酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

佐野屋のお届けはヤマト運輸に完全一本化

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造  蔵の外観
JR有田駅から、車で移動すること約15分。
伊万里市の主幹道路である国道202号線沿いに、古伊万里酒造の酒蔵が居を構えている。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 前田悟 佐野吾郎 甑
早速酒蔵の見学をさせていただいた。
この木桶は仕込用のものに見えるが、実は「蒸し」で使用している現役の甑(こしき)。
鋳物や金属性が多い中、木製はたいへん珍しい。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 前田くみ子 佐野吾郎 麹室
古伊万里酒造では2月上旬に皆造を迎えたので、今回訪問した時は仕込み作業は全て終わっていた。
麹室も清掃と片付けが終わっており、整然とした室内で説明を聞く店主。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 前田くみ子 前田悟 佐野吾郎 貯蔵室
仕込みタンクが並ぶ貯蔵室にて。
タンク番号の他にチョークで書かれた数字の意味が気になり、説明を聞くワンシーン。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 前田悟 佐野吾郎
もろみタンクの1本を見せていただく。
発酵中のもろみ特有の甘い香りを確かめようと、手で仰いで吟醸香をチェック。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 前田くみ子 佐野吾郎 もろみ
こちらは発酵が終盤に差し掛かったもろみタンク。
泡も落ち、香りの量も適度に落ち着き、いいもろみに仕上がっているように思えた。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 麹 種付け 忽那信太郎
これが「古伊万里 前(さき)」シリーズの人気商品、「垂直落下式」シリーズをしぼる秘密兵器。
酒袋に入ったもろみから、自然落下した滴だけを集めたお酒とのことで、そこだけ聞けば
従来の「滴取り」と同じようだが、一般の袋吊りとははるか違う大掛かりな設備が目を引く。
ここからどのようなお酒が生まれてくるのか。蔵出しされる日を楽しみに待ちたい。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 酒母 佐野吾郎
古伊万里酒造にはヤブタがなく、全て昔ながらの木槽でお酒はしぼられる。
木槽でしぼったお酒は、やはり出来るものが違う、と語る悟さん。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造
蔵にお邪魔した時は、ちょうど槽場での作業の途中だった。
忙しい中、撮影させていただいたワンシーン。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造
休憩時間になったので、恒例のスタッフ集合写真もお願いしました。

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 ノマンネ NOMANNE
蔵見学を終えて販売所にて、有田焼のカップに入ったカップ酒を手にする店主。
「NOMANNE(ノマンネ)」と名付けられたこの商品、お土産や贈り物でヒットを記録しており、
今後は香港など海外展開も視野に入れている看板商品の1つ。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 金賞 全米日本酒歓評会
古伊万里酒造は海外の品評会でも数々の受賞歴があり、その実力は折り紙付き。
全米日本酒歓評会で金賞(ゴールドアワード)受賞の賞状を手に記念撮影。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 鍋島藩窯公園
酒蔵周辺の観光地として、多くの伊万里焼きの窯元が並ぶ「鍋島藩窯公園」に案内してもらった。
伊万里焼の中でも特に芸術性が高い「鍋島」と呼ばれるものはここで製作され、将軍家や大名への献上品に用いられた。
当時「鍋島」の製作は秘法とされており、周囲を切り立った山々に囲まれたこの地には藩の関所が設けられ、
藩の最高機密として厳しい管理下のもと製作されていた。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 鍋島藩窯公園 佐野吾郎
赤レンガで組まれた四角い煙突が、当たり前のように立ち並ぶ光景も伊万里ならでは。
その中でも特に大きいものがこちらの窯元。
その高さと歴史の重みに足を止める店主吾郎。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 伊万里焼
窯元の1つにお邪魔させていただき、ギャラリー内で撮影した1枚。
透き通るような白さの上に、趣向を凝らした美しい装飾が施された数々の磁器が、訪れる人の目を楽しませる。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 鍋島藩窯公園 伊万里焼
今回訪問したのは2月なので、梅の花などの初春らしいデザインの磁器が目立った。
写真のティーカップ1つ取っても、細かい装飾が施されているのがおわかりいただけるだろうか。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 佐野吾郎 鍋島藩窯公園 伊万里焼の橋
鍋島藩窯公園を訪れると必ず目にするのが、この伊万里焼の橋。
欄干には色鍋島の壺が立ち、周囲は伊万里焼がびっしり敷き詰められている。
思わず目を止める店主吾郎。


古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 前田悟 佐野吾郎  伊万里牛 ステーキ つじ川
一通りの取材を終えて、蔵元がセッティングしてくれた懇親会へ場所を移動。
今回は伊万里牛のコースをセッティングしていただいた。

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 伊万里牛 ステーキ つじ川
前菜、サラダ、牛テールスープが出た後、シェフが目の前で調理を行い、できたてをお皿に盛りつける。
ここ「ステーキハウス つじ川」は、蔵元によると予約なしでは席が取れないお店とのこと。
元テニスプレイヤーの松岡修造さんもここを訪れたことがあり、記念の写真が飾られていた。

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 伊万里牛 ステーキ つじ川
フランベの瞬間を激写!

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里酒造 久留米 佐野吾郎
ミディアムレアに焼き上がったステーキは、ジューシーでやや甘味を感じさせる肉の旨味もさることながら、
すごく柔らかい肉質で、食べた人をさすがと唸らせる逸品。
そして意外にも、味がしっかりしている「前(さき)」の生原酒とも好相性!
伊万里牛の魅力と、古伊万里のお酒の魅力を心行くまで堪能させていただきました。

古伊万里 前(こいまり さき) 商品一覧へ

TOP