朝の仕事の象徴です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらが小嶋総本店の名杜氏、伊藤勝義さん。
撮影で緊張されたのか、固い表情をされていますが、お話ししてみるととても温和な方です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
蒸し上がったお米を手際良く放冷機へ送っていきます。
これがなかなかの重労働なんです!


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
放冷機から出て来た蒸し米を麹室(こうじむろ)へ運んで行きます。
伊藤杜氏が自ら運んでいらっしゃいました。
木製のコンテナを使用されていることに気付かれましたでしょうか?
これは、熱い蒸し米が外気に晒されることで出来る結露により蒸し米の水分量が変わらないようにする為の工夫です。
木製にすることで余分な水分は木が吸ってくれます。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
どんどん蒸し米が送られています。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
麹室に運ばれた蒸し米を布の上に積み上げ、布で覆います。
温度と湿度を徹底管理されているこちらの麹室でまずは蒸し米の温度を均一にします。
これが引き込みの作業です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
麹室にて麹の状態をチェックしている伊藤杜氏。
肉眼でもお米の1粒1粒に麹菌が繁殖し、白くなっているのが確認出来ます。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらは長期熟成酒低温貯蔵庫です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
長期熟成酒低温貯蔵庫には年代物の貴重な熟成酒がいっぱい。
毎年出品酒の一部をこちらで貯蔵されています。
私の生まれ年のお酒もありました。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
こちらは蔵の向かいにある迎賓試飲館です。
とても立派な建物です。
中に入ってみると。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
ご覧下さい!
この美しいスペース、数々のディスプレイを!
こちらで試飲させて頂きました。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
さあ、今から懇親会です。
この日の為に小嶋さんが素晴らしいお店をセッティングして下さっていました。
馬場乃町はやしさん。
店主の大竹林太郎さんは日本料理の名店、分とく山のご出身なんです!
野崎洋光さんの下で修行された後、六本木店の店長を経験された後、地元山形県米沢市で独立されました。
まあ、今思い出してもお店の雰囲気、数々のお料理はスゴいの一言!
米沢に行ったら必ず伺いたい名店です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
さて、まずは小嶋さんと乾杯!
乾杯のお酒は「洌の純米大吟醸」です。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
馬場乃町はやしさんでは地元米沢を中心に、山形県の食材をふんだんに使ったお料理が楽しめます。
東光は優しい甘味でお料理に寄り添ってくれる素晴らしいお酒!
大竹さんのお料理を見事に引き立ててくれていました。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
お料理の味はもちろんのこと、とにかく盛り付けが美しい!
食べるのが勿体無いとはこのことではないでしょうか。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列)
シメの秋刀魚!
脂の乗った秋刀魚が香ばしく焼き上げられてあり、秋刀魚の旨味を吸ったご飯と合わさるとシメなのにお酒が進む進む!
素晴らしいお料理の数々にテンションは上がりっぱなし!
小嶋さん、大竹さん、ありがとうございました。


小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列) 酒蔵写真集 観光篇へ

小嶋総本店(こじまそうほんてん) 東光(とうこう) 洌(れつ 列) 商品一覧へ

TOP