酒蔵写真集

佐野屋は全取引先を自ら訪問し、強い信頼関係を築いています。

商品検索

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DC
  • UFJ
  • NICOS
  • DINERS

おちょこ女子 「オンナの日本酒」女性おすすめ日本酒

飲食店様におすすめの日本酒

ギフト向け化粧箱 ラッピング承ります

佐野屋のお届けはヤマト運輸に完全一本化

日本酒 賞味期限

日本酒に表記されている製造年月につきましてご一読ください(秋田県酒造組合HPより)

女性シニアワインアドバイザーがお届け Happy Wine

新規取扱蔵元募集

日本酒 クール便

蔵元紹介

古伊万里 前(こいまり さき)

古伊万里 前(こいまり さき)  商品一覧へ

topics

●「福岡国税局 平成28年酒類鑑評会」で大賞受賞!

古伊万里 前(さき) 純米大吟醸

2016年9月、福岡国税局で行われた「平成28年酒類鑑評会」吟醸酒の部にて、 「古伊万里 前(さき) 純米大吟醸」が大賞を受賞致しました。 「古伊万里 前(さき) 大吟醸」も金賞を受賞し、 純米酒の部では「古伊万里 前(さき) 全量山田錦 純米酒 火入れ」が金賞を受賞致しました。

 

●《全米日本酒歓評会 2016 金賞受賞》

全米日本酒歓評会2016 受賞酒

2016年7月19日・20日、ホノルルにあるハワイ・コンベンション・センターにて 「US National Sake Appraisal 全米日本酒歓評会2016」の審査が行われ、 2日間で約350銘柄の出品酒が「香り、味、バランス、総合評価」の4つのカテゴリーで審査され、 吟醸部門にて「古伊万里 前 純米吟醸」が、純米部門にて「古伊万里 前 純米酒」が金賞を受賞しました。
また、大吟醸A(精米歩合40%以下)部門にて「古伊万里 前 純米大吟醸」が銀賞を受賞しました。

 

●古伊万里酒造 オフィシャル映像が公開されました。

 

a sake brewery

●焼き物の里、伊万里で出会った美酒

古伊万里 前 こいまり さき 古伊万里酒造

佐賀県の伊万里市といえば、市の名前にもなっている伊万里焼がたいへん有名です。市内の至るところ、橋や交差点などでも伊万里焼が飾られている「焼き物の里」です。

現代でも高い芸術性を評価されている伊万里焼は、江戸時代初期の佐賀藩が日本で初めて製造を開始した磁器の総称で、藩の威信を賭けて製作された一部の作品は将軍家や大名への献上品として用いられ、また、長崎の出島から東インド会社を通して、ヨーロッパの王侯貴族の間にも広まり、「imari」の名で親しまれていました。

一方、食の分野では黒毛和牛が有名で、全国ブランド「佐賀牛」の中でも伊万里周辺の黒毛和牛は特に「伊万里牛」の通称で流通しています。目で楽しむ芸術「伊万里焼」と、舌で楽しむ美味「伊万里牛」が現在の伊万里の名産品となっています。

そして伊万里にはもう1つ、旨い酒「美酒」が存在していました。

伊万里焼に負けない品質を目指し、日々酒造りに精進を重ねる古伊万里酒造の造る「前(さき)」という日本酒です。

●呉服問屋から酒造業へ

古伊万里 前 こいまり さき 古伊万里酒造

古伊万里酒造有限会社は1909年(明治42年)に酒造業を開始した酒蔵で、江戸時代では伊万里の港で呉服屋を営んでいた呉服商人でした。

しかし明治末期頃になると伊万里焼の輸出が減少し、港町の活気が失われていきました。そんな折に「酒蔵をしたらどうだろうか?」という案が持ち上がり、当時売りに出されていた酒蔵を手に入れたことで、伊万里の港から郊外に移住し、酒造業をスタートしたのが古伊万里酒造の始まりです。

その後、古伊万里焼きが世界的に認められ、酒名にぜひその名前をつけたいとの願いで、「古伊万里」の酒名が誕生し、現在も主要銘柄として使用されています。

●4代目蔵元は敏腕の才女

古伊万里 前 こいまり さき 古伊万里酒造

現在の古伊万里酒造は、4代目蔵元の前田 くみ子さんと、旦那様で専務取締役の前田 悟さんが中心になって酒造りを行なう、年間400石前後を製造する酒蔵です。

くみ子さんは上智大学で経営学を学んだ才女で、大学卒業後に実家の蔵に戻り、事務職に専念します。

転機が訪れたのは2002年。知り合いの蔵元から「経営だけでなく、造りを覚えないと酒の魅力を伝えられない」という言葉がきっかけとなり一念発起。東京滝野川の酒類総合研究所で酒造りの研修を受け、日本酒の造りにも挑戦するようになりました。

酒造技術者として研鑽を磨く一方、経営者としての販売戦略面においても手腕を発揮し、地元の名産である有田焼のカップに入ったカップ酒「NOMANNE(ノマンネ)」を商品化。これが贈り物やお土産用途で人気商品となり、香港など海外への展開も視野に入れている大ヒット商品に成長しています。

(余談)蔵元の姓は代々前田姓ですが、その家系を遡ると、加賀百万石で知られる前田利家に行き当たる家柄とのことです。

●世界から愛される「伊万里焼」のような酒を目指して

古伊万里 前 こいまり さき 古伊万里酒造

そして2008年、先人から代々受け継いだ技法や風土を守りながらも、そこから「前へ進んだ新しい佐賀の酒」を目指して、地酒専門店専用ブランド「前(さき)」を立ち上げました。

「前(さき)」を担当する旦那様の悟さんは、かつて三重県「作」の完成度に強い衝撃を受け、全国に散らばる評判の高い日本酒を片っ端から飲み漁り、そこから「前(さき)」の目指す方向性を見い出します。

佐賀県は全国でも珍しい甘口の日本酒が飲まれている県で、県内で流通する日本酒度の平均値はマイナスを記録するほどの甘口県です。

「前(さき)」の特徴は、その佐賀酒らしい甘味主体の味わいを源流としながらも、現代の日本酒ファンに好まれる美しい吟醸香と芳醇な甘さがあり、さらりとした飲み口と後味の良さを持たせた酒質に設計されています。

「東京や関西で売る以上、辛口タイプの淡麗酒が好まれることはもちろん承知していますが、しかし全国市場を視野に入れた商品だからといって「化粧をしたような酒」は造りたくない。酒質の向上にはもちろん努めますが、佐賀の地酒である甘口ベースの味わいを変えずに酒質の向上に精進したい。」とのことです。

その積み重ねた努力と精進が実を結び、全米日本酒歓評会でゴールドアワードを受賞するなど、その実力は近年海外でも高く評価されています。

かつて伊万里焼が、ヨーロッパの王侯貴族の間で「imari」の名で知られ広く愛されたように、古伊万里酒造の日本酒も、伊万里焼に負けないよう世界中の方々に愛されるようにとの想いで、日々研鑽を積んでいます。

古伊万里 前 こいまり さき 古伊万里酒造

地酒.COMは蔵元との太いパイプにより、
商品の安定供給を受けています。

写真の左が株式会社クラビシュ 佐野屋酒店の佐野吾郎、中央の女性が古伊万里酒造の前田 くみ子さん、写真右の男性が前田 悟さんです。2013年2月に撮影しました。

地酒.COMは「古伊万里 前(こいまり さき)」の今後の将来性を強く感じ取り、取り扱いを決定いたしました。

蔵元との強い信頼関係により、商品を安定供給できる体勢を取っています。インターネットで古伊万里 前(こいまり さき)をお求めの際は、是非とも地酒.COM、佐野屋をご利用下さい。

古伊万里 前(こいまり さき)  商品一覧へ

「古伊万里 前(こいまり さき)」写真集

今も昔も伊万里焼は代表的な産業だが、黒毛和牛もトップブランド。
目で見る芸術と、舌で味わう芸術が並び立つ、芸術の小都市。それが現在の伊万里です。

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき)

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき)

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき)

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき)

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき)

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき)

古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき) 古伊万里 前(こいまり さき)

取材歓迎!メディアの皆様、取材は喜んで協力いたします。

各種メディアの取材には喜んでご協力させていただきます。

取材のご依頼は「お問い合せフォーム」から。

またはフリーダイヤル(0120ー464−135)から。

地酒.COM 佐野屋は話題性のある酒蔵の情報をご提供いたします。メディアの皆様の取材にご協力させていただきます。

2016年 7月

●ロンドンで開催された英国最大の日本文化イベント「ハイパージャパン」で古伊万里前が人気投票1位!

全米日本酒歓評会2016 受賞酒

イギリス・ロンドンで開催された「ハイパージャパン」。ゲーム、アニメ、コスプレ、アイドルから駄菓子や音楽や伝統工芸まで、英国最大の日本文化イベント。

イベント内で「SAKE EXPERIENCE 2016」に参加された方823名の方の投票により、「Best match with non-Japanese food」で 古伊万里 前(さき) 純米吟醸が第1位を獲得しました。

 

2016年 5月

全国新酒鑑評会

●「平成27酒造年度全国新酒鑑評会」で入賞!

2016年5月、「平成27酒造年度全国新酒鑑評会」にて、「古伊万里 前」が入賞致しました。

 

2015年 5月

●「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016」で銀メダル受賞!

佐野屋 インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016

2016年5月16日・17日・18日「インターナショナルワインチャレンジ2016」のSAKE部門の審査が兵庫県神戸市で開催され、 日本酒部門は9つのカテゴリーごとに審査員によるブラインド・テイスティングを行い、 その成績によりメダル表彰となるメダル受賞酒が決定しました。その結果、純米大吟醸の部にて 「古伊万里 前(さき) 純米大吟醸」が銀メダルを受賞致しました。

 

2015年 9月

●「福岡国税局 平成27年酒類鑑評会」にて金賞受賞!

福岡国税局 平成27年酒類鑑評会

国税局酒類鑑評会は福岡県、佐賀県、長崎県で製造された清酒及び本格焼酎の品質評価を通じて 酒造技術の進歩と管内酒類の品質向上を図り、酒類業の発達に資することを目的として、 毎年酒類鑑評会を開催されています。

品質評価にあたっては、吟醸酒の香気成分量の分析や官能検査(きき酒)など、いろいろな角度からの評価が実施されました。純米酒の部は43℃程度にお燗をした状態で、きき酒が行れました。

本年は9月、10月に全54製造場の出品酒の中から、吟醸酒の部にて、「古伊万里 前 純米酒」が金賞に選ばれました。

2015年 8月

●全米日本酒歓評会2015 トリプル金賞受賞!

2015年8月、全米日本酒歓評会の審査結果が発表され「古伊万里 前(さき) 大吟醸」「古伊万里 前(さき)純米吟醸 火入れ」「古伊万里 前(さき) 純米酒 火入れ」の3品が見事金賞に輝きました!

全米日本酒歓評会とは2001年からスタートした審査会で、日本とアメリカから選ばれた審査員がハワイのホノルルで2日間かけて審査を行います。

2015年は約350点の日本酒が出品され、「古伊万里 前(さき) 大吟醸」「古伊万里 前(さき)純米吟醸 火入れ」「古伊万里 前(さき) 純米酒 火入れ」の3品が金賞に選ばれました。

2015年 5月

全国新酒鑑評会

●平成26酒造年度全国新酒鑑評会にて
  古伊万里前が金賞受賞!

平成26酒造年度に製造された清酒を全国的に調査研究し、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、 清酒の品質及び、製造技術の向上と、国民の清酒に対する認識を高めることを目的とした全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会でもある、 全国新酒鑑評会にて、古伊万里酒造が平成26酒造年度金賞を受賞致しました。

2015年 4月

インターナショナルワインチャレンジ

●インターナショナル ワイン チャレンジ2015 銀メダル受賞!

平成27年4月20日・21日・22日「インターナショナルワインチャレンジ2015」SAKE部門の 7つのカテゴリーごとに審査員によるブラインド・テイスティングが行われ、 純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部にて古伊万里 前(さき)純米大吟醸が銀メダルを受賞しました!

2014年12月

●JAL JAPAN 2015新春 国内線ファーストクラスに古伊万里前を採用!

2015年新春 JAL JAPAN PROJECT 2015 AL国内線ファーストクラスにて、古伊万里 前 純米大吟醸が採用されました。

2014年 7月

●『全米日本酒歓評会2014』にて「古伊万里 前(さき)純米大吟醸」と「古伊万里 前(さき)純米吟醸」が金賞受賞。

古伊万里 前 こいまり さき 全米日本酒歓評会

『全米日本酒歓評会2014』にて日本と米国の10人の審査員がおよそ300点の出品酒を評価し、審査の結果、「古伊万里 前(さき)純米大吟醸」「古伊万里 前(さき)純米吟醸」が金賞受賞。「古伊万里 前(さき)大吟醸」が銀賞受賞。「古伊万里 前(さき)全量山田錦 純米酒」も銀賞受賞。当店ではその受賞酒の無濾過生原酒である「古伊万里 前(さき)全量山田錦 純米無濾過生原酒」を取り扱い中。

2013年11月

古伊万里 前 こいまり さき 全米日本酒歓評会

古伊万里前 こいまりさき 受賞

●古伊万里酒造、全米日本酒歓評会で受賞ラッシュ!

2013年に行なわれた「全米日本酒歓評会」において、「古伊万里 前 純米吟醸」が吟醸の部でグランプリ(最高賞)に輝いたのを筆頭に、3部門で受賞を果たす快挙を達成しました。

(受賞酒一覧)
●【吟醸の部】金賞ならびに最高賞
古伊万里 前 純米吟醸
●【大吟醸の部】金賞
古伊万里 前 純米大吟醸
●【純米酒の部】銀賞
古伊万里 前 純米酒

古伊万里 前(こいまり さき) 商品一覧へ

TOP